Colorful Instagram

船越のインスタ映えするおすすめスポット

船越にはたくさんのインスタ映えする場所があります。特に船越とは秋田県にある地名であり、秋田県ならではの豊かな自然や八郎潟が見えることなどでも有名です。船越で投稿したインスタグラムにも船越の自然を持ち味とした写真が多く見られます。そんな船越の中でもインスタ映えするおすすめスポットを徹底紹介していきます。

寒風山

船越地域の中には標高355mで成層火山である寒風山という山があります。この寒風山は船越のなかでも特にインスタ映えする絶景スポットとしてとても有名です。寒風山がインスタ映えする理由にはいくつかあります。まず最初に挙げられるのが、その田舎でしか見られない圧倒的な自然です。寒風山は頂上が2つに分かれていて、登山はもちろん安山岩の採集が行われています。冬には厳しい寒さはもちろん、観る者を圧倒するような緊迫感が感じられ、春になると桜の開花などに合わせてぬくもりも感じられるようになります。

【名前】寒風山
【住所】秋田県男鹿市脇本富永寒風山

 

男鹿真山伝承館

秋田県船越といって一言で思いつくのはなまはげです。顔になまはげ面をつけ藁の服を着て、家々をめぐっていくあのなまはげです。そこで紹介したいのが男鹿真山伝承館です。船越にあるこの男鹿真山伝承館は主になまはげを伝承する場所となっています。館内にはたくさんのなまはげの服が飾ってあり、観光客は試着などもできるそうです。秋田県が本場であるリアルななまはげを鑑賞できる場所としてとてもインスタ映えしています。

【名前】男鹿真山伝承館
【住所】秋田県男鹿市北浦真山水喰沢97
【電話】0185-33-3033
【営業時間】
9:30~16:30(4月~12月無休)
9:30~16:00(1月~3月土・日・祝日のみ開館)

なまはげ館

船越にあるもう一つのなまはげスポットといえばやはりなまはげ館です。なまはげ館は、先ほどの男鹿真山伝承館とは一味違うモダンななまはげ解説館として注目を集めています。特に、その石造りの建物や、広大な館内に展示されている数えきれないほどのなまはげが人気を呼んでいるポイントの一つです。また、実際のなまはげが現れたとされる巨大な石碑などもあり、野外でのアクティビティーはスリル満載です。船越の中でも非常にインスタ映えするスポットのひとつとなっています。

【名前】なまはげ館
【住所】秋田県男鹿市北浦真山字水喰沢地内
【電話番号】0185-22-5050
【営業時間】8:30~17:00

 

寒風山回転展望台

寒風山回転展望台は船越にある寒風山の展望台です。迫力満点の寒風山の景色を惜しみなく味わうことができるだけではなく、ご当地名物や寒風山ならではのお土産を買うことができます。建物はガラス張りで、360度あたりを見回すことができるようになっています。船越のなまはげや、なんと益子人形などもお土産として購入することができます。ショッピングはもちろん、ぜひあたり一面に広がる広大な山脈を思う存分ご覧ください。

【名前】寒風山回転展望台
【住所】秋田県男鹿市脇本富永寒風山62-1
【電話番号】0185-25-3055
【営業時間】8:30~17:00

大龍寺

大龍寺は船越に位置する寺院です。たくさんのイベントがあり、なんと毎朝読経しているところを拝見することができます。また、広大な庭園がある名所としても有名で、紅葉の時期になると国籍・年齢層を問わず大変人気の寺院となっています。その立派な石段と門は参拝する人の心を一目でつかみます。さらに、船越のなかでも誇るほどの別寺を持つお寺でもあり、順番に参拝していくこともおすすめです。

【名前】大龍寺
【住所】秋田県男鹿市船川港船川鳥屋場34
【電話番号】0185-24-3546
【営業時間】6:30~18:00(年中無休)

 

万体仏

万体仏は船越にある仏です。名前の通り、万を超えるほどの木造の仏が参拝できます。どれも同じような顔ですが、ところどころに赤い帽子をかぶっていたり、赤いバンダナをしていたり、何か神秘的なものを感じさせる船越のインスタ映えスポットとなっています。この万体仏には一体一体に意味があり、辛くこの世を去ってしまった子供たちの気持ちを表現するために作られたと言われています。この万体仏はなんと県指定文化財にも認定されており、非常に貴重なものです。

【名前】万体仏
【住所】秋田県男鹿市北浦真山白根坂台
【電話番号】0185-24-9102
【営業時間】0:00~24:00

さいごに

船越には本当にたくさんの観光スポットがあります。どこもかしこも非常に名所なところばかりで、インスタをしていても観光をしていても楽しいです。船越からは数えきれないほどの写真が投稿されており、このような自然を持ち味とした場所がほとんどです。皆さんも船越方面へ行くときには、自然の魅力を体で体感してみてください。

  • Tags: