Jリーグ史上最強の選手!イニエスタ選手の凄さ!


川崎フロンターレの二連覇で幕を閉じた2018年シーズンのJリーグ今年のJリーグは例年以上に混戦となった戦いや、世界各国から超有名選手の加入などで話題を振りまきまくっていましたね。その中でも最も世界中のサッカーファン、いやスポーツファンを驚かせたのは元スペイン代表で超名門クラブのバルセロナからヴィッセル神戸に電撃移籍してきたアンドレス・イニエスタ選手でしょう。この移籍劇は世界中で取り上げられ、連日テレビでもイニエスタ選手に注目したコーナーが設けられるなど、話題騒然。しかし、いまだに彼の凄さをわかっていない人は多いのではないでしょうか。ここで今一度イニエスタ選手の凄さについて説明させていただきます。

プロフィール

5月24日、ヴィッセル神戸は、FCバルセロナ(スペイン)よりMFアンドレス イニエスタが完全移籍で加入したことを発表しました。

■本名:Andrés Iniesta Luján(アンドレス イニエスタ)
■生年月日:1984年5月11日(34歳)
■身長/体重:171cm/68kg
■国籍:スペイン
■ポジション:MF

卓越したドリブルと広い視野、華麗なパスセンスをあわせ持ち、攻撃的なポジションならどこでもこなせるマルチプレーヤーです。また、華麗なプレーだけではなく、スペイン代表戦を含め、プロキャリアにおいてレッドカードを受けたことは一度もなく、常にプレイヤーにとって模範的存在でもあります。

彼の選手としてのキャリアを振り返ると、バルセロナの選手として390試合30ゴール。リーガ・エスパニョーラ優勝9回。ヨーロッパチャンピョンズリーグ優勝4回。スペイン代表として122試合13得点。UEFA欧州選手権優勝2回。FIFAワールドカップ優勝1回。
個人としてはUEFA欧州最優秀選手賞1回。UEFA欧州選手権大会最優秀選手1回などを筆頭に様々な賞を受賞しており、ここ10年のサッカー界において最高の選手の一人といっても過言ではないでしょう。

イニエスタの凄さって?

イニエスタ選手は、メッシやクリスティアーノ・ロナウドのように爆発的な得点力を持っているわけではありません。ではなぜこのように世界中の選手から尊敬を集めているのでしょうか。彼の凄さを一言で説明すると、「世界最高峰の名脇役」なのです。ゴールを奪える選手ではないですが、彼の持つ技術、戦術眼は世界屈指。彼のピッチ上での振る舞いは、「魔術師」「手品師」と呼ばれるほどに卓越したスキルを持っています。突出したスキルはありませんが、ドリブル、ボディバランス、パス、サッカー頭脳、といったサッカー選手に必要なスキルが全て桁外れに高水準といったイメージでしょうか。

イニエスタ選手の凄さの例えとして頭脳的なプレーということでも知られていますね。世界一の監督との呼び声高いグアルディオラ監督をして「フットボールのすべてを学ぶことが出来る」と言わしめました。
NHKで放送されたミラクルボディという番組ではイニエスタ選手の脳みそに注目して何が他の選手と違うのか検査したところ、瞬間的な創造力測るためにで5つの点を結ぶパターンを制限時間内に何個作ることが出来るかというテストをしたところ数値が通常のプロサッカー選手の平均を大きく上回る数値をたたき出しています。
この瞬間的な創造力の高さはピッチ上でもパスルート、ドリブルといった選択肢を複数瞬時に思いつく能力として表れていると推測することが出来ますね。イニエスタ選手は創造力と創造力を発揮する早さにおいて特別な頭脳を持っているといえるでしょう!

スペイン代表でバルセロナの選手であるイニエスタ。当たり前ですがパスセンスも非常に高いです。ロングパスももちろん精度は高いのですが、やはりショートのパスは格別です。プレーメイカーの役割である、低い位置から試合の流れを生むことも出来ます。テンポのいいパス回しでリズムが生まれるので、バルセロナやスペイン代表ではマストとも言えますね。
少し上のポジションのチャンスメイカーの役割として、鍵となるパスを送ることも出来ます。作ってきた攻撃に一気にアクセルを入れるパスですね。イニエスタの場合はこちらのほうが多いでしょうか。アシスト数というのに目が行ってしまいますが、攻撃の始まりがイニエスタであったり、ただのポゼッションからクリティカルな攻撃に移るところがイニエスタだったりするのです。このように役割に応じたパスの供給が出来るのも、イニエスタの凄さだと思います。

さいごに

今回はイニエスタ選手の凄さを検証してみました。なかなかサッカーを普段見ない人にはわかりづらい凄さですが、イニエスタ選手を見ることでサッカーの面白さを発見することができると思うので、サッカーに興味がない層にも凄さを分かってほしい選手ですね。また、サッカー好きだけどサッカー観戦にはいかないという層の人にとっては絶大な人気がある選手なので、生でお金を払ってサッカーを見るというきっかけを作ってくれると思いますのでJリーグに来てくれると嬉しいですね。