世界各国の航空会社のファーストクラスランキング


「人生で一度は乗ってみたいな…」と思うのが、飛行機のファーストクラス。国際線のファーストクラスとなると、数十万から数百万という価格設定から、なかなか手を出せる人はいないはず…。

そこで当エントリーでは夢を見る意味でも、世界各国の航空会社のファーストクラスの様子を捉えたインスタグラムの写真をご紹介いたします! 夢のような時間を提供してくれるその様子を、すこしのぞき見しちゃいましょう!

エティハド航空

アラブ首長国連邦の国営航空会社である「エティハド航空」。スカイトラックス社による航空会社の格付けでは、最高評価の「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ」を獲得しています。

そんなエティハド航空にはファーストクラスの上を行く「ザ・レジデンス」という座席が存在するのです。レジデンスの名の通り、家のような作りとなった座席は、リビングやベッドルーム、シャワールームまで完備されていて、座席と言うよりまさに部屋のような作りになっています。

この「ザ・レジデンス」を使用されるお客さんは、自宅から空港までの送迎者もつくなど、いたせりつくせりのサービスが受けられます。

エミレーツ航空

続いても、アラブ首長国連邦はドバイにある航空会社、エミレーツ航空です。やはり石油大国の航空会社は、飛行機の内装も自然と豪華になるのでしょうか。

エミレーツ航空のファーストクラスは、「ゴールド」をイメージしているかのように、様々なところにゴールドが装飾されており、ゴージャスな空間となっています。ちなみにエミレーツ航空は、世界の航空会社ランキングで総合1位を獲得しています。

これは豪華さだけではなくサービスの質なども総合的に含まれたランキングとなっています。

エミレーツ航空ではファーストクラスの乗客全員がシャワーを浴びることができます。もちろんシャワールームも豪華な内装。機内アメニティは全てブルガリで揃えられており、贅沢の限りを尽くしている航空会社なんです! ファーストクラス中央には、専用のバーカウンターも備え付けられており、上空でもおいしいお酒を楽しむことができるんです。

シンガポール航空

ここまでアラブ首長国連邦の航空会社が続きましたが、シンガポール航空のファーストクラスを紹介いたします! 近年シンガポールは金融大国として急成長を遂げており、世界各国から多くのお金持ちが移り住んでいることで有名です。

このことから自然と航空会社も高級指向へと移り変わっていったのかもしれませんね。

シンガポール航空のファーストクラスのテーマは「空の上のプライベートルーム」。完全独立型のベッドスタイルの部屋となっており、広々とした空間が広がっております。

またシンガポール航空の特徴として、隣合ったフォーストクラスの座席同士をつなげることができ、ダブルベッドのような形にすることができるのです! 家族や恋人、友人同士で利用する場合は大きな部屋として広々と使用することができそうですね!

また機内アメニティは高級ブランドのフェラガモで統一されており、ヘッドホンもBOSEの最高クラスのモデルが使用できます。寝具やブランケットも高級ブランドを使用しており、どれをとっても一級品。中東諸国の航空会社に負けない豪華さとなっています。

エールフランス

ヨーロッパの航空会社からは、フランスのエールフランスを紹介します。フランスに旅行に行かれた方ならこの航空会社を使用された方も多いと思いますが。「ファッションの国フランス」のイメージの通り、豪華さというよりも上品で気品高さが漂う空間となっているのが印象的です。

ファーストクラスは白で統一されており、気品高さを感じさせてくれます。もちろん機内食はフランス料理。フランス国内でも最も多くの三ツ星の評価を獲得している名店の巨匠たちが監修したフランス料理を、世界ソムリエチャンピオンが選び抜いたシャンパンやワインと共に楽しむことができます。

またエールフランスでは、空港に到着したファーストクラスの乗客に対してコンシェルジュが付くサービスがあります。乗客専用のプライベートチェックインラウンジへと案内されたならば、そのままラウンジ内で一流料理を楽しんだり、スキンケア、エステなどを楽しむことができます。出発の際には、専用車で搭乗機のタラップ横まで案内してくれるのも魅力の一つ。

さいごに

世界の航空会社のファーストクラス特集、いかがでしたでしょうか。

海外旅行ともなると、場所によって10時間以上の空の旅になることもしばしば。できることなら快適な空の旅を過ごしたいものですよね。当エントリーを読んでいただき、「ファーストクラスで海外旅行に行く!」という夢を持っていただけたら幸いです。