Colorful Instagram

モード系女子必見!!STUDIOUS(ステュディオス)の着こなし術

ドメスティックブランドにとことんこだわるセレクトショップ、「STUDIOUS(ステュディオス)」。新興のTOKYOブランドに特化して最旬のアイテムたちを集めたラインナップは、いつも旬度が高めで新鮮な驚きに満ちており、世界中のファッショニスタを虜にしています。また、そんなSUTUDIOUSならではの提案力をぞんぶんに発揮したオリジナルアイテムからも目が離せません。マニッシュな生地感や作り込まれたディテールなど、男性的な要素が組み込まれた作品が多く、性別や年齢に囚われないファッションの自由な楽しみ方を教えてくれるのも魅力のひとつ。ワンアイテム投入するだけでもコーディネートの幅がぐんと広がります。

クリーンでモードなアウターの着こなし

フロントをボタンやファスナーなどで留めないガウンコートタイプの羽織りアイテムは、かっこ良くて特別感がたっぷり。特に、膝下あたりまで尺のあるマキシ丈だと、さらにハンサムな印象が高まります。

モードな印象に偏りすぎると悪目立ちしてしまうので、黒のガウンコートの場合はインナーで明るめのキレイ色を差しましょう。今季は、グリーン×ベージュなどはっきりとした配色で際立たせるのが旬顔コーデのポイント。カラーの配分で東海岸風のレトロな雰囲気を醸し出して。

ハンサムだけど、女性らしさも備えたいのが正直なところですよね。そこで、しなやかな生地感やニット地を取り入れて、フェミニンな印象に仕上げましょう。ウエストを絞ってくびれラインを出すことも忘れずに。

STUDIOUSの持ち味のひとつに、絶妙なニュアンスのカラーがあります。チープな品物だと急激に安っぽさが出てしまうベージュカラーも、STUDIOUSにかかるとまたとないほど上品な色みに仕上がるので不思議。

大流行したくすみピンクは、とてもフェミニンで可愛い色ですが、じつは着こなしが少し難しいカラーの代表格。ややもすると顔色が元気なく見えてしまったり、コーディネートが野暮ったくなってしまったりと、なにかと地雷の多いカラーです。

でも、インナーにビビッドなベリーレッドなどを合わせて、はっきりとした色の主張を心がければ、若々しくてフレッシュな印象にまとまります。足元にはくるぶしを見せて抜け感をプラスして。

女性らしさ漂うトップス

トップス選びは意外とセンスが浮き出る部分。タイトすぎるとおしゃれでないし、ゆったりしすぎるとスタイルが悪く見えてしまう不安もあって、サイズも色も選びづらいアイテムのひとつですよね。

STUDIOUSのニットトップスは、バストラインからウエストまでのシルエットが、ほどよくボディに寄り添い、二の腕から手首までの袖部分もピタピタすぎるということがありません。だから、ワンツーコーデにも安心して取り入れられて重宝します。

少し個性的なデザインのスカートにインして、思いっきりモード感を楽しんでみましょう。ボトムにもってくるスカートは、ウエスト部分に工夫のあるデザインが理想的。ウエストインしてスッキリと着こなして。

ビスチェやキャミの重ね着人気はまだまだ継続中ですが、大人の女性にとっては少々着こなしの難易度が高いですよね。上手に着こなす自信がない人もいくつかのポイントを押さえると、とても素敵に見違えますのでトライしてみましょう。

まず留意するべきなのは素材選び。インナーに着るものと上から合わせるものをよく似た素材感で合わせてしまうと、焦点がボヤけてしまっておしゃれに演出できません。例えば、インナーには薄手の綿シャツを着て、上から少し厚手の刺繍入り生地やジャガード柄ものをオンするなど、厚みや素材の違うものを合わせるのがおすすめ。

また、ちょっとマニッシュな白シャツを第一ボタンまで締めてキリリと着こなした上から、クラシカルなロマンティックテイストのアイテムを重ねるなど、ニュアンスの違うもの同士を合わせてみるとおしゃれ見えします。

ボトムスのマニッシュなディテールであか抜ける

STUDIOUSを身にまとう醍醐味は、甘さと辛さのダイナミックな組み合わせを楽しめるところにあります。袖コンシャスなラッフルスリーブのトップスと、タイトなスカート、そしてレース素材やレザーなど、全く印象の違うアイテム同士を合わせて、自分らしく着こなしてみましょう。女性らしいアイテムであるスカートにも、ウエストベルトにカンが使われていて、ワイルドな雰囲気が漂います。ほんのちょっとの意外性をコーディネートに加えることが大切です。

STUDIOUSの服は、ただ風変わりなだけでなく、デザインの工夫に理由が感じられるのが魅力です。本来は野暮ったくなりがちな張り感のあるボイル生地で作ったパンツは、カジュアル感を出す白色ステッチの存在感とも相まって、ちょっと見ると子供っぽくなりそうな仕上がりです。

でも、実際に履いてみるとスッキリしたシルエットで、お尻から脚までのラインが女性らしく引き立てられます。生地の適度な張り感が、ボディラインを矯正してキレイに魅せるという嬉しい効果があります。上品なミュールと合わせて色っぽく着こなしてみましょう。

おしゃれな人の代名詞でもある「抜け感」。いかにも頑張っているという感じが出ないことこそ、センスの良いことの証でもあります。そんなセンスを試されるのが、ゆったりとしたシルエットのパンツを着こなす場面。ただリラックスした雰囲気を出すだけでなく、洗練されたスタイルに仕上げるには、全てのアイテムのトーンをほんの少しだけ変えてみましょう。

黒×墨黒×ダークグレーなどで変化をつけるのが、スタイリッシュな抜け感コーデのカナメです。また、白などはっきりした色でアクセントをつけるのも忘れずに。

ワンピースは合わせるアイテムで遊び心をプラスして

明るめのパープルでウエストマークした、どこかレトロな雰囲気のニットワンピ。体のラインを強調する色っぽいシルエットや、軽く広めにとった袖口など、随所にフェミニンな要素をちりばめた女性らしいワンピースです。

これに黒のパンプスなど女っぽいアイテムを合わせてしまうと、面白みに欠けてしまいます。そこで、ちょっとだけ遊び心をプラスして、足元にスポーティーなサンダルをオン。上質な抜け感コーデのできあがりです。

たんぽぽみたいな陽気さをもった明るめのイエロー。大人の女性にとっては着こなすのがちょっとだけ憚られる色ですが、ほんのりと渋みがプラスされていて落ち着きのある表情に仕上がっていることで、上品な着こなしになります。

全体的にゆったりとしたシルエットであることや、袖口にたっぷりとしたギャザーが寄せられたパフスリーブであることで、女性らしさが満載のワンピースです。そんなワンピースをおしゃれに着こなすには、頑強なイメージのサンダルを合わせてミスマッチの妙を楽しんでみてください。

シアーな素材感が旬度の高さをうかがわせるワンピース。たっぷりと贅沢に用尺をとったドレスですが、生地が薄手なので重さを感じさせません。さらに、ヘアスタイルでクリーンな印象を加えることで、スッキリとしたまとまりを目指しましょう。

がっしりとしたレザーのベルトでウエストマークすれば、スタイルアップ効果も狙えます。ベルトのカラーを明るめのブラウンにすることで、柔らかなイメージになります。

マニッシュなジャケットを女の子らしく着こなす

グッドガール風できちんと感のあるチェック柄ジャケット。ポケットもついてマニッシュな仕上がりのアイテムです。こんなジャケットには、クリーンで爽やかなラベンダー色などをインに合わせて、女の子らしい華やかさをプラスしてあげましょう。

ダブルブレストのジャケットはそれだけでもハンサムかっこいい雰囲気がにじみ出ますよね。フェミニンな着こなしへと変化させるには、首元にキレイ色をもってきて、顔色を明るく魅せること。そして、足元でもポインテッドトゥなどで女性らしさをプラスしましょう。

ハードなイメージのライダースも、花柄やワンピースなど女の子っぽい要素を合わせてフェミニンなコーディネートを作るのは簡単なのですが、STUDIOUSらしく仕上げるならば、もう一工夫欲しいところ。たとえば、シルクのようなツヤ感のあるイージーパンツを合わせれば、素材感の違いで意外性のある仕上がりになります。

まとめ

STUDIOUSの服って、着こなしが難しそうでちょっと苦手。そんな風に思って気後れしている人こそ、ほんの少しの工夫でぐんとおしゃれになれるチャンスです。ワンアイテム取り入れるだけでも、コーディネートが一気に新鮮味を帯びて、今っぽいおしゃれ女子に変身できちゃいますよ。

ポイントは、全く違う色同士を組み合わせてみることや、合わせる素材の風合いを変えてみること。個性の強いアイテムを着こなすときには、それぞれの特徴をきちんと主張してあげることが大切です。ぜひ試してみてくださいね。