Colorful Instagram

今やおじさんだけの趣味じゃない!#釣りガールがとっても楽しそう!

釣りガール

一般的には男性の趣味と思われがちな釣り。確かに「魚に触れない」「エサが気持ち悪い」など、女性にとってはハードルの高い趣味かもしれません。しかし、そんな釣りを楽しんでいる釣り好きの女性たちもたくさんいます。

今回はそんな釣り好き「釣りガール」をご紹介したいと思います。女性でも釣りを楽しむための秘訣もご説明しますので「興味はあるけど敷居が高いな…」という方はぜひチェックしてみてください。

 

話題の釣りガールをご紹介!

テレビや雑誌、インターネットなど各メディアで活躍されている話題の釣りガールを6人ご紹介します。皆さん、釣りとともに毎日を楽しく過ごしているようですよ!

 

秋丸美帆さん

秋丸美帆さんは、磯釣りをしていたお父さんの影響で5歳の頃から釣りを始めた生粋の釣り師です。
現在は出身地でもある九州の玄界灘をホームグラウンドとして様々な釣りを楽しみつつ、テレビや雑誌などのメディア活動の他、全国各地の様々なイベントに参加しています。

 

ふくだあかりさん

テレビの釣り番組を見たことがきっかけで釣りの楽しさに目覚めたふくだあかりさんは、釣りの時間ほしさにOLから釣りタレントに転身したほどの釣り好き女子です。
1年間に100種類の魚を釣ることを目標に「百目」というブログを始め、宣言通り達成したことでも注目が集まりました。
テレビ、雑誌、書籍出版などマルチに活躍する釣りガールです。

 

福島和可菜さん

元自衛官で現在はタレントという異色の経歴をもつ福島和可菜さんも釣りガールの一人です。
マラソン、ツーリング、ダイビングなど多彩な特技を持つ彼女ですが、プロフィールの趣味・特技欄では真っ先に釣りを挙げ、ブログのプロフ写真も釣りをしている姿を使うほど釣りが大のお気に入りのようです。

 

三原勇希さん

モデル・タレントとして活動している三原勇希さんは、とある釣り番組で釣りを体験して以来、釣りが趣味の1つになったそうです。
特に清流で楽しめる鮎釣りがお気に入りで、伝統あるつり雑誌の表紙を飾ったこともあります。

 

石川文菜さん

石川文菜さんは、年に1人しか選ばれないアングラーズアイドルオーディションで見事グランプリを獲得した釣りガールです。お父さんの付き合いで幼少の頃から釣りを始めました。
現在では出身地の鹿児島県や居住地の関東で年間数十日を釣りに費やしており、特にルアーフィッシングを得意としているそうです。

 

りんかさん

ほぼ釣り活動だけで生活するプロの釣りアイドルです。
西日本チャンピオンのタイトルを獲得するなどその実力は折り紙付き。年間200日以上を釣りに捧げ、雑誌にも連載を持つなど生粋の釣り好き女子です。
女性視線で考えた可愛いウェアをプロデュースするなど釣りガールの普及活動にも貢献しています。

 

多くの女性が釣りを楽しんでます!

もちろん、ここでご紹介した方々だけでなく沢山の女性が釣りを趣味として楽しんでいます。
インスタグラムで「#釣りガール」と検索すると13万件以上の投稿があることからもその人気が伺えますね。
魚がかかった時の手に伝わる感触や、釣り上げた時の達成感が病み付きになるのではないでしょうか。

気軽に釣りを楽しむ秘訣

多くの女性が釣りを楽しんでいるとはいえ、やはり釣り特有の様々な理由から手を出しづらいという方も多いと思います。そんな方のために、釣りにおける悩みを解消してより気軽に楽しむためのコツをご紹介したいと思います。

 

生き餌を使わない

釣りをする際に高いハードルとなるのがエサの取扱いです。魚をおびき寄せるエサとなるのは虫やミミズのような生き物なのですが、「そんなもの触りたくない・・・」と感じる方も多いでしょう。
しかし、そのような場合は生きたエサを使わない釣りを選べば良いのです。メジャーなのはルアーフィッシング。魚に模したプラスチックや木材などの疑似餌を使うことで魚を誘います。
これなら苦もなく触ることができますよね。他にもサビキ釣りやフライフィッシングなど、生き餌を使わない釣りの方法は沢山あります。

 

魚は専用器具でつかむ

釣りはしてみたいけれど「生きた魚が恐い」「臭いやぬめりが付くのが嫌」などの理由で触りたくない。「だから釣りはちょっと・・・」という方も多いと思います。
そんな時は魚つかみ(フィッシュグリップ)を使ってみてはどうでしょうか。これなら魚を手で直接触る必要はありません。写真も撮りやすくなるのでインスタ映えな釣りガールにも一歩近づきます。

 

女性の釣りコミュニティに参加する

「釣りって男性の趣味だからちょっと入っていけない・・・。」と不安な方もご安心を。全国各地では女性だけの釣りサークルが結成されていたり、女性だけの釣りイベントが開催されていたりします。
このようなコミュニティ活動を利用すれば臆することなく釣りに取り組むことができます。お手洗いの場所など女性特有の悩みも気兼ねなく相談できるでしょう。

 

釣り堀で楽しむ

釣りとなると場所は海や川。どうしても駅から遠くなってしまうので面倒だったり車がないとそもそも行けなかったりで手が出しづらい。そんな方は近くの釣り堀から始めてみてはいかがでしょうか。
釣り堀なら電車で行けるところが多いですし、釣り竿などの道具もレンタルできます。
最近では釣り堀カフェなるお店もあり、ドリンクを片手に気軽に釣りを楽しむこともできますよ。
釣り堀が楽しくなってきたら本格的な釣りに挑戦してみるのも良いのではないでしょうか。