【インスタグラム】画像・動画の最適サイズは?投稿・ストーリー別で紹介!


【インスタグラム】最適な画像サイズは?投稿・ストーリー別で紹介!

インスタグラムは、画像・動画を投稿するSNSとして世界的で爆発的に広がり、今でも利用者が増え続けている人気なSNSの1つです。

今では一般の方だけでなく、世界中の有名人や企業までもがクリエイティブに富んだ画像をインスタグラムに投稿してフォロワーを増やし、商品の販売促進などに活用しています。

そんなインスタグラムですが、投稿する画像の“最適サイズ”があるのはご存じでしょうか?

今回の記事では、『フィード投稿ストーリーそれぞれの投稿画像・動画の最適サイズ』と、『縦長画像を投稿する方法』について詳しく解説していきます。

【雑談】インスタのフォロワーが増える
・投稿すればするほど増える

・危険なくフォロワーを増やせる

・月に数千人も増える可能性がある

嘘だと思った人は騙されたと思ってのインスタ代行.comを活用してみて下さい。

今なら5日間無料でフォロワー増やし放題!

インスタグラムのフィード投稿の最適サイズは?

インスタグラムのフィード投稿の最適サイズは?

もともとインスタグラムは正方形の画像が基本となる形でしたが、2016年8月に縦横長方形の画像を投稿することも可能になり、クリエイティブの幅が広がりました。

フィード投稿はインスタグラムの基本投稿機能となるため、サイズを理解して使いこなすことで他のアカウントとの差別化を図ることも出来るでしょう。

ここからは、フィード投稿の画像と動画それぞれの最適サイズをご紹介します。

フィード投稿での最適な投稿サイズ

インスタグラムでトリミングができる画像のアスペクト比は縦長画像が(4:5)で、横長画像は(1.91:1)、正方形は(1:1)となります。

画像の推奨解像度は横が(320~1080ピクセル)で、縦が(566~1350ピクセル)が推奨の解像度となります。

▼フィード投稿画像のアスペクト比と解像度▼

正方形(1:1) 縦1080×横1080ピクセル
縦長(4:5) 縦1350×横1080ピクセル
横長(1.91:1) 縦566×横1080ピクセル

投稿画像の解像度が1080ピクセルを超えている場合は画質が落ちることはありませんが、320ピクセル以下の場合は320ピクセルまで拡大して引き伸ばされてしまうため、画像が粗くなってしまうので注意が必要です。

※インスタグラムアプリ内で写真撮影を行う場合は正方形のみの撮影となります。

用語解説

・アスペクト比:画像や動画の縦横比のこと
・ピクセル:コンピュータで画像を扱うときの色情報 (色調や階調) を持つ最小単位、最小要素

フィード投稿での最適な動画サイズ

インスタグラムのフィード投稿での動画はアスペクト比以外にも、ファイル形式やファイルサイズ、動画時間の長さ、フレームレートなど様々なことに気を付けて投稿しなくてはいけません。

専門用語を並べられてもわからない人がほとんどかと思いますが、用語解説も交えながらフィード投稿への動画投稿をするための最適な条件を解説しますので、ご安心ください。

インスタグラムの動画要件を表にまとめましたので、まずはそちらをご覧ください。

▼フィード投稿動画の最適サイズと解像度▼

アスペクト比 1.91:1~4:5
解像度 正方形(1:1)→600×600ピクセル
縦長(4:5)→600×750ピクセル
縦長(1.91:1)→600×315ピクセル
ファイル形式 .mp4もしくは.mov
最大ファイルサイズ 4GB
動画の長さ 最大60秒
フレームレート 最大30fps

iPhoneで撮影される動画は、アスペクト比が3:4となっているため上下が見切れてしまうので、注意が必要です。

※動画もインスタグラムアプリ内で撮影する場合は正方形の動画となります。また、アプリ内で撮影した動画はファイル形式などの条件を気にせずに投稿ができるので、正方形でも構わない方はアプリ内カメラで撮影を行いましょう。

用語解説

・フレームレート:1秒間の動画で見せる静止画の枚数(コマ数)のこと

インスタグラムのストーリーの最適サイズは?

インスタグラムのストーリーの最適サイズは?

ここ最近ではフィード投稿よりも使用ユーザーが多くなってきている、インスタグラムのストーリー機能。

2016年に追加実装されたこの機能は、今ではインスタグラムのメイン機能と言っても差し支えないほどに利用頻度が高まっています。

そんな、インスタグラムのストーリーにも動画・画像の最適サイズがありますので、そちらをご紹介します。

ストーリーでの最適な画像サイズ

インスタグラムのストーリー投稿の推奨サイズは公式で出されている情報はありませんので、ストーリー広告の要件を参考にご紹介します。

ストーリーは画像・動画共にアスペクト比が9:16となっています。ピクセルは縦1067~1920×横600~1080で、推奨解像度は1080×1920ピクセルです。

▼ストーリー投稿画像の最適サイズと解像度▼

アスペクト比 9:16
推奨解像度 縦1920×横1080ピクセル
最小解像度 縦1067×横600ピクセル

※インスタグラムアプリ内でストーリー投稿画面を開き画像を撮影すると、最適なサイズで撮影が可能です。

ストーリーでの最適な動画サイズ

インスタグラムストーリーの動画最適サイズは基本的には画像と同じです。ただ、ファイル形式や動画時間の長さなどに注意が必要となります。

以下で、表にまとめましたので参考にしてください。

▼ストーリー投稿動画の最適サイズと解像度▼

アスペクト比 9:16
推奨解像度 縦1920×横1080ピクセル
最小解像度 縦1067×横600ピクセル
ファイル形式 .mp4もしくは.mov
動画の最大ファイルサイズ 4GB
動画の長さ 15秒

※ストーリーの画像投稿と同様に、動画もストーリー機能のカメラを使って撮影を行うと最適条件にて投稿が可能です。

インスタグラムで縦長の画像を投稿する方法は?

インスタグラムで縦長の画像を投稿する方法は?

インスタグラムに縦長の画像を投稿する際には、少し手を加えて作業をする必要があります。

アプリなどで画像編集をすることで縦長画像を投稿する方法もありますが、そちらは後述します。

ここでは、インスタグラムアプリ内でリサイズをする方法をご紹介します。

step1.投稿ボタンをタップ。

step1.投稿ボタンをタップ。

step2.投稿したい画像をファイルから選択し、画面右下の画像サイズ変更ボタンをタップする。

step2.投稿したい画像をファイルから選択し、画面右下の画像サイズ変更ボタンをタップする。

step3.キャプションを入力し、チェックマークをタップで投稿。

step3.キャプションを入力し、チェックマークをタップで投稿。

インスタグラムで縦長の画像を投稿する際の注意点は?

インスタグラムで縦長の画像を投稿する際の注意点は?

インスタ映えな写真が撮影できても、その画像がインスタグラムにうまく投稿ができなくては意味がないですよね。

場合によっては、縦長に撮影したほうが良い写真が撮れることも多くあるかと思われます。

そこで、ここではインスタグラムで縦長の画像を投稿する際の注意点をご紹介しますので、参考にしてみてください。

▼縦長画像を投稿する際の注意点▼

  • 複数投稿で正方形と長方形の画像を一度に選べない
  • 推奨アスペクト比以外は自動トリミングが行われる
  • アプリ撮影では縦長画像が投稿できない

下記で詳しく解説します。

注意①複数投稿で正方形と長方形の画像を一度に選べない

1つ目の注意点は、インスタグラムで複数枚投稿を行う場合は違ったアスペクト比の画像を投稿できないという点です。

実際に複数枚投稿をする際の画面を使って解説します。

まず、1枚目に横長の画像を選択し、複数枚投稿のボタンをタップします。

まず、1枚目に横長の画像を選択し、複数枚投稿のボタンをタップします。

次に、縦長の画像を2枚目に選択してみると、上下が見切れているのがわかります。

このように、インスタグラム上で複数枚投稿をする場合は、同じ比率の画像を投稿するよう注意しなくてはいけません。

注意②推奨アスペクト比以外は自動トリミングが行われる

2つ目の注意点は、主にiPhoneでの撮影を行った場合に起こりがちなのですが、インスタグラムの推奨アスペクト比以外の画像を投稿しようとした場合に、自動でトリミングが行われるというものです。

実際に撮影した画像を見ていただくとわかりやすいので、画像付きで解説します。

▼iPhoneで撮影した画像▼

注意①推奨アスペクト比以外は自動トリミングが行われる

▼インスタグラムの投稿画面▼

注意①推奨アスペクト比以外は自動トリミングが行われる②

画像を見ていただければわかるように、iPhoneの画像フォルダで表示された画像とインスタの投稿編集画面での表示がことなるのがわかります。

写真だけでなく、イラストを投稿したい時にも上下が見切れると明らかにおかしい投稿内容になってしまう場合もあります。

iPhoneの画像撮影アスペクト比が3:4で、インスタグラムの画像投稿アスペクト比が縦長の場合は4:5であるため、このような現象が発生します。

あらかじめ画像を加工するか、上下が見きれることを想定して被写体が収まるようにズームアウトして撮影するよう注意する必要があります。

注意③アプリ撮影では縦長画像が投稿できない

インスタグラムは、アプリ内にカメラ機能があり撮影した画像を加工してそのままアップロードすることができて、大変便利なものとなっています。

しかし、アプリで撮影した画像はすべて正方形になってしまう仕様となっていることを把握しておかなくてはなりません。

▼インスタグラムアプリのカメラ撮影画面▼

注意③アプリ撮影では縦長画像が投稿できない

上記画像を見ていただければわかるように、インスタアプリ内では上下がカットされて撮影されてしまいますので、「縦長で撮影したい!」「横長の画像が撮影したい!」というときは別のカメラアプリで撮影しなくてはならないという注意点があります。

画像・動画のサイズを変更する加工アプリのおすすめは?

画像・動画のサイズを変更する加工アプリのおすすめは?

インスタグラムでフォロワーを増やすには、画像1枚1枚にこだわりを持って投稿していかなくてはなりません。

となると、画像のサイズや縦横比を一定にして統一感を持たせた投稿をしたいと考える人も多いのではないでしょうか?

そんな時は動画や画像のサイズを変更できるリサイズアプリがおすすめです。下記でおすすめのアプリの紹介をしますので、参考にしてください。

①正方形さん

「正方形さん」はインスタグラムの長方形の画像を投稿するための加工アプリです。余分な余白をカットしたりぼかし背景、カラー抽出、フィルタ効果などサイズ加工以外にも様々な機能が搭載されており、多くのインスタグラマーが愛用しています。

正方形さん

正方形さん
開発元:FANG Inc.
無料
posted withアプリーチ

②正方形どん

「正方形どん」は先ほどご紹介した正方形どんの動画版の加工アプリです。

画像版と同様にトリミング機能が使えるアプリで、動画のサイズを変更できます。

動画のリサイズをサクッと済ませたい方におすすめのアプリです。

正方形どん インスタ枠と動く待ち受け画面のムービー作成

正方形どん インスタ枠と動く待ち受け画面のムービー作成
開発元:FANG Inc.
無料
posted withアプリーチ

③VivaVideo

こちらのアプリも動画のリサイズができるアプリですが、「フィルター機能・再生スピード変更・テキスト入力」など多彩な加工機能があるのが特徴です。

リサイズだけでなく、+αの加工がしたい方にはおすすめのアプリです、

VivaVideo-動画編集&動画作成&動画加工

VivaVideo-動画編集&動画作成&動画加工
開発元:QuVideo Inc.
無料
posted withアプリーチ

まとめ

この記事では、フィード投稿・ストーリー投稿の動画、画像の最適サイズについて解説しました。

最後に最適サイズや解像度を画像にまとめましたので、おさらいしましょう。

▼画像の最適サイズ▼

▼動画の最適サイズ▼

適切なサイズを把握し、投稿コンテンツごとにサイズの使い分けをしてアカウント運用を行いましょう。

質の良い投稿を続けていればファンの獲得ができて、フォロワー増加にも繋がること間違いなしです。