Colorful Instagram

【インスタ映え】愛知の厳選フォトジェニックスポットに行かなきゃ損!!


更新履歴
– 2018-10-09 最新情報を元に加筆修正
 
自然に親しめるスポットでは、予想以上にインスタ向けの風景と出会えることが多いですよね。愛知にも、インスタ愛好家の間でひそかに話題になっているスポットが点在します。

ここでは、インスタ映えしそう!という愛知のスポットを6つご紹介します。インスタにアップするモチーフを探す時には、ぜひ参考にしてみてくださいね。

海の家SeA Island

海水浴場に近いオシャレな海の家兼レストラン。かき氷などのテイクアウトのメニューはもちろん、カラフルなフロートやタピオカドリンク、カクテルなども揃っています。

木製のプレートにのって出てくる料理は、いずれも色鮮やかな盛り付けでインスタ映えする1品。アメリカ西海岸風の1枚が撮影出来るのが、ロケーションに恵まれたこちらのお店の魅力です。

【名前】海の家SeA Island
【住所】愛知県知多郡南知多町内海西端後2-1
【電話】080-6922-7018
【営業時間】
月~金:11:00~20:00
土~日:09:00~22:00

 

ハイジのブランコ

愛知県日間賀島の観光スポットになりつつあるのが、このハイジのブランコです。海辺にそびえたつ大木に設置されたブランコは、アルプスの少女ハイジの世界さながら、メルヘンチック。別名恋人のブランコとも呼ばれているだけあって、カップルで楽しむのにもピッタリのブランコとなっていますよ。

小高いところから海に向かって漕ぐのでテンションもあがります。恋人や友達と、または一人でパチリと思い出に残る1枚を撮影してみては。誰も乗っていないブランコも、どこかノスタルジックな魅力があります。

【名前】ハイジのブランコ
【住所】愛知県知多郡南知多町日間賀島北地72

形原温泉あじさいの里

こちらの形原温泉あじさいの里では、毎年6月にあじさい祭りが開催されます。1か月間限定の開催となりますが、シーズンには約10万株のあじさいが一斉に咲き誇り、施設の中は一気にカラフルに。夜にはライトアップも行われるので、ロマンチックな写真を撮影するにもピッタリのスポットです。

紫や薄水色、ピンクのあじさいは、撮影の仕方次第で雰囲気が変わります。1株ずつ撮影するも良し、群生する様子を撮影するも良し、お好み次第で色々な写真が撮れる施設です。

【名前】形原温泉あじさいの里
【住所】愛知県蒲郡市金平町一ノ沢28-1
【電話】0533-57-0660

 

小原ふれあい公園

こちらの公園に植えられている桜は、3月中旬から4月にかけての春と10月下旬以降の秋にそれぞれ花を咲かせます。秋の桜の開花は、丁度公園の紅葉が赤く色づく時期と重なりますので、このシーズンには桜と紅葉の二重奏が楽しめるというわけです。

紅葉の鮮やかな赤と薄桃色の桜が咲き誇る様子は、インスタにもぜひ残しておきたい光景です。のどかな田園風景も楽しめるので、色々なテーマで撮影が出来ますよ。

【名前】小原ふれあい公園
【住所】愛知県豊田市孫八456
【電話】0565-31-1212
【営業時間】09:00~16:00

おひるねハウス

佐久島の海岸にポツンと佇むのが、ユニークな形のおひるねハウス。正方形の形をした木製のハウスは、9つのスペースに分けられています。黒壁をモチーフにしていて、その黒い箱はおひるね用の個室としても丁度良い広さで、海を見ながら不思議な気分に浸れるスペース。

アートな雰囲気満点なので、インスタでも話題を振りまくような1枚が撮影出来るかもしれませんよ。晴れた日には、ブルーの空や海をバックにして撮影するのもおすすめ。アイデア次第で様々なショットが楽しめる建物です。

【名前】おひるねハウス
【住所】愛知県西尾市一色町佐久島16

 

イーストハウス

イーストハウスも、佐久島にあるスポットです。こちらのイーストハウスの建物は、ホワイトを基調にしているのが大きな特徴になっています。ホワイト一色の箱形のスペースの横には階段が設けられており、建物の天辺まで登れる構造になっています。

海や青空、夕日の光景とイーストハウスを上手に組み合わせながら、オリジナルの1枚を残してみるのもおすすめです。色々なポーズを取って、アートな写真をインスタにアップしてみましょう。

【名前】イーストハウス
【住所】 愛知県西尾市一色町佐久島大島
【電話】0563-56-2111
【営業時間】24時間営業

さいごに

愛知には、こういった様々なスポットがあります。自然の光景をモチーフにインスタをアップしたい時には、シーズンを見計らうのもポイントになってきます。

光の当たり方は季節によって微妙に変わってきますので、ベストな仕上がりになるようにプランを練って出かけましょう。昼と夜とで異なる表情を見せてくれるスポットもありますよ。