【SNSマーケティングの今後】「いいね!」がインスタグラムからなくなる!?

Instagram(インスタグラム)は世界でたくさんの人が使っているSNSであり、他のSNSと比較しても圧倒的な人気ぶりを見せつけています。

そんなインスタグラムで、「いいね!」が非表示になるかもしれないということが話題となっています。今回は、インスタグラムが「いいね!」をなくそうとしている理由に密着。

どんな想いがあり、「いいね!」の機能を変えようとしているのか、ということについて調査していきたいと思います。

なぜ、「いいね!」を撤廃しようとしているのか?

そもそも、なぜ急にインスタグラムがいいねを撤廃しようとしているのか?その理由は、ユーザーがいいねなどの数を気にすることがなく楽しんで欲しいという想いが運営にあるそうです。

いいねがあることによって、できるだけいいねが付けられそうな投稿を意識したり、また、いいねが少ない投稿は削除されたりなど、本来の目的、「写真を多くの人と共有して楽しむ」ということから路線が変わってきていることにその理由はあるそう。

現在(2019年7月)インスタグラムは、いいねを撤廃するためのテストを7か国で実施しているそうで、そのテストをしている国の中には、日本も入っています。

なので日本でインスタグラムを使っているユーザーの中でも、テストの対象になった人は、現在いいねが非表示になったりもしています。

「いいねが非表示になる」このシステムには、賛否両論が飛び交っていて、いいねがなくなることで気軽にいろいろな写真を投稿できる!という意見や、今までとの変化が起こることにより、様々な不便がでてくるのではないか?という声もあります。

いいねがなくなると実際どうなるのか?

いいねがなくなることにより、一番困るのは、おそらくインスタグラムを使ってSNSマーケティングをしている企業であると私は思います。

いいねがなくなることにより、ニーズとマッチしたインフルエンサーを選定することが難しくなるのではないか?といった声が多いです。

企業は、インフルエンサーを採用する際にフォロワーを買っているのではないか?と疑わしいインフルエンサーを採用することはなく、その選別をする際の一つの材料がいいねの数なのです。

いいねの数も購入することができるので、実際はインフルエンサーを採用する際には、もっとアカウントのデータを調査することが多いのですが、いいねがなくなることにより、フォロワーを買っているインフルエンサーが徹底することにより、企業をごまかしやすくなるかも知れませんね。

また、一般の方でインスタグラムを楽しく使っている方は、いいねの数が非表示になることで、人気のある友達との差を感じることがなくなったり、リラックスしてインスタグラムを楽しめるのではないかという期待の声もあります。

SNSでのいじめ対策でもある

2019年7月にインスタグラムは、いじめ対策の機能をアップデートしています。その機能は、コメントをする際に、いじめに関する内容か疑わしい場合は、AIによるチェックが入るという機能。もう一つが、問題のあるフォロワーの投稿を見えないようにする機能です。

SNSでのいじめが絶えないことをインスタグラムは気にかけていて、世界で少しでも多くの人が救われるようにという思いでアップデートをしています。

また、これから起こるかもしれない、いいねが非表示にできるというアップデートもいじめ対策の一環でもあります。学生たちの中では、中心グループの投稿をいいねしなくてはいけないなどと悩んでいる学生も少なからず存在します。

楽しくインスタグラムを使いたいのに、使うことができない、こんな悩みを抱えたユーザーにとってはいいね非表示機能は、待ち望んでいたようなアップデートでしょう。

こんな想いを抱えているのはインスタグラムだけじゃない!

SNSでのいじめ対策はどんなSNSでも起こりうることで、このようなテストを実施しているのはインスタグラムだけではありません。

日本ではかなりの人数が使っているTwitter(ツイッター)もこのような機能をテストしています。具体的には、コメントで不適切だとされるものを非表示にできるようにする仕様を現在テストしているそうです。

どんなSNSも、こういった問題にしっかりと向き合い、良いものとしていこうという想いが感じられて、マナーを守って使うことにより、きっと素敵な世界になることでしょう。

一部の悪質なユーザーにも負けることなく、SNSが今後より良いサービスとなることを世界の人々が願っています。

まとめ

今回は、Instagram(インスタグラム)で今後起こるかも知れないアップデートについて調査していきました。

実際に調査することで、インスタグラム運営の想いやユーザーの意見を知ることができると同時に、インスタグラムとユーザーがしっかりと向き合っているという感覚を感じました。

SNSでのいじめ対策も今後どんどん進歩していき、少しずつかも知れないけど、SNSでのいじめは減っていくと思います。また、いいねが非表示になることにより、今後のSNSマーケティングの展開にも注目が集まりますね!