Colorful Instagram

【厳選】ハワイのインスタ映え×フォトジェニックスポット10選!!

大西洋の真ん中に浮かぶ、人生の楽園にもなぞらえられるハワイ。ハワイを旅行先に選んでがっかりした人はまずいないほど、旅行者を満足させる魅力に満ちています。
特に私たち日本人にとっては、アメリカであることを忘れそうなほど日本語が通じるありがたい渡航先で、初めての海外旅行にもぴったりです。そしてもちろんインスタ映え間違いなしのフォトジェニックスポットにも枚挙にいとまがありません。
この記事ではハワイを訪れたら是非撮影しておきたい絶景フォトジェニックスポットを、オアフ島限定で10スポットご紹介させていただきます。

クアロアランチ(クアロア牧場)

ワイキキ中心部から車で約50分で到着するクアロアランチ(クアロア牧場)は、フォトジェニックスポットの宝庫!東京ドーム450個分の広さを誇り、「ジュラシックパーク」「ゴジラ」「パールハーバー」などの映画や人気米国ドラマ「LOST」のロケ地にも使われてきました。

四輪バギーや馬に乗ってクアロアランチ内の自然を楽しんだり、クアロアランチ所有のプライベートビーチではマリンスポーツ三昧で過ごすことができます。ジャングルの中を滑り降りるスリル満点のジップラインなど多彩なアクティビティも魅力です。たっぷりとクアロアランチで遊びながら、インスタ映えのする写真がたくさんスマホに保存されること請け合いです!

information
【名前】クアロアランチ(クアロア牧場)
【電話番号】+1 808-237-7321
【住所】49-560 Kamehameha Hwy, Kaneohe, HI 96744 アメリカ合衆国
【営業時間】7:30~18:00
【Goolge Map プラグイン】

ダイヤモンドヘッド

ワイキキビーチからダイヤモンドヘッド全体を収めた写真は、インスタ映えするハワイの風景写真としてよくインスタグラムに登場します。はじめてダイヤモンドヘッドを見たヨーロッパ人が、朝日を浴びるその姿をダイヤモンドになぞらえた名前の由来のとおり、その美しさはまさに宝石の輝きのようで、古来オアフ島に暮らす人々の心のよりどころとなってきました。

オアフ島を代表するフォトジェニックスポットであるダイヤモンドヘッドは、徒歩で登ることができます。要塞跡のダイアモンド・ヘッド・ステート・モニュメントやダイアモンド・ヘッド・パークなどからワイキキビーチを眼下にのぞむ風景も忘れずにスマホに保存しておきましょう。

information
【名前】ダイヤモンドヘッド
【電話番号】+1 808-768-3003
【住所】3300 Diamond Head Rd, Honolulu, HI 96815 アメリカ合衆国
【営業時間】5:00~22:00
【Goolge Map プラグイン】

 

チャイナタウン

ハワイにはインスタ映えすると人気の建築物がたくさんありますが、チャイナタウンエリアの人気ナンバーワンスポットは「ハワイシアター」です。1921年に建てられた建物はハワイには珍しいアールデコ様式が採用され、美しいアーチ型の窓が規則的に並んでいます。ハワイに来たら必ずインスタグラムにアップしたいフォトジェニックスポットとして、女性を中心にとても人気がある場所になっています。

また、チャイナタウンと名が付くだけあって古い漢方薬を扱う通りや美味しい飲茶が食べられるレストランが多く、一瞬ハワイにいることを忘れてしまいます。
またこのエリアには最近ハワイらしいオシャレなカフェも増えてきていますので、気になるところを見つけたら是非チェックしておきましょう。

information
【名前】チャイナタウン
【電話番号】+1 808-528-0506(チャイナタウンハワイシアター)
【住所】1041 Maunakea St, Honolulu, HI 96817 アメリカ合衆国
【営業時間】不定
【Goolge Map プラグイン】

ワイキキビーチ

ハワイといえばワイキキビーチを連想する人は多いことでしょう。ハワイのイメージそのもののワイキキビーチは、青い海や砂浜、そして楽しそうにさざめく人々すべてが、インスタ映え間違いなしのハワイワールドを形作っています。

このインスタグラム常連のフォトジェニックスポットは、アラワイ運河とダイヤモンドヘッドの間に広がる東西3キロに広がる白い砂浜のビーチです。このビーチに沿ってカラカウア通りが伸び、ハレクラニやロイヤルハワイアン、モアナサーフライダーなどの高級リゾートホテルが立ち並んでいます。
このビーチで青い海を背景にした写真や、雨上がりの後の虹を撮影した写真は、ぜひインスタグラムに載せたいハワイ旅行の定番記念フォトになっています。

information
【名前】ワイキキビーチ
【住所】ハワイ州 ホノルルアメリカ合衆国
【営業時間】不定
【Goolge Map プラグイン】

ハナウマ湾

ワイキキからわずか15分で到着するハナウマ湾は、2016年の全米ベストビーチのトップに輝く透明度抜群の美しいビーチです。遠浅の湾全体が海洋生物自然保護区となっているので、ビーチに入るには保全のための寄付の意味で入場料を支払い、環境保護運動のビデオ説明を受けます。ただし12歳以下の子供は入場無料です。

海中の鮮やかな色の熱帯魚たちは全く人を怖がらないのでシュノーケリングに最適です。防水カメラを持参すればインスタ映えする水中写真がたくさん撮影することができます。
透明度抜群のハナウマ湾全体も、インスタグラムにアップするには絶好のフォトジェニックスポットなので、上からの撮影もお忘れなく。

information
【名前】ハナウマ湾
【電話番号】+1 808-396-4229
【住所】100 Hanauma Bay Dr. アメリカ合衆国
【営業時間】6:00~18:00
【Goolge Map プラグイン】

 

ロイヤルハワイアンホテル

数あるホノルルの高級リゾートの中でも、最もインスタ映えするファイブスターホテルがこの「ロイヤルハワイアンホテル」です。「ピンク・パレス」というニックネームの通りに、ホテルの建物全体が甘いピンクに彩られており、インスタグラムに載せたくなってしまう華やかさ・かわいらしさでいっぱいのホテルです。2017年にはホテル内ベーカリーが誕生し、美味しい焼き立てのパンやが食べられるとあって、ホテル街からも朝食を摂るためにロイヤルハワイアンホテルにやってくる観光客が多くなりました。

このベーカリーの目玉がピンクのスノーボールです。このピンクのスノーボールをオーダーして、インスタグラム用の撮影を行う女子が続出!フォトジェニックスポットであるロイヤルハワイアンホテルに、また新しい魅力的なアングルが誕生しました。

information
【名前】ロイヤルハワイアンホテル
【電話番号】+1 808-923-7311
【住所】2259 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815 アメリカ合衆国
【Goolge Map プラグイン】

マノア・バレー

別名「虹の谷」とも呼ばれるマノア・バレーは、ワイキキビーチの背後に広がる自然豊かな渓谷です。ふもとにはハワイ大学があり、学生たちが集まるおしゃれなカフェが点在しています。マノア・バレーのトレッキングでは、滝やジャングルの中で実にインスタ映えのする、スケールの大きな写真を撮影することが可能です。

また、このマノア・バレーにあるペパーミントグリーンの建物が可愛いスターバックスは、中でも人気のフォトジェニックスポットです。また、エリア内にはホノルル一美味しいと名高いモーニング・グラス・コーヒーがあります。時間に余裕があれば立ち寄ってみたい場所です。

information
【名前】マノア・バレー
【住所】2955 E Manoa Rd, Honolulu, HI 96822 アメリカ合衆国
【Goolge Map プラグイン】

タンタラスの丘

一度夜のタンタラスの丘に訪れた人たちが口を揃えて「ホノルルで夜景を見るなら絶対にタンタラスの丘」と褒めそやすのも納得の、美しい夜景を見ることができます。夜景写真を撮るためのフォトジェニックスポットを探しているなら絶対訪れておきたい場所です。
昼間は頂上にある展望台から、チャイナタウンやダウンタウンからダイヤモンドヘッドまで、ホノルル市内を一望することができます。夜は展望台が閉鎖されるため、夜景は道路の路肩から眺めることになります。当然周りは暗く、あまりセキュリティ上良いとは言えない環境です。
必ずオプショナルツアーなどを利用して、大勢で訪れることをおすすめします。インスタ映え抜群のスポットですが、海外では安全を最優先しましょう。

information
【名前】タンタラスの丘
【住所】Round Top Dr, Honolulu, HI 96813 アメリカ合衆国
【Goolge Map プラグイン】
2

 

ノースショア

ホノルルからバスで1時間ほどで到着するオアフ島北側にあるノースショアは、冬季はビッグウエーブが押し寄せるサーファーの聖地です。
サーフボードに乗って波を操るサーファーの姿や、大きくうねる波が砕ける瞬間は、ぜひインスタグラムにアップしておきたいハワイならではの風景です。
ワイキキビーチとはまた違う、ハワイが太平洋の孤島であることを思い出させる、自然そのままのビーチはダイナミックな魅力あふれるフォトジェニックスポットです。
また、バスに揺られてのんびり行く道中もハワイ旅行らしい風情があります。インスタ映えするハワイらしい可愛い家や、大きなパイナップル畑を観ることができます。

information
【名前】ノース・ショア
【電話番号】+1 808-233-7300
【住所】62-449 Kamehameha Hwy, Haleiwa, HI 96712 アメリカ合衆国
【営業時間】5:00~22:00
【Goolge Map プラグイン】

カメハメハ大王像

ハワイ州最高裁判所前に立つ大きなカメハメハ大王像は、ハワイに来たらぜひ写真に収めておきたい銅像です。このインスタ映えする銅像の主であるカメハメハ大王は、ハワイ王国を建国した偉大な王として、ハワイに住む人たちから今も敬愛される存在です。
ビッグアイランドと呼ばれるハワイ島のカパアウにもカメハメハ大王像がありますが、こちらは1880年代にパリで制作されたものです。実は輸送中海に沈んでしまったのですが、その後引き上げに成功したというエピソードがあります。時間があれば、カメハメハ大王像に会いに、カパアウまで足を伸ばしてみるのも良いのではないでしょうか。

また、背後の白亜の瀟洒な建物であるハワイ州最高裁判所もフォトジェニックスポットです。ハワイでも最も古い建物の一つで、1871年に建築されたネオルネッサンス様式が美しく、ぜひ見学しておきたいスポットです。

information
【名前】カメハメハ大王像
【電話番号】+1 808-539-4999(ハワイ州最高裁判所)
【住所】447 S King St, Honolulu, HI 96813 アメリカ合衆国
【Goolge Map プラグイン】

まとめ

はじめてハワイを訪れた人のほとんどが、帰りの飛行機の中で「もう一度訪れたい」と思うことでしょう。美しい青い海やダイナミックな自然、人気観光地らしく洗練されたレストランやホテル、フレンドリーで陽気なハワイの人々との思い出が胸一杯に満ちているはずです。
ぜひ、スマホに収められたインスタ映え間違いなしのハワイのフォトジェニックスポットのショットや、訪れてよかった場所の感動を世界中の人とシェアしてみてください。