自宅公開も!?平子理沙のインスタグラムが話題!!

ずっと若く美しく。女性が望むことと言われて、挙げる一つに確実に入るだろうこの言葉。そんな言葉を実現している方がいらっしゃいます。

ファッションモデルやテレビタレントとして活躍中の平子理沙(ひらこりさ)さんです。

ご存じの方も多いと思います。彼女はカリスマモデルやアラフォーの星とも呼ばれ、実際の年齢を聞くと、誰もが驚く美貌とプロポーションを維持し続けています。

また、彼女は21万人ものフォロワーを集めているインスタグラマーでもあります。フォロワーにご自分の姿を届けるために、投稿にも熱心で、2017年11月のときには2,000件を超えていて、見応えのあるインスタグラムとなっています。

フォロワーの皆さんも、フォローするだけでなく熱心に追いかけているようで、いいね!も5,000件くらいは当たり前です。多いときには60,000件ものいいね!が付くときもあるほどです。

それでは、いま大注目な平子理沙さんのインスタグラムを見ていきましょう!

平子理沙さんのプロフィール

平子理沙さんのプロフィールからご紹介しましょう。

彼女は東京都出身で1971年2月14日に生まれました。2017年11月のいまで46歳なのですが、にわかには信じられませんね。

お父さんはアパレル関係を職業としていて、お母さんはネイルアートに関するお仕事をしています。彼女の抜群のファッションセンスの陰には、生まれ育った環境が大きく影響していると感じさせられますね。

小学生の頃はインターナショナルスクールへ通い、15歳でアメリカに留学を果たしています。19歳で帰国しテレビタレントなどの芸能活動を開始しました。留学経験があることから、英語を得意としており、所属事務所の特技にも「英語(ネイティブ)」と書いてあるほどです。

ちなみに所属事務所はエイジアプロモーションで、同世代では梅宮アンナさんなどが所属しています。

また、テレビタレントとしての活動のほかに、ファッション誌のJJやViViで単独表紙や巻頭記事になるなどの活躍を見せていました。

美容についての考え

平子理沙さんはあるインタビューで、「美容は体が健康な事が一番」と言っています。カラダが健康だから、キレイな肌や爪や髪が作られると考えているそうです。

化粧品は大好きですが、という彼女はそれだけではキレイにはなれない。化粧品は足りないものを補うためにあると言っています。保湿は大事ですが、油分の付けすぎは逆に肌に悪いなど、自分で調節をするなどしているそうです。

では、健康を守る秘訣に付いては、元々カラダは丈夫だと言う彼女ですが、予防は大事だと言います。スキンケア化粧品を買うときは自分に合う成分のものを選ぶとか、普段からカラダを冷やさないようにするとか、そういった普段のちょっとしたことの積み重ねが大事だと言います。

彼女はプロポーションを維持するためには、特に運動や食事制限はしていないそうです。好きなものを食べているそうですが、間食はあまりしないようです。

彼女の美貌やプロポーションを保つ秘訣は、当たり前のことを毎日続けることのようですね。

 

ファッションブランドのプロデューサーとしても

平子理沙さんはファッションブランドthree unicorns(スリーユニコーンズ)のプロデュースを手がけています。

Tシャツ、カットソー、デニム、スカート、ワンピースなどを販売しており、ビンテージライクなデザインが特徴です。

平子理沙さんのお宅

気になる人の貴重なご自宅での写真を見ることができるのも、インスタグラムの良いところですね。

彼女のご自宅は、3年前にリフォームをしているのですが、全部ご自分でデザインしたそうです。デザインは白を基調としていて、家具なども白い家具をロサンゼルスから空輸したそうです。さらには白い暖炉まであるとか。すごいこだわりですね。

フォロワーからも「お家キラキラしてますね」や「照明スゴいですね」との声が寄せられていました。

 

実家のワンちゃん

平子理沙さんのご実家はアメリカのロサンゼルスにあります。そのご実家にいるのが写真のワンちゃん、キャンディちゃんです。キャンディちゃんはマルチーズの女の子で、2017年9月で14歳になるそうです。

マルチーズで14歳はなかなかのご長寿さんですが、「まだまだとっても元気です」とのこと。元気に長生きしていることからも、このキャンディちゃんが大切にされていることがわかりますね。

彼女のインスタグラムを見た方はご存じだと思いますが、このワンちゃんは時々登場していて、家でくつろぐ姿やお出かけ先での姿などが見られます。

キャンディちゃんと会うのも、ロサンゼルスの実家に行く楽しみの内の一つと言う彼女。彼女は動物が大好きで、とても大事にかわいがっている様子が伝わってきます。

過去のブログなどを見ると、ファッションアイテムのように動物を扱うことに付いての考えや、動物の散歩のさせ方など面倒の見方など、動物に対して芯の通った考えを持っている女性だなと思います。

意外なご趣味

平子理沙さんはここ数年ではまったそうなのですが、美少女フィギュア収集をご趣味としていそうです。秋葉原のフィギュアを取り扱うお店にも良く行くとのこと。きっかけは、最近ではすっかり定着した深夜帯のテレビアニメを見たことからだそうです。

美貌とプロポーションにこだわる彼女は、見る人の目を惹き造形の美しさを競い合うフィギュアの世界に、何か通じるものを感じたのかも知れませんね。

最近もヴィレッジヴァンガードの渋谷店で見つけたペイントを投稿していました。まだまだ、かわいいものに対しての興味は尽きていないようです。

ちなみにヴィレッジヴァンガードは本屋さんです。雑貨屋さんのように見えますが、実は違うんですね。コンセプトとしては「遊べる本屋」となっているそうです。

彼女はうる星やつらのラムちゃんのコスプレ写真など、インスタグラムに投稿することがあります。こういった、時折見かけるアニメや漫画のコスプレは、こんなご趣味から繋がっているのでしょうね。

ラムちゃんのコスプレの際は、「可愛いだっちゃ!」や「リアルラムちゃんだぁ」などのコメントが寄せられ、大好評だったようです。

 

平子理沙さんのごはん

平子理沙さんは、ごはんやスイーツの投稿をしていますが、最近のいわゆるインスタ映えとは違う渋めの写真が多いようです。

例えば、この投稿された写真は東京の神田にある、とんかつ万平というお店です。16席ほどのこぢんまりとした定食屋さんなのですが、行列ができるお店として知られています。

カキ料理が評判のお店なのですが、さすがですね。彼女もしっかりカキのバター焼を召し上がっていました。

こういった彼女のイメージでは行かないような、何気ない喫茶店でピザトーストを食べたり、浅草の銀座ブラジルでチキンバスケットを召し上がったりしています。インスタグラムでは割と落ち着いたごはんやデザートが多いことで、彼女が大人の女性であることが感じられます。

なお、洋食や韓国料理が多く投稿されているのですが、温泉旅行に行った際のコメントには、「朝食は断然、和朝食派なのです」とありました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ファッションモデルやテレビタレントとして活躍する、平子理沙さんのインスタグラムでした。

彼女のインスタグラムは、たくさんの投稿の中から、いろいろな表情やファッションを見ることができます。見ることで46歳になってからも、どんどん輝きを増していく、彼女の美貌やスタイルの秘密を探ることができるかも知れません。

皆さんも、美魔女とも呼ばれ憧れられている、彼女の今後の活躍を見守って見てはいかがでしょうか。