Colorful Instagram

7匹のワンちゃんの可愛さがたまらない!

日々のコーディネートが投稿されるのは今やお馴染みとなったインスタグラムですが、インスタグラムで活躍するファッショニスタは人間だけにとどまりません。実は今、犬たちの世界でもおしゃれ旋風が巻き起こっているのです!

確かに犬用のお洋服も、最近では色々なデザインのものが販売されていますよね。愛犬のために服を手作りしてあげる飼い主さんも増えています。今回は、そんな色とりどりのファッションに身を包んだ犬たちの、ユニークな投稿で話題のアカウントをご紹介します。

Menswear Dogさん

思わず「えっ!?」と二度見してしまうこちらの紳士は、柴犬のBodhi。

可愛らしい柴犬が人間のメンズファッションをビシッと着こなしており、何とも言えない良い味を出していますよね。写真を投稿しているのはMenswear Dogさんで、元々はブログで始まったBodhiのファッションショーが今ではインスタグラムでも大人気。

サングラスも笑っちゃうくらいキマってる! Bodhiはアメリカのニューヨーク在住で、お父さんの休日風なリラックススタイルからカッコ良いビジネススーツまで、幅広いファッションを着こなしています。

フォロワーは2018年9月現在で35万人超え。柴犬好きには特にたまらないアカウントです。

Trotterさん

まぁなんて上品な貴婦人…と思ったら、フレンチブルドッグ!しかもこの子は男の子なのだそうです。

写真を投稿している飼い主さんはカメラマンで、さすがプロと称賛したくなるような、アートで見ごたえのある写真が多いのも魅力のひとつ。

ど、どうした…?何があった…?こんな奇抜なファッションも、ワンちゃんだとユーモラスで可愛いですよね。

全体的に人間用のファッションアイテムを使っていて、靴はいつもブカブカです(それもまた可愛い)。

シーズンごとのコスプレもお楽しみ! ミルクで口元が白くなっちゃっている姿になんだか母性本能をくすぐられます。

うっとりとした表情もたまりませんね。胸キュンです。

 

jiffpomさん

カジュアルウェアがキマってるこちらのワンちゃんは、ポメラニアン。名前はJiffで、なんとモデル業に俳優業までこなすスター犬なんです。

映画やコマーシャル、あのケイティ・ペリーのMVにまで出演していて、アメリカでは知らぬ人のいない人気ぶり。

マグカップをじぃっと見つめるこの姿、まるでテディベアみたいじゃありませんか?もこもこしていてとにかくキュート!

そんなJiff君、実は2足歩行が得意で、2015年には最速2足歩行犬としてギネスで世界記録に認定されているんです。

ほかにもほふく前進をしたり、スケボーに乗ったり、お辞儀をしたりと、とにかく器用で芸達者。THE 動くぬいぐるみですね!

Jiff君の飼い主さんは、あくまでもJiff君が注目されることを望んでいるということで、今のところ表には出てきていません。

Jiff君が住んでいるロサンゼルスでは8月20日は「Jiffの日」。記念日にまでなっちゃう最強ポメラニアン、Jiff君の活躍に今後ますます目が離せません!

Geordi La Corgiさん

ボールペンをくわえてドヤ顔!?こちらは賢そうな顔立ちのコーギーの男の子。モデルとして活躍しているだけあって、ポージングも完璧です。

透明感あふれる質感の写真にはファンが多く、フォロワーも33万人を超えています。(2018年9月現在)

メガネがとってもお似合いですね。まるでこのワンちゃんのためにあつらえたみたい!パリッとしたシャツも清潔感があって、雰囲気にとてもよく合っています。

ときには警察官のコスプレも。まるで本当に警察犬として活躍しているかのような貫禄あるたたずまいです。

Geordi La Corgiさんの写真は、余白の使い方も美しいですよね。全体的に洗練されたギャラリーで、犬好きだけでなくおしゃれやアートに関心の高い人にもおすすめのアカウントです。

 

Manny The Frenchieさん

Manny君は、5歳のフレンチブルドッグ。フィリピンのプロボクサーで、世界王者に輝いたこともあるマニー・パッキャオが名前の由来なのだとか。

それを証明するかのように、Manny The Frenchieさんのプロフィール画像には、ボクシングのグローブを装着したManny君の姿が設定されています。

そんなManny君、この日は野球観戦に出かけたようですね。飼い主さんはメジャーリーグ、シカゴ・カブスのファンで、Manny君が住んでいるのもシカゴなのだそうですよ。ストライプ柄のユニフォームがよく似合っていますね!

キメキメのファッションだけじゃなくて、こんな間の抜けた一面も垣間見えるところがManny君の人気の秘密かもしれません。

お菓子とテレビのリモコン片手にソファでだら~ん…「おっさんかっ!」とツッコミたくなるようなManny君のリラックスタイムでした。

Buddy Boo Blue

Buddy、Boo、Blueと名付けられた3匹のワンちゃん。赤ちゃんまで参加してのお揃いコーデです。

こちらはハロウィンの仮装だったようで、ワンちゃんたちのアイマスクが悪党っぽさを際立てています。

3匹の名前をそのままアカウント名にしたBuddy Boo Blueでは、いつも3匹と赤ちゃんの賑やかな日常が投稿されています。

ワンちゃんたちの中で1番有名なのは、ポメラニアンのBooでしょう。サンフランシスコ生まれで、2011年には「Boo:The Life of World’s Cutest Dog」という写真集を出版。

この写真集が大ヒットとなり、Booはたちまちアメリカ中のアイドルになりました。

インスタグラムのフォロワーは54万人(2018年9月現在)、お仕事のほうも「Virgin America」や「Crocs」など名だたる企業と契約を結んで、モデルとして活躍しています。

Crocsはカラフルなサンダルが日本でも大人気ですよね。日本でBooのタレント犬としての活躍を見られる日も近いかもしれません。

Tuna breed:chiweenie

チワワとミニチュアダックススフンドのミックス犬、チウィーニーのTunaは、下あごのシワがチャームポイント。

今ではフォロワー190万人(2018年9月現在)の大人気スターですが、かつてサンフランシスコの街角に捨てられていたところを今の飼い主に拾われたという過去も持っています。

ムキムキの腹筋に視線が釘付け! こんなスーパーマンのコスプレもお似合いです。一瞬Tunaが仁王立ちしているようにも見えて面白いですよね。

 

最後に

おしゃれな着こなしのおすまし顔も、ユーモアたっぷりの笑える表情も、可愛いワンちゃんたちはどれだけ眺めていても飽きることがありません。

意外と「お、これ真似してみたいかも」というコーディネートに出会えたりして、自分のファッションの参考になることもあります。

今回ご紹介したアカウントをはじめ、おしゃれな犬アカウントをフォローして、ぜひみなさんもワンちゃんたちの可愛らしさに癒されてみてください。