インスタグラムで性別設定がない!?その意味とは?

今芸能人から一般の方々まで大人気のインスタグラムですがそのプロフィール設定をする際に性別を選択する項目がありますよね。こちらは非公開の情報の項目となっていますが、いったいなぜ設定をする必要があるのでしょうか。今回はこの性別の設定の意味についてご紹介していきたいと思います。

 

設定の意味

こちらの設定は初期は指定なしとなっています。そこからまず男性で設定をしてみましたが特に大きく変わる部分はなく…。
次に女性に設定を変更してみましたがこちらも特に変化なし…。どうやら性別の設定を変えたからといって特に大きく変わるような部分は内容です。ただインスタグラムには広告が存在します。広告側がその広告を表示する際の設定に地域や年齢、性別、言語、趣味・関心、観覧履歴などの設定が使われているようです。
それでは、具体的に一体どのようにこの年齢やその他の細かい設定は広告表示に役立てられているのでしょうか?
まず、インスタグラムの広告とはインスタグラムのフィードといわれるホーム画面上にすることができる広告をインスタグラム広告といいこちらはフィード上にだけ表示できほかの通常の投稿と混ざるようにして表示される特徴があります。

このインスタグラム広告と表示させる際に細かいターゲットと設定できる機能があります。まず、カスタムオーディエンスといわれる既存の顧客データを元に広告を表示させたいユーザーを抽出させたり、全ユーザーから既存の顧客と似たユーザーを探し出して広告を表示することもできます。また、地域や年齢、性別、言語、趣味・関心、ページの観覧履歴などの細かい設定で狙いたい層に向けて広告が表示させることができます。どうやらこの時に非公開の設定の情報が自動的に抽出されそのユーザーにあった広告を表示するために利用されているようです。
では、一体この性別によって一体どれくらい広告のカテゴリーが変わってくるのでしょか?
先ほどの広告のことを踏まえて再度、指定なしから男性へ性別を変更してみると筆者のアカウントの場合まだインストールしたばかりということもあったのか女性でも表示されそうな広告もありましたが、ちらほらスポーツやファッション関係の広告が表示されているようです。

次に女性に設定を変更してみましたが、こちらは広告自体はそこまで変わりはないようでしたが動物の画像が表示されるようになりましたね。
やはり、広告の表示の精度は使えば使うほど上がっていくような仕様のようですので筆者の場合まだ広告表示の精度はあまりなかったようですね…。
こちらの広告の表示設定はこのほかにも様々な情報を得て表示されているようです。
インスタグラムは親会社であるface bookアカウントからもログインできます。そのため、インスタグラムの設定だけではなくface bookやサードパーティーのサイト、アプリでの利用者の行動に関する情報なども使用されているようです。例えば、インスタグラムでフォローしている人やface bookを利用しているユーザーの場合そこに記載されている趣味・関心や基本データ、利用したウェブサイトやアプリに関する情報などが使用されるようです。

つまり、自分のプロフィールなどの個人情報をしっかり設定したりすることでより自分の趣味などに合った広告を見ることができるということです。
しかし、ここまでの説明を見て心配になるのはやはり個人情報の流出ではないでしょか?もちろん、インスタグラムもface bookもれっきとした企業です。個人情報を適当に扱うようなユーザーの信頼を失ってしまうようなことはしないと思いますが、やはり、どんな物事も100%とはいきません。本来非公開の電話番号も場合によっては特定されてしまいます。例えば、face bookで電話番号検索がありますが、そちらも万が一誰かが適当に数字を入れただけなのに自分のアカウントが表示されるなんてことも可能性が0%とは言えません。だからこそ、設定の部分に検索設定を変えることができたり、自らの公開情報を制限できる設定も備わっているのです。インターネットなどの不特定多数が閲覧できる場所で自分の個人情報が出てしまうと半永久的にデータとして残ってしまいそれを消すことはほぼ不可能といえます。もちろん、今回のインスタグラム広告のように自分自身のライフスタイルなどに合った情報を得たいと思った場合は当然あの程度自らの情報を提示しなければいけません。しかし、そのぶん自らの個人情報が流出する場合がある可能性も念頭に置きながらこういったサービスは利用しなければいけません。きちんと利用する際に自らも気を付けることによってそのサービスを最大限に楽しむことができます。
それでは、ここでインスタグラムには個人情報に関する設定はどのようなものがあるのでしょうか?

 

プロフィール設定

まず、インスタグラムにはプロフィール設定と呼ばれるものがあります。そこでは、比較的簡単な情報だけを公開する形になっているようです。こちらは残念ながらもともと公開設定で設定されているものは非公開にはできません。しかし、こちらの項目の場合よほど自らで細かい個人情報を書かなければ問題はないかと思われます。ただ一つ気を付ける点はプロフィール項目の中にウェブサイトと呼ばれる項目があります。こちらは自分のツイッターなどのURLを張り付けたりすることができる項目ですが、場合によっては個人情報が漏れてしまう気脚気になる場合もある可能性があるため十分注意して利用するのが好ましいでしょう。
非公開情報のものに関しては、その名の通り通常公開されることはありませんので比較的安心していいかと思います。

非公開アカウント

次に非公開アカウント設定についてです。こちらはインスタグラムの中では比較的個人情報にかかわる大きな設定の一つといえるでしょう。
この機能はアカウント設定を非公開設定にすると承認した人以外には写真や動画は表示されません。もし、誰に見られても全く問題ないような写真や動画しか上げない場合は非公開にしなくてもあまり問題ないとは思いますが、地域が特定されてしまうきっかけとなる風景や友達との顔が写った写真などはやはり個人情報を守るうえでは少々危ないように思います。もしそういった投稿をする予定の方は非公開設定をオンにしておくといいかもしれません。こうした設定をしっかり自分で管理していくことで自分の安全もしっかり守っていくことができます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか、今回はふと何気なくやっていそうな非公開情報の性別欄の意味からその使い道、そこに関連する個人情報公開の危険性などをお話してきました。しかし、あまりこのように個人情報個人情報とばかり言っていても仕方ない部分もあります。なぜなら、その情報があるからこそ今回話に出てきた広告もより個々のユーザー一人一人の好みに合った広告を表示できるのです。本来、個人情報となる地域や年齢、性別もそのユーザーが提示することでより快適にサービスと利用できるのではないでしょうか。
だからこそしっかり自分の身を守るためにしっかり自身の個人情報に責任と持ち瀬角のサービスを最大限に楽しめるように一人一人が意識して利用していかなければなりません。まだインスタグラムを使ったことない方も情報とサービスとうまく付き合いながらインスタグラムと楽しんでみるのもいいかもしれませんね。