【colorful – マーケティング】ECサイトを運営しているインスタグラマーを参考にしてみよう「@ken_navy」

さて、近頃colorfulでもよく取り上げている「インスタグムで自分のECサイトをPR」して売上をたてるといったビジネスモデルが流行っていることもあり、もしかすると購入したことある!なんて人もいらっしゃるかもしれません。

自分のPR力をお金にする。さらには自分のショップ、自分のブランドを持つといった、遠くて手に届かなかった夢だったことも、インスタグラムマジックを起こすことで、可能になる。

今回は実際にインスタグラムで自身の影響力と共にECサイトを運営しつつインスタグラム主体でネット販売ビジネスを行っている注目のインスタグラマーをご紹介したいと思います。いつか自分も!と考えている人はしっかりと特徴を掴みつつ、参考にしてみてください。

参考になるインスタグラマー「@ken_navy」

https://www.instagram.com/ken_navy/?hl=ja

概要 詳細
性別 メンズ
カテゴリ ファッション
フォロワー数 9.5万人

メンズファッション系インスタグラマーとしてメディア露出もされている程に知名度があるのが「@ken_navy」さんというインスタグラマーです。インスタグラムのフォロワー数は9.5万人となっており、メンズインスタグラマーとしてもはトップクラスと言っても過言ではないほどに人気があります。

因みに、一説では「女性インスタグラマー」のフォロワー数よりも「男性インスタグラマー」のフォロワー数の方が価値が高いとされているようで、その理由はインスタグラマーは女性が多く、男性のほうが少ないからだといいます。その点でいうと、男性でインスタグラマーを目指そうとしている人は、女性よりも成功確率が高い分、難しいとも言えます。

インスタグラムの投稿は「ザ・ファッション」

上記はインスタグラムで投稿になっていますが、さらっと見てみても「雑誌のような雰囲気」を感じる他、完全にメンズ向けな投稿の統一感を感じることができます。アカウントに訪れた男性ユーザーは特に興味を注がれるような投稿が多く、男性フォロワーの獲得に繋がっていることでしょう。

特に、自身でもメンズファッションブランドを運営していることからも、女性よりも男性ファンを取り入れられるような投稿に統一している部分は素晴らしいといえます。

自分のブランドアカウントもしっかりとプロフィールに記載している

プロフィール紹介文には、自身が運営しているファッションブランドのアカウントがリンクされています。その外にも、出身や活動地、身長、年齢なども英字で表記していることからも、お洒落で分かりやすい「参考」とするべきプロフィール欄になっています。

自身のブランドのインスタグラムアカウント「eurokenvy」

https://www.instagram.com/eurokenvy/?hl=ja

こちらが彼が運営しているメンズファッションブランド「euronavy(ユーロ・ケンヴィ)」というブランドの公式インしたグラムアカウントです。少しフランスを思い描いたブランドなのかな?と思わせるような雰囲気が特徴的。少しちょい悪系の叔父様が着そうなファッションなイメージを受けますが、商品自体は非常に

(上)画像はeuronavy(ユーロ・ケンヴィ)の投稿。商品のPRモデルも自身が務めており、他のモデルさんの起用は一切していないのも特徴的。自身がインスタグラマーとして活躍しているからこそできる新しいブランド像でもあります。

更に、画像のクオリティもバラけないでクオリティが統一かされており、自身のインスタグラムの投稿とは違い、商品詳細も入っている投稿での統一はクリエイティブ感を感じさせることができます。

売れるブランドはハイライトの設置が整っている

過去のストーリーを設置することができるインスタグラムの機能「ハイライト」の設置は、自身でショップを運営するにであれば、必ずと言っていいほどに設置しておいたほうがユーザーの興味をそそることでしょう。

また、コメントやDMなどでしかディスカッションができないインスタグラムでは、知りたい・欲しい情報をできるだけハイライトで表現しておくと、更に購入意欲を注ぐ刺激にもなりえます。

後払いなどの決済情報

購入する際の流れは非常に重要な部分。誰でもいつ届くのか、いつ発送されるタイミングなのか?などを知っておいた上で購入したいと思うのは当たり前なことです。上記のストーリーのように、テキストベースだけではなく、できるだけ画像で分かりやすいように表現しておくと、理解しやすいことでしょう。

また、人気が出てくると上記のように質問なども集まってくるはず。そんな時には、ストーリーで質問を受け付け、回答ストーリーを投稿、更にはハイライトに設置しておくことで、知りたかった情報を聞かずに取り入れるユーザー視点で考えられている施策になっているので、潜在顧客の購買率を高めることを考えている人は特におすすめなこと。

イベントなどの告知も投稿で分かりやすく告知

上記投稿では、ポップアップを展開するイベントの告知になっており、ネットではなくリアルで商品を見られることができるイベントも提供していることは、ファンやフォロワーからしても非常に魅力的。更に本人が店頭に現れるなど、服自体にも興味はあるけれど、一度会ってみたいと思い訪れる人も少なくないでしょう。こういったオンライン上だけではなく「リアル」を+していることは非常に強いことでしょう。

ECサイトは無料で作れる「BASE」で運営

https://kenvykyoto.thebase.in/

上記は「EUROKENVY」の公式ECサイト(ネットショップ)です。まず開いてみると(上)画像の矢印が指している箇所にロゴが存在するのがお分かりいただけますでしょうか?こちらは「BASE」のロゴになっています。誰でも無料でECサイトを作れることで有名なBASEは、こういったファッション系インスタグラマーも利用している程に重宝されているのです。

*以下colorfulでのBASE関連記事

https://colorful-instagram.com/?s=BASE

また、ECSサイトを見ていると、左側にブランド「公式[email protected]」の紹介があり、そちらの公式[email protected]では、サイズ感の質問や疑問点などを受け付けていることからも、購入サポートまでも自身で行っています。ただ物を売るのではなく、ユーザー視点で出来るだけ最適なショッピングをしてほしい。という気持ちを感じ取ることができます。

結果的に

メディア露出も多くなっている「@KEN_NAVY」さんですが、ただただフォロワーが多い、ただただお洒落なだけではなく、しっかりとインスタグラマーという職種を利用して「ファッション」を通じて自分がやりたい「ビジネス」に繋げていることからも、インスタグラムでの努力は夢を実現することができるツールのようなものだということをお分かり頂けると思います。

フォロワーを増やしてインスタグラムで有名になった後「何をしたいか?」ということを考えられるインスタグラマーは今後も非常に強いビジネスモデルを確立していくことでしょう。