中国・ラサ市のフォトジェニックな寺院を紹介

更新履歴
– 2019-09-24 最新情報を元に加筆修正

写真をいかにきれいに見せることができるかは、インスタ女子にとっては重要な課題です。

撮影場所がいい雰囲気であればよりよい写真が撮れるので、そのような場所が豊富にある中国のラサ市は、インスタグラムにぴったりの場所です。

今回は素敵なインスタ映えのするスポットをご紹介します。見ごたえのある写真を撮ることができますよ。

ポタラ宮

中国ラサ市にあるポタラ宮は、世界最高所にある最大級の宮殿として有名で、世界中から観光客が訪れるスポットです。

標高3,700メートルの高地にそびえ立つ13階建ての宮殿からは荘厳な雰囲気が漂っており、迫力ある写真を撮ることができますよ。

ポタラ宮は歴代のダライ・ラマが執務と居住に使っていた宮殿。歴史ある建物を見ていると、まるで昔の中国にタイムスリップしたような感覚になります。

【名前】ポタラ宮
【住所】35 Beijing Middle Rd, Chengguan Qu, Lasa Shi, Xizang Zizhiqu, 中華人民共和国 850000
【電話】86-891-683-4362
【営業時間】9:30~14:00

ガンデン寺

中国ラサ市のカンデン寺は、チベットのゲルク宗派3大寺院の1つ。3大寺院の中では観光客や参拝者が少ないため、穴場スポットといえます。

ラサ市から42キロメートル離れた、標高4,200メートルもの高地に位置しており、高原特有の広大なスケールを写真に収めることができます。

巡礼路付近にはラサ川が流れているので、ガンデン寺を背景に美しい川の写真を撮ることもできますよ。

【名前】カンデン寺
【住所】中華人民共和国 チベット ラサ タクツェ
【電話】8618080158435
【営業時間】9:00~16:00

ラモチェ寺

中国ラサ市にあるラモチェ寺は、カラフルな外観と高原のコントラストが鮮やかなインスタ映えスポット。チベット最古の修道院で、多くの巡礼者が訪れる場所です。

ラサ市の中では最も個性的な寺院なので、1つ1つの色に注目して写真を撮ってみましょう。

近くで写真を撮る場合と遠くで撮る場合ではまた違った雰囲気になるので、ぜひいろんなアングルを試してみてください。

【名前】ラモチェ寺
【住所】中華人民共和国 チベット ラサ 城関区 邮政编码: 850000
【電話】86-10-8460-5505
【営業時間】9:00~18:00

セラ寺

ラサ市の北部に位置するセラ寺は、15世紀に高僧ジャムヤン・チュジェ・サキャイェーシェーによって創設された豪華で迫力のある寺院です。

金色が目立つこの建物は青空との相性が抜群で、色とりどりの写真を撮ることができます。

毎日のようにお坊さんが巡礼に来られるので「中国の寺院に来ている」という実感がわきます。お坊さんの服装もワインレッド色なので、寺院とのコントラストが抜群ですね。

【名前】セラ寺
【住所】中華人民共和国 Xizang Zizhiqu, Lasa Shi, Chengguan Qu, 色拉中路
【電話】86-891-638-3639
【営業時間】9:00~16:00

トゥルナン寺

中国ラサ市のトゥルナン寺は7世紀に建立された寺院です。

特徴はなんといっても金色の屋根。快晴の日には日光が反射して美しく輝く様子を撮影することができます。

中庭を見下ろすように撮影するのもオススメですよ。

赤と金色を貴重とした建物からは、私たちがイメージする「中国らしさ」を感じることができますね。

【名前】トゥルナン寺
【住所】中華人民共和国 チベット ラサ 城関区 邮政编码: 850000
【電話】86-891-633-6858
【営業時間】9:00~18:00

哲蚌寺

哲蚌寺もチベット仏教ゲルク派の3大寺院の1つ。ダライ・ラマが修行した場所として有名な寺院です。

少し急な階段を上っていった先にある景色はまさに圧巻。
通路は複数あり、それぞれで景色の見え方が変わりますので、行きと帰りで違う道を通るのがオススメですよ。

【名前】哲蚌寺
【住所】中華人民共和国 チベット ラサ 城関区 邮政编码: 850000
【電話】0891-6860011
【営業時間】9:00~17:00

さいごに

今回は中国ラサ市の寺院を6つ紹介しました。どれもカラーバリエーションが豊富なところが特徴でしたね。

中国は他にもたくさんの寺院があるので、自分が気に入った寺院があったら写真を撮りに出かけてみましょう。
さらに詳しく知りたいと思った場合は、公式サイトで詳しい情報が入手できます。

きれいな建物を写真に収めてインスタグラムにアップしましょう!