フィルターを使いこなして、オシャレインスタグラマーになろう!

オシャレな画像をinstagramに載せてフォロワー何千人!という人たちに憧れたことはありませんか?彼らは画像をオシャレにするために「フィルター」を使って編集しています。
あなたも、たくさんのフォロワーを獲得するためにフィルターについて知ってみませんか?

1・Clarendon

影を濃くし逆に最も明るい部分を、さらに明るくする効果があります。
「ハイライト」部分をくっきりと際立たせたい時に素晴らしい効果を発揮します。
メインの被写体が白系の場合、まるで「輝くような効果」が出ます。

2・Moon

いわゆるモノクロにするフィルターですが、Moonを使うと物凄くレトロな雰囲気を感じさせる
独特の効果が得られます。ちょっとビンテージな感じを出したい時に使うと便利なフィルターです。

 

3・Slumber

全体に柔らかく感じられるようになり、かつピカピカ感が無くなり落ち着いた感じを醸し出します。
ロマンチックな感じ、ビンテージな感じを出したい時にお勧めです。

4・Crema

全体的に色の濃さを減らし、特に肌色を押さえ「くっきり」とさせます。
食べ物を撮影する時に良く使われる定番ですが風景などにも良いようです。
雑誌に掲載されている写真はどれも綺麗ですが、このフィルターを使うと
まさに「雑誌に載っているような」一枚になります。

5・Perpetua

画像全体を明るくして、特に緑と黄色を強調します。
その結果、全体に「くっきりとして可愛い」雰囲気が漂います。
暗い写真には向きませんが使い方によっては「奇跡の一枚」が取れる
可能性もある、興味深いフィルターです。撮影は必ず屋外で。

6・Amaro

Amaroは中央部分の明るさを増やし外枠に近い部分の明るさを減らします。
中央と周囲の明るさを変えるとビネット効果と言う「古めかしい」感じを持たせる事が出来ます。
中央部分はくっきりと写り周辺部分は少しぼやけた感じで「ちょっとアートな雰囲気」になります。

 

7・Rise

ほんの僅かだけ黄色を強調し明るさを増します。Riseはポートーレートを撮る時には
絶対にお勧め! と言われるフィルターです。アップでも大丈夫。
人物撮影の時は、まずRiseを試してみて下さい。

8・Sierra

全体的に暗い感じになりますが中心部は明るさが残ります。
するとビネット効果で被写体がくっきりと写り明暗比率の絶妙さで「夢の中の絵みたい」になります。
ファンタジックに仕上げたい時には試して下さい。

 

9・Willow

モノクロとセピアとの中間位のイメージにしてくれます。
「何となくアート」な感じと、そこはかとない高級感が漂います。
風景をズームアウトして撮影した写真との相性は素晴らしいです。
またWillowは肌を綺麗に見せる効果もあるのでポートレートを取る時にも
試してみる価値があります。

10・Earlybird

その名の通りEarlybirdを使うと「朝早い時間に撮影した」ような効果が出ます。
静かな風景や田舎の素朴な風景と相性が良いようです。

いかがでしたか?

これらの中のフィルターからでもあなたのお気に入りが見つかり、オシャレインスタグラマーになっていただければ嬉しいです。様々な種類を使い分けてみるのも良いかもしれませんね!
以上、「フィルターをつかいこなして、オシャレインスタグラマーになろう!」でした。