Colorful Instagram

一生に一度は訪れてみたい、チェコ共和国の首都プラハ

世界中には、日常では想像もつかないような素晴らしい景色がいくつもあります。土地特有の風土や歴史、景観が織りなす風景は、インスタ映えする写真を撮影するには欠かせません。
チェコ共和国の首都プラハには、一生に一度は訪れたい絶景スポットが数多くあります。観光客に人気のスポットから穴場のところまで、詳しく紹介します。

旧市街広場

旧市街広場は、チェコ共和国の首都プラハの観光地としてとても有名です。広場を中心に、美術館や王宮、大聖堂が立ち並び、あらゆる角度でインスタ映えする写真が撮影できます。
プラハでは、数百年前に建てられた建築様式の建物がそのまま残っており、荘厳で魅力的な風景に目を奪われます。広場にはパフォーマーも多く、声をかければ撮影にも応じてくれます。
【名前】旧市街広場
【住所】Staroměstské nám., 110 00 Staré Město, チェコ共和国
【電話】+420 221 714 444
【営業時間】月~日:24時間営業

ティーン教会

ティーン教会は、プラハの観光地の一つである旧市街広場からみて東側にあるゴシック様式の教会です。教会の入口へは、手前にある二つのレストランの間を通ります。
外観が非常に美しく、ライトアップされた夜は幻想的で、プラハの中でもインスタ映えする人気のスポットです。チェコ共和国の古き良き街並みを存分に味わえます。
【名前】ティーン教会
【住所】Staroměstské nám., 110 00 Staré Město, チェコ共和国
【電話】+420 222 318 186
【営業時間】火~日:10:00~12:00, 15:00~17:00

天文時計

プラハの観光地である旧市街広場の一角に、天文時計がそびえ立っています。ゴシック様式のムード溢れる建築物で、周辺は観光客でにぎわっています。
プラハに来たら一度は訪れたい場所の一つですが、外観だけでなく時計塔を登って見渡すチェコ共和国の街並みが素晴らしく、歴史観があふれるインスタ映えした写真を撮ることができます。
【名前】天文時計
【住所】Staroměstské nám. 1, 110 00 Staré Město, チェコ共和国
【電話】+420 236 002 629
【営業時間】火~日:9:00~22:00, 月:11:00~22:00

聖ミクラーシュ教会

プラハの観光名所として有名なカレル橋から西側にあるマラーストラナ広場の中に、聖ミクラーシュ教会があります。
聖ニコラス教会とも呼ばれており、教会内には、モーツァルトが演奏したパイプオルガンがそのまま置いてあります。
教会内の回廊はチェコ共和国の象徴でもあり、プラハの穴場インスタ映えスポットとして知る人ぞ知る存在です。
【名前】聖ミクラーシュ教会
【住所】Malostranské nám., 118 00 Malá Strana, チェコ共和国
【電話】+420 257 534 215
【営業時間】3月~10月:9:00~17:00, 11月~2月:9:00~16:00

カレル橋

チェコ共和国の首都プラハの中心部から15分ほどのところにある、有名な観光名所の一つです。カレル橋西側から見るプラハ城と、東側から眺める歩道は、絶好のインスタ映えスポットです。
日中は多くの観光客でにぎわっていますが、日が出始める早朝の人通りが少ない時間帯に行くことで、気に入った写真を様々な角度から気兼ねなく撮影できます。
夜はライトアップされたプラハ城を眺めながら非日常的な空間を楽しめます。
【名前】カレル橋
【住所】Karlův most, 110 00 Praha 1, チェコ共和国
【電話】+420 731 455 512
【営業時間】24時間営業

プラハ城

9世紀から建設が始まり、14世紀に現在の形の原型ができたプラハ城は、チェコ共和国の象徴の一つとも言われています。いくつかの建物が集まっており、3~4時間かけて回っても足りないぐらいの広大な敷地です。
聖ヴィート大聖堂や黄金の小路など、インスタ映えする場所が至る所にあります。大聖堂の中にある大きなステンドグラスは圧巻で、ハプスブルク家の歴史の一端を垣間見ることができます。
【名前】プラハ城
【住所】Karlův most, 110 00 Praha 1, チェコ共和国
【電話】+420 731 455 512
【営業時間】6:00~22:00(敷地内)

さいごに

チェコ共和国の首都プラハには、紹介したインスタ映えスポット以外にも、格式があり荘厳な素晴らしい景色を眺めることができる景観地が多数あります。
言葉だけでは伝えきれないような絶景を目の当たりにし、まるで絵画の中にいるかのような素晴らしい景色の数々に魅了されながら、非日常的な空間を思う存分に楽しみましょう。