Colorful Instagram

インスタをしているハーフ芸人5選

インスタをしている著名人の中には、ハーフ芸人として活躍している人たちのアカウントも見受けられます。ハーフ芸人のインスタは投稿されている写真の内容が多種多様であり、その見た目の綺麗さも相まって多くのフォロワーを抱えている人も少なくありません。
そこで今回はインスタをしているハーフ芸人の中でも、特に人気の高い5人を厳選して紹介します。

アントニー

「アントニー」さんはお笑いコンビ「マテンロウ」のボケを担当しているハーフ芸人で、近年話題を集めています。
両親はアメリカ人の父と日本人の母であり、父親はボクサーであったり実家がすし屋であるなど色々と謎のプロフィールを持っています。そのため過去のエピソードに関して様々なネタを持っており、そちらが面白いと評判になったことで人気を集めるようになったハーフ芸人です。
ちなみに本名は「堀田 世紀アントニー」で、生まれも育ちも日本だとされています。見た目は黒人なので一見すると英語を喋れそうなのですが、実は全く喋れないと言います。

ぶらっくさむらい

ハーフ芸人の中にはまだまだブレイクしていない、もしくはブレイク寸前として話題を集めている人も多いです。その中の一人が「ぶらっくさむらい」さんで、本名は「武内剛」と言います。
ぶらっくさむらいさんはテレビ出演をきっかけにして注目を集めるようになったとされていて、カメルーン人と日本人のハーフ芸人です。まだ芸人生活1年目という新人ですが、見た目が黒人なのに名古屋弁を喋る、さらに名前も純日本人というギャップが面白いと高く評価されています。
インスタでもアフリカンな見た目とは裏腹に名古屋人らしい写真やトークがみられており、プライベートの写真も数多く公開されているのでギャップを楽しみたい人におすすめです。

デニス植野行雄

ハーフ芸人の中でもリーダー格として知られていたのが、「デニス植野行雄」さんです。
デニス植野行雄さんは日本人とブラジル人のハーフ芸人で、そのハーフらしい特徴的な顔を持ちネタにしたトークで笑いを取ってきました。その後は話題を盛りすぎたことや嘘をついていたことを理由に仕事をなくしてしまい、そのことをネタにしてテレビ番組に登場するなど自身の人生そのものを持ちネタにして活躍しています。
現在はテレビ出演をする機会が少なくなっているのですが、インスタなどで様々な活動報告をされています。中にはプライベートの情報や写真も数多く投稿されているので、ハーフ芸人としてまだまだ頑張っているようです。

リロイ太郎

ハーフ芸人の多くはアメリカ人やアフリカ系とのハーフが多いのですが、「リロイ太郎」さんはハーフ芸人の中でも数少ないケニアのマサイ族とのハーフです。また通常のハーフ芸人は日本育ちなので日本語しか喋れないという人が多いのですが、リロイ太郎さんは何と3か国語を喋れるという特殊性を持っています。
このようなハーフ芸人でありながら、一般的なハーフらしさを持っているところがリロイ太郎さんの人気の秘訣です。さらに父親が東大教授で自身も高学歴である点も注目を集めています。芸人としてのトークも面白いですし、今後ブレイクすることが期待されているハーフ芸人です。

マービンJr.

「マービンJr.」さんはアメリカ人と日本人のハーフ芸人で、元大相撲力士であるという異例の経歴を持っています。そんな自身の経歴である力士ネタは面白いと人気がありますし、自身のチャームポイントである天然パーマをネタにしたトークも若い人を中心に受けているようです。見た目も元力士というだけあって迫力がありますし、そんな見た目とハーフ芸人であるというギャップが人気のポイントだとされています。
そんなマービンJr.さんのインスタも本人が映っているだけで迫力のある写真が多いですし、同じく芸人として活動しているという彼女とのツーショットなども掲載されています。

さいごに

ハーフ芸人のインスタは芸能活動の宣伝として用いられているだけではなく、ほかの芸人とのコミュニケーションやプライベート情報の提供など色々な用途で利用されています。特にハーフ芸人の多くはテレビ露出が少なく情報が取得しにくい人も少なくないので、インスタを情報源として利用したりほかのハーフ芸人の情報収集に活用するのがおすすめです。