Colorful Instagram

贅沢で優雅なひと時を。 セレブが集まるドバイが丸わかり!


近年、世界中から注目を集めているドバイ。世界一の建物やショッピングモール、美しい海、広大な砂漠などありとあらゆるユニークな見所が存在し、毎年多くの観光客が訪れる場所として人気の場所です。

またドバイと言えば「お金持ちセレブが住んでいる」「オイルマネーで潤っている」など、とにかく派手でお金持ちがたくさん住んでいるイメージ。今回はそんなドバイの人気スポットはもちろん、気候や服装など観光にまつわる全てを紹介していきたいと思います!

ドバイとは

ドバイとは、アラブ首長国連邦(UAE)を構成するドバイ首長国のことを指します。皆「ドバイ」と言うので国名かと思いきや、地域の名前に過ぎないのです。中東地域の金融の中心地であり、高層マンションや巨大モールが立ち並ぶ中東でも有数のグローバル都市なのです。

日本からは片道約11時間50分で到着し、時差は約5時間ほどとなります。

ドバイと言えば、中東特有の砂漠に囲まれたイメージを持っている人も多いと思います。もちろん夏は猛烈な暑さになるのですが、ドバイは1年を通して温暖な気候となります。

四季はなく、大きく分けて夏(4月から10月頃)と冬(11月から3月頃)に季節を分けることができます。

夏の日中気温は50度以上に上昇することもあり、湿度も非常に高くなります。冬は20〜30度ほどとなり、とても過ごしやすいシーズンになります。夏は暑すぎで外出するのは難しいでしょう。

観光ベストシーズンは、10月後半〜4月前半頃まで。また降水量は比較的少ないのでそこまで雨の心配はありません。また服装は夏の日本と同様の服装で問題ないと思います。しかし、多少緩和されるといえどもイスラム教徒の国なので、女性は露出の激しい格好は避けたほうがいいかもしれません。

また日によっては、夜間はぐっと気温が下がることもあるので1枚羽織れるものがあると便利かもしれませんね。

定番スポットはブルジュ・ハリファ

まず先にドバイで一番有名な観光スポットといえば「ブルジュ・ハリファ」になります。

現在「世界一高い建物」で160階建て。地上から先端まで約828メートルあり、世界一の高さを誇る高層ビルとしてギネスにも登録されており、圧倒されてしまうほどの高さ。

また124階にある展望台「At The Top」からはドバイの町並みを一望できます。高速エレベーターに乗ると、なんと秒速10メートルで「At The Top」に到着。ガラス張りの屋外展望台からは360度パノラマでダウンタウン・ドバイの絶景が広がります…!

砂漠の真ん中に浮かぶ近未来都市のようで、映画でも見ているような気分になります。空高くまでそびえ立つブルジュ・ハリファは一度は見てみたい最高の観光スポットです。

宇宙からも見える?人工島のパーム・ジュメイラ

パーム・ジュメイラとはエメラルド色に輝くアラビア湾に浮かぶ人工島のこと。その名の通りヤシの木のような形に埋め立てを行い、観光地、別荘地として開発されていきました。

この壮大な計画が実現したことにより、ドバイの海岸線の長さは2倍になったといわれています。人工島の中心に位置するヤシの木型の島の周りに三日月型の防波堤があり、幹の先端と海底トンネルで結ばれています。

このパーム・ジュメイラにテーマホテルや別荘地、ビーチやマリーナなどが建設されドバイでも一流の観光地として開発されてきました。パーム・ジュメイラの幹の部分にはモノレールが通っていて居住者たちや観光客を見どころまで運んでくれます。

世界中のセレブを虜にするこの島には、有名人の別荘がたくさんあることでも知られています。

イケメン皇太子が観光大使?

世界中の女性の間で、インスタグラムを通して話題になっているのがドバイの皇太子であるハムダン王子。世界有数のお金持ち、そして超がつくレベルのイケメン。まるで女性の夢を体現したような漫画の世界の住民のようですね。

2008年に25歳の若さでドバイ首長国皇太子に任命された彼の総資産額は推定4000億円。いま世界で最もセレブな独身男性のひとりと言われています。

皇太子とは思えないほど、ラフで飾らない姿を見せてくれる彼のインスタグラムのフォロワー数は約600万人! 彼自らが広告塔となり、ドバイのあらゆる観光スポットや美しい景色などをアップした写真は、その都度話題となっています。

彼のインスタグラムにアップされている写真を見て、ドバイ観光で行くところを決めても面白いかもしれませんね。

最後に

いかがでしたか。気になったドバイのおすすめ観光スポットはありましたか?ドバイの基本情報から定番の観光スポットをご紹介してきました。

さぁあなたも近代都市のドバイに旅立つ準備はできたかと思います! 次のバカンスはドバイで決まり!