赤黒の戦士、北海道コンサドーレ札幌の勇者達

北海道コンサドーレ札幌は1997年12月よりJリーグに承認後北海道札幌市をホームタウンとして北海道唯一のプロフットボールクラブとして活動しています。2016年から社名を株式会社コンサドーレと変更するなど2013年に就任したクラブOB野々村芳和社長のもと、様々なアイディアとアピール力で地域活動に積極的に取り組んでいるクラブです。

稲本潤一

北海道コンサドーレ札幌の守備的MF稲本潤一はこれまでサッカー日本代表と所属してきたクラブで得た豊富な経験をクラブの若い選手に伝えています。北海道コンサドーレ札幌には2015年より加入しており、明るい性格からチームの精神的な支柱として信頼も厚い選手です。中盤の底からボールを奪取してからのロングフィードが得意で、ミドルから打つ強烈なシュートも魅力です。またチャンスを伺い、中盤から前線に上がり、身体を活かした突破力でゴールを奪うプレーも彼の持ち味です。大きな怪我をしても不屈の精神力で復帰するタフなメンタリティーも持ち合わせた選手です。

都倉賢

都倉賢は北海道コンサドーレ札幌の長身FWで身体を使ったポストプレーを得意としたプレイヤーです。ヘディングと左足からのシュートが得意で、2017年のリーグ戦では9得点を記録してクラブのJ1残留に貢献しました。後方からのパスを敵のDFを背にして、味方の攻撃を待つ献身的なプレイで多くのチャンスメイクもしてきています。北海道コンサドーレ札幌在籍3シーズン以上が経ち、クラブ内では頼れるベテランFWとして新加入の選手にも積極的に声をかけ、家庭では良き父として家族とチームの先頭に立ち牽引して行く姿からサポーターからの信頼も高いです。

 

河合竜二

北海道コンサドーレ札幌の闘将、河合竜二はDFリーダーとして相手攻撃陣からの空中戦で絶大な強さを誇るプレイヤーです。ヘディングが強く、守備では相手攻撃陣からの危険なクロスを跳ね返し、セットプレイでは経験から来る絶妙なポジショニングで相手DFの一瞬の隙をつく貴重なゴールで北海道コンサドーレ札幌の勝利に貢献してきた選手です。これまでの豊富なキャリアではJリーグ優勝にも貢献した歴戦の勇者であり、負傷も厭わないプレーが持ち味です。しかし一度ピッチを離れれば良き兄貴であり、社会人で被災地訪問などボランティア活動にも積極的な心優しいプレイヤーです。

神田夢実

神田夢実は北海道コンサドーレ札幌のユースから昇格した攻撃的MFです。2013年よりトップチームに昇格後、2017年から出場機会を求めて愛媛FCへ完全移籍しました。プレースタイルはMFでありながら得点力も高いプレーが特徴で、小柄な身体でも相手選手と競り負けないボディーバランスと、時折見せる非凡なパスでリズムを変えて相手DFの守備を惑わす選手です。北海道コンサドーレ札幌を後にしても愛媛から再び赤黒の戦士として戻って来た選手もおります。年齢も若いためユース出身選手として、北海道で才能を再び発揮できるプレイヤーです。

 

ジェイボスロイド

ジェイボスロイドは2017年北海道コンサドーレ札幌に加入後、同年のリーグ戦出場数14試合で10得点を挙げてクラブのJ1残留と順位を中位まで押し上げた立役者です。イングランド代表の経験もありキャリアも豊富で、若い頃よりイングランドの名門クラブのユース出身選手としてその才能を発揮してきました。北海道コンサドーレ札幌の戦術がワントップのFWにボールを当てる方法のため、ジェイの持つフィジカルと左足からのシュートとヘディングがフィットして、チームには欠かせないピースの一つです。大柄の選手の割には足技も器用で2018年以降も活躍が期待できます。

チャナティプ・ソングラシン

チャナティップ・ソングラシンは北海道コンサドーレ札幌に2017年加入した攻撃的なMFです。タイの英雄として北海道コンサドーレ札幌に入団して得意のドリブルはJリーグでも通用して、2017年の後半戦は主軸として活躍してきました。ドリブル以外でも俊敏な動きで相手守備陣を引き裂き、チャンスメーカーやゲームメーカーとしてチームに貢献しています。北海道コンサドーレ札幌はアジア出身の選手の獲得に熱心で、これまでその実績もあり、クラブとして2人目の東南アジア出身の選手です。小柄な身体から繰り出すスピーディーで独特のリズムでのドリブルは必見です。

 

さいごに

北海道コンサドーレ札幌は地域密着の活動で、地元にも貢献してきたクラブです。長いJ2での期間を経て今後は下部組織からの優秀な選手達をもっと増やし北海道コンサドーレ札幌の底上げを目指しています。明るい選手が多く、インスタグラムでもその様子が見えていて、是非スタジアムでもそんな彼等のプレーと表情を撮影してインスタグラムにアップしてください。