【6選】富山のフォトジェニックなインスタ映えスポットを徹底検証

更新履歴
-2019-07-11-最新の情報を元に加筆修正

日々インスタ映えスポットを探して駆け巡っている皆さん。いかがお過ごしでしょうか?

この冬は仕事や勉強ばかりでお疲れのことかと思います。そんな時は、日本国内旅行でゆっくり過ごしたいものです。そして冬のイベントと言えばもちろんクリスマスですね。

クリスマスは家族でお出かけするというい人もいれば、お仕事や勉強で忙しいという人もいるかもしれません。忙しい人たちは、年末くらいはお家で休んだり、少し遠出して遊びに行ってみたりと、できるだけリラックスできるようにしてくださいね。

リラックスするために、今回は富山県の小旅行で楽しめるスポットを6つ厳選してみました。富山県在住の方も、そうでない方も是非参考にしてみて欲しいと思います。

また、インスタグラムの投稿を中心に紹介していこうと思いますので、インスタ映えする場所や、フォトジェニックなものもできるだけ見逃さないように紹介していきますので、それぞれの場所に訪れる際は意識してみてください。

砺波チューリップ公園

こちらは富山県砺波市にある、砺波チューリップ公園の投稿です。もともと砺波市の市花をチューリップとしていて、このチューリップ公園では色とりどりのチューリップを楽しむことができます。

最近では花を楽しむという余裕も少なくなってきたという人もいるかもしれませんが、花好きの人であれば一度はこのチューリップ公園に行ってみてほしいと思います。

季節によってもイベントが開催されており、春に「となみチューリップフェア」、夏に「となみカンナフェスティバル」、冬に「KIRAKIRAミッション」が開催されていて、ご紹介している投稿のうち2枚は冬のイベントであるKIRAKIRAミッションの時に撮影されたイルミネーションの様子です。

そして、2018年春には、となみチューリップフェアが再び開催されるようです。下に詳しい情報も添えていますので、ご参考ください。色とりどりのチューリップと、色の違うチューリップで表現されたハートなども見どころかと思います。

使用されているチューリップの本数も250万本以上もあるとのことで、インスタ映えする画像が撮影できることも間違いないでしょう。ぜひご家族や友達、カップルでも訪れてみてくださいね。

名称:砺波チューリップ公園(トナミチューリップコウエン)
住所:〒939-1382  富山県砺波市花園町1-32
電話番号:0763-33-7716
となみチューリップフェア公式HP:http://fair.tulipfair.or.jp/
期間:2018/4/20 ~ 2018/5/5
営業時間:8:30 ~ 17:30(最終入園:17:00)
入場料:
大人(高校生以上)一般 1,000円
団体(20名様以上) 900円
小人(小・中学生)一般 300円
団体(20名様以上) 200円
小学生未満無料
(前売り券を購入することでさらに安くで入場することも可能です。詳しくは公式ホームページまでお願いします。)

 

スターバックスコーヒー 富山環水公園店

まさかとは思いますが、今回はスターバックスコーヒーをおすすめスポットとしてチョイスしました。

全世界でも有名なチェーン展開しているカフェ「スターバックス コーヒー」ですが、この富山環水公園にあるスターバックスは世界一美しいとも言われ、インターネットサイトの口コミ評価も群を抜いて高評価&高レビュー数。

普通の感覚で言うと、スターバックスはどのお店に行っても、シックでありながら現代のモダンな雰囲気もあるオシャレなカフェだと思います。しかし、そんなオシャレなスターバックスには、さらに「コンセプトストア」と呼ばれる特徴的な店舗が存在しています。

そんなコンセプトストアの中でも、さらに世界一美しいとされるのですから、ぜひ人生で一度は行ってみるべきスターバックスの店舗なのではないでしょうか。

まず、投稿からも分かるように、この店舗は全面ガラス張りです。外から見る分にも美しいのですが、店内からも環水公園の運河と水門が一望でき、非常にキレイな光景が広がっています。

メニューは他店舗のスターバックスと大きく違うということはないですが、このおしゃれな雰囲気を味わうためだけでも、足を運んでみる価値ありのスターバックスです。

名称:スターバックスコーヒー 富山環水公園店
住所:〒930-0805 富山県富山市湊入船町5 富山富岩運河環水公園
電話番号:076-439-2630
営業時間:8:00~22:30
定休日:不定休

富山市ガラス美術館

富山市ガラス美術館では、ガラスが中心に多くの作品を鑑賞することのできる施設です。

美術館ではありますが、カフェテリアやミュージアムショップに加え、図書館も併設している複合型の施設でもあり、気軽に楽しめるスポットです。美しいモノが多くあり、インスタ映えした写真をたくさん撮ることができます。

常設展だけでも十分に見て楽しむことができ、細部までこだわって作られているガラスアートがたくさん飾られています。カラフルなものもあれば、色々なサイズの造形物もあり飽きることがないでしょう。

さらにすごいのは、この美術館の建物です。外観も内観もフォトジェニックで、訪れた多くの人が衝撃を受けているようです。1枚目の画像も常設展の天井部分のもので、とてもキレイでつい見とれてしまいますよね。

一見の価値はありますので、ぜひお休みの日に行ってみましょう。

名称:富山市ガラス美術館
住所:〒930-0062 富山県富山市西町5 西町5-1
公式HP:http://toyama-glass-art-museum.jp/
観覧料:一般・大学生 200円
開館時間:
常設展・企画展 9:30 ~ 18:00
カフェ・ミュージアムショップ 9:30 ~ 19:00
休館日:
常設展・企画展 第1・3水曜日、年末年始
カフェ・ミュージアムショップ 第1水曜日、年末年始

 

舟川べり

富山県朝日町には桜やチューリップで有名な「舟川べり」と呼ばれている場所があります。

富山県には舟川という川が流れており、その川の両岸には800mにも及び「ソメイヨシノ」という種類の桜の木が植えられています。なんとその数、約250本もあるそうです。

また、川沿いには桜の木だけでなく、数多くのチューリップや菜の花も咲いています。現在は寒い季節ですので、もちろん開花はしていませんが、毎年4月頃から花が咲き始めています。

インスタグラムの投稿からのものはすべて開花シーズンのものですので、タイミングを合わせて舟川べりに行くと、画像のようなフォトジェニックな写真が撮れる可能性が高いです。

さらにこの川べりからは北アルプスの山々もキレイに見わたすことができ、間違いなく絶景スポットです。興味のある方は迷わず行ってみましょう!

名称:舟川べり
住所:〒939-0701 富山県下新川郡朝日町舟川新
電話番号:0765-83-1100 (朝日町役場商工観光課)
営業時間:24時間営業
開花時期: 毎年4月中旬頃

みくりが池

富山県でも、市内からは遠く離れた場所に「みくりが池」はあります。標高は2,405mに位置しており、立山火山の火山湖のことを「みくりが池」と呼んでいます。

都会や町からは離れ、登山やウォーキングを楽しみたいという人にはぴったりのスポットだと思います。インスタグラムの投稿からも分かるように、同じ場所でも四季折々の表情を見せてくれる、非常に魅力的な光景を楽しむことができます。

標高も高いですので春先はかなり寒くはなりますが、雪が積もるみくりが池や、夏は夏で緑豊かな風景を眺めることもできます。

近くに訪れる場合はぜひ行ってみたいスポットですね。

名称:みくりが池
住所:〒930-1406 富山県中新川郡立山町芦峅寺
公式HP:http://www.alpen-route.com/point/relax/relax06.html
電話番号:076-462-9971 (立山町商工観光課)
休業日:冬季閉鎖
料金:無料

 

チューリップ四季彩館

チューリップに関して有名なスポットが多いようですが、今回もチューリップスポットの紹介です。

場所は砺波チューリップ公園のすぐ近くにあり、チューリップ公園と合わせていきたい場所ですね。このチューリップ四季彩感のすごいところは、一年中チューリップの花が咲く、世界で唯一の施設だということです。

チューリップを一年中咲かせるためには、とても丁寧に環境を整えてあげないと難しいと思います。さらにチューリップタワーやパレットガーデンは大きな見どころと言えるでしょう。チューリップをさらに好きになること間違いなしです。

訪れた際は、携帯のカメラできれいに撮影して、自分のインスタグラムに投稿してくださいね。

名称:チューリップ四季彩館
住所:〒939-1381 富山県砺波市中村100-1
公式HP:http://www.tulipfair.or.jp/
電話番号:0763-33-7716
営業時間:9:00 ~ 18:00
入館料:
一般(高校生以上)310円
シニア(65歳以上)250円
小・中学生 150円
幼児 無料

富山は見どころいっぱい

チューリップを中心に、富山にはまだまだ私たちの知らない、素晴らしいスポットがたくさん隠れていました。

今年の冬から来年の春にかけて、富山に行くという人がいればこの記事を参考にしていただけると幸いです。

富山に行く際は、インスタグラム投稿も忘れずに!