使えば使うだけキレイな髪に?ヘアビューロン&ヘアビューザーを紹介!

更新履歴
-2019-07-01-最新の情報を元に加筆修正

インターネットやファッション雑誌にて大人気の商品「ヘアビューロン」「ヘアビューザー」を知っていますか?
リュミエリーナ社から販売されている「髪が傷まないドライヤー」「髪が傷まないアイロン」「髪が傷まないコテ」として大変注目を集めている商品です。

それだけではなく、まとまりやすいツヤのある髪にしてくれるとのこと。発売当初は一気に話題になり、品薄になったほどです。きれいな髪の毛は、やはり全女性の憧れですよね。そんな願いが叶ってしまうアイテムということで、まだまだ話題は尽きません。

今回こちらの記事では、そんな「ヘアビューロン」「ヘアビューザー」について、インスタグラムから写真を抜粋し、特色や使い方について解説していきます。

「ヘアビューロン」「ヘアビューザー」って何?

先述したとおり、「髪が傷まない」ということで知られている、リュミエリーナ社の商品です。ちなみに「ヘアビューロン」がアイロン・コテ、そして「ヘアビューザー」がドライヤーを指します。

バイオプログラミング技術を使っているのが特徴であり、髪の毛を細胞ごと若返らせることができます。そのため、髪の毛につやが出てくるという仕組みになっています。

美容院でもよく使われている商品です。巻くのにコツがいるので慣れるまで少し時間がかかりますが、カールの持ちがとにかくよいです。巻き髪もストレートヘアもきれいに仕上げることができますよ。

髪が多い人、剛毛な人、くせ毛の人など……今までヘアアイロンでのヘアセットが難しかった人にこそおすすめしたいアイテムですね。

「髪を美しく」「髪質を変える」をコンセプトに作られています。なかには特殊なセラミックが内蔵されています。髪の毛が傷みやすい人、なかなか思いどおりにスタイルが作れない人などを中心に、注目を集めているヘアアイテムです。

「ヘアケアを頑張りたいけど、何をすればいいか分からない……」という方は、ぜひとも使ってみてはいかがでしょうか。

「ヘアビューロン」「ヘアビューザー」それぞれの特徴

それでは、「ヘアビューロン」「ヘアビューザー」の具体的な特徴を見ていきましょう。

こちらの写真が、「ヘアビューロン」のアイロン・コテです。上の丸みを帯びているほうがコテです。コテの熱が出る場所にバイオプログラミングを使ったセラミックを使用しています。

温度は180℃まで調整できるようになっています。120~140℃ほどで充分形が付くようになっています。140℃の方が持ちは良いですが、髪に優しい温度は120℃ほどといえます。

巻けば巻くほどツヤが増し、今までアイロン業界では考えられなかった「柔らかい質感」を出すことに成功しています。本当に巻いた後の髪がやわらかくツヤツヤで、口コミでも評判を集めていました。

また、何度巻き直しても傷みにくいので、普段からコテを使い慣れていない人にもおすすめの商品ですね。

そして下がアイロンです。ストレートアイロンのプレート部分にバイオプログラミングを使ったセラミックが入っています。髪をはさんで真っすぐ整えたり、くせ毛を伸ばしたりすることも可能です。

このアイロンタイプもコテと同じように180℃まで調節できるようになっています。こちらも120~140℃で調節しておくと良いですね。

アイロンもコテも、髪に潤いを残したまま形を作り、ツヤツヤなヘアスタイルへと導きます。

アイロンやコテは本来、使うと髪の毛にダメージを与えるものですが、こちらの商品は逆に髪に潤いをもたらし、つやが出てくるのです。アイロンした後の髪の毛が柔らかいのもうれしいポイントですよね。

ドライヤー「ヘアビューザー」の写真はこちらです。本体の内部にバイオプログラミングセラミックを使用しています。ヘアビューロンとは違って、風を出すことにより間接的に髪の毛に働きかけます。直接髪の毛に触れなくても効果がでてきます。

風を当てることにより髪の中にあるたんぱく質を活性化させることにより、若々しく潤った髪になるという仕組みです。何かを付加するのではなく、髪の毛に元々ある成分を活性化させるという新しい発想のヘアケア用品ですね。

髪を乾かす時も潤いを保ったままの状態で乾かすので、髪から水分が逃げていきません。従来のドライヤーは乾かしていくうちに髪の毛が乾燥していきますが、ヘアビューザーではそうなりません。

必要な水分が残った状態の中でしっかり乾かすことが出来るので、パサつきがちな髪の毛の人にはうれしいですよね。

「ヘアビューロン」と「ヘアビューザー」、値段は張りますが、これさえあればお風呂上がりに髪の毛を乾かすのも、朝のスタイリングもぐっと楽になりますよ。髪質も変わるということで、ダメージを軽減しながらさらさらつやつやな髪の毛をキープできます。

「ヘアビューロン」「ヘアビューザー」の値段は?

そして、気になるのはお値段ですよね。さすが品質が良いだけあり、お値段もなかなか張ります。

ヘアビューザー(1番安いタイプ):22,500円(税抜き)
ヘアビューロンストレート:35,000円(税抜き)
ヘアビューロンカール:25,000円(税抜き)

ドライヤーやコテで20,000円~30,000円となると、なかなか大きな買い物ですね。

しかし多少値段は高くても、品質は絶対的に確かなものです。自分のヘアスタイルに悩んでいる女性や、髪質を改善したい人は買ってみる価値は大いにありますよ。

「ヘアビューロン」で作れるかわいいヘアアレンジ

それでは次は実際に、インスタグラムにアップされた写真の中から、ヘアビューロンを使った可愛いヘアアレンジを厳選してご紹介致します。

まずはこちらです。少しずつ毛束をとって、ゴージャスな巻き髪を作っています。ゆるふわパーマからこのように手の込んだ巻き髪まで、こちらのヘアビューロンさえあれば短時間で作ることができるのです。

パーティーなどのお呼ばれにも活躍しそうなヘアスタイルですね。

シルエットが美しいショートヘアスタイルです。横から見ても、頭の形が綺麗に見えますね。小顔効果も期待できるヘアスタイルです。

こちらの髪型、ふわふわした質感の髪の毛ですがパーマはかけていないのです。このヘアスタイルも、ヘアビューロンさえあれば簡単にできてしまいます。

方法としては、まず前髪をサイドにコテで流し、その部分にヘアバームをつけます。なるべく分け目をぴっちり付けずに、上の方から重ために、ゆるく毛束をとることがポイントです。春らしい、ふわふわ爽やかな印象のヘアスタイルに仕上がりますよ。

ふわふわショートのなかで、このようなスタイルも作れちゃいます。明るめのヘアカラーがかわいいこちらの写真は、まるで外国人の子どものようにも見えるあとげないかわいいスタイルです。

少しずつ毛束をとり、無造作風に散らしながらカールしていくのがポイントです。
ヘアカラーも春色で、とってもかわいいですね。メイクやファッションを春らしく合わせると、より決まります。

かわいいショートボブも、ヘアビューロンがあれば簡単にかわいくまとまります。

流行りのアッシュカラーにふわふわのボブで、どんな人やファッションにも似合いやすい万能なヘアスタイルです。流した前髪もかわいいですね。

流行りのウエットスタイルも、ヘアビューロンでセットしながら簡単につくることができます。インナーカラーやブリーチカラーなど、よく見ると細かくたくさんグラデーションになっているのも、手が込んでいてかわいいですよね。

ふわふわの巻き髪にもマッチしています。春らしい服装にも似合いそうな、これからの時期におすすめのヘアスタイルです。

アッシュカラーはやはり定番で人気ですね。

ヘアビューロンで後ろに流した髪を、ふわふわにまとめています。外国人風のアッシュブラウンで、よく見るとインナーカラーも入っていて、きれいなグラデーションになっているのもポイントです。

ヘアビューロンを使って内巻きと外巻きを組み合わせると、ヘアカラーの綺麗なグラデーションもしっかりいきてきます。

まとめ

以上が、インターネットやファッション雑誌にて話題を呼んでいる「ヘアビューロン」「ヘアビューザー」についての紹介でした。髪の毛の傷みをなくし、更につやを出すということで、いままでにないような髪のケアができるようになっています。

髪の毛の傷みやすい人、従来のアイロンやコテでうまくヘアセットできない人などにぜひおすすめしたいアイテムですね。自宅にいながらヘアサロン並みのクオリティでセットすることができますよ。

ちょっと値段はお高くなりますが、品質は本当に確かなものです。気になる方はぜひ使ってみてはいかがでしょうか。