今話題の「中村屋 中華まんミュージアム」ってどんなとこ?インスタ映えスポットはある?

オープンしてすぐに予約でいっぱいとなり、3ヶ月待ちとなった話題のスポット「中華まんミュージアム」。
中華まんといえば寒い季節に食べたくなる、大人から子どもまで大好きな食べ物ですね。
とっても気になる施設「中華まんミュージアム」をご紹介いたします。

中村屋の工場内!「中華まんミュージアム」って?

中華まんミュージアムは、2019年1月25日(金)に埼玉県入間市でオープンしました。
武蔵工場内に作られたミュージアムでは、中華まんの製造ラインを見学したり、中村屋の中華まん開発の歴史を見ることができます。
さらにはできたて中華まんを試食できるので、中華まん好きにはたまらない施設です!

中華まんミュージアムのオープン日、1月25日は実は「中華まんの日」なんです!
1902年1月25日(明治35年)に北海道旭川市で日本最低気温のマイナス41度が記録され、寒い日にはホッカホカの中華まんを食べて温まろう!ということで1月25日が「中華まんの日」に制定されました。
中華まんの日にミュージアムをオープンさせるなんて、粋ですね♪

さらに、中華まんの工場見学ができる施設は「中華まんミュージアム」が日本で初めて!
普段は入ることのできない場所に入れる”ドキドキ感”や、”珍しい体験”が人気でたくさんの工場見学がありますが、「日本初」というだけでテンションが上がりませんか?

そもそも中村屋って?何屋さん??

中村屋とは、月餅やインドカリーで有名な老舗の食品メーカーです。「新宿中村屋」と言われると知っている方も多いのではないでしょうか?
新宿には「新宿中村屋ビル」があり、中村屋直営のレストランの他に美術館やお洒落なサロンなど名店が揃っています。

中村屋の中華まんは、関東で販売される中華まんのシェアナンバーワンの実力なんです!
お馴染みのものとしては、セブンイレブンの「本格ジューシー肉まん」「こだわりの特製肉まん」などが中村屋の中華まんなのですよ!(一部地域除く)

シズル感が凄い!絶品中華まん

中村屋の中華まんは、そのジューシーさやもちもち生地の美味しさから全国のみなさんに愛されています。
疲れた仕事帰りやちょっと小腹が空いたとき、コンビニに寄って手軽に買える中華まんは誰もが一度は食べたことがありのではないでしょうか?

中には肉まんの食べ比べをしているツワモノも!生地の柔らかさや具の食感を比べて食べてるのも楽しそうですね。

そんな大好きな中華まんの製造ラインや歴史を「見て・聞いて・触って」五感で楽しめるのが、「中華まんミュージアム」なんです!

子連れで楽しむポイント!完全予約制で安心♪

中華まんミュージアムは完全予約制。1日2回(10:00~、14:00~)の受付で各回20名までが定員です。
事前に公式サイトから申し込む【完全予約制】なので、「混雑してゆっくり見学できない…。」という心配もなく、お子さま連れでも安心して遊びに行けますね。

施設のエントランスでは、巨大な中華まんがお出迎えしてくれます。オブジェの中は空洞があるので、中に入って写真が撮れちゃいます!巨大オブジェはインスタ映え間違いなし♪

オブジェの他にも中華まんクッションがあり、こちらも小ぶりで可愛い!

施設内では、アンパンマンの作者であるやなせたかし氏が手掛けた可愛らしいキャラクター「ニック」と「アン」が登場したり、ガイドさんが分かりやすく説明してくれるので、小さなお子さまでも飽きずに楽しく見ることができます。
「家族でのおいしい思い出作り」というコンセプトのとおり、ご家族で楽しめるクイズパネルやゲームも用意されています♪

太っ腹!肉まんの試食・お土産付き

製造ラインを見学したりゲームをして楽しんだあとは、武蔵工場内で実際に製造された「本格ジューシー肉まん」を試食できます。できたての肉まんの味は想像するだけでヨダレもの!
工場見学終了後には、中華まんのお土産まで貰えます!お土産の中華まんももちろん武蔵工場内で製造された中華まんなので、思い入れができますね。

「ミュージアムショップ」では、中華まんミュージアムでしか買えない限定グッズを販売しています。「ニック」と「アン」の可愛いイラスト入り月餅や、シールがゲットできます!

これは行くべき!家族連れに「中華まんミュージアム」

工場見学の所要時間は約90分。長すぎないちょうどいい時間で、疲れずに最後まで楽しめます。
入場料が無料なところも嬉しいポイント!駐車場も10台分あるので、車での週末のお出かけにピッタリです。

中華まんミュージアムは、2名以上から公式サイトでWEB予約ができます。
ぜひ日帰りでのお出かけにいかがでしょうか?ご家族で楽しい時間を過ごせますように♪

・入場料
無料

・休館日
水曜日・木曜日・年末年始・夏期工場休業期間(5/1~8月中旬予定)

・住所
〒358-0033 埼玉県入間市狭山台234

・電話番号
04-2935-1592(受付時間:9:30~12:00(休館日を除く))

・駐車場
乗用車10台、大型バス2台

・公式サイト
https://www.nakamuraya.co.jp/factory/