【インスタグラム】キャッシュ削除で容量を減らす方法は?注意点なども解説!


【インスタグラム】キャッシュ削除で容量を減らす方法は?注意点なども解説!
スマホを日常的に使っていると、インスタグラムの動作がなんだか重くなった、スマホ自体の調子が悪くなったという経験はないでしょうか?

そういった症状が出る原因の一つとして考えられるのが、キャッシュが溜まって容量が圧迫されてしまっていることが考えられます。

そこで、この記事ではキャッシュをによる影響を始めに解説し、キャッシュを削除して容量を減らす方法を紹介していきます。

インスタグラムでキャッシュを削除するとどうなる?

iPhoneを操作している写真

インスタグラムなど通信を行うアプリを使っていると、日々少しずつキャッシュが蓄積されていき、その結果スマホの動作が遅くなってしまいます。

キャッシュを消去をすることには、メリットとデメリットの両方あるので、削除する前に確認しておきましょう。

メリット:動作が速くなる

キャッシュがたまってスマホの容量が圧迫されてしまい、スマホの動作が重くなっていたり、インスタのアプリの動作が遅く、画面遷移がスムーズに行かないなどの症状が起きます。

そんな時はキャッシュを削除することで、容量が軽くなり動作が改善されて早くなります。

ポイント

スマホで快適にSNSを利用するためには、インスタグラムだけでなく、LINEやtwitter、Safariなどのブラウザのキャッシュも定期的に削除することが有効です。

デメリット:下書きが消える

キャッシュ削除をしても、これまでの投稿やフォロワー・DMといったデータはアカウントに保存されているので消えませんが、iOS版のアプリに関しては下書きのみ消えてしまいます。

つまり、Androidの機種を使っている方、iPhoneでも下書きが消えても気にしない方は特にデメリットがないということになります。

キャッシュ削除で容量を減らす方法は?

howto

インスタグラムでは写真を大量に読み込むため、特にキャッシュの容量が大きくなりやすいです。そのため、定期的にキャッシュを削除をして快適にインスタグラムを利用することができます。

キャッシュを消去する方法は、iPhoneとAndroidで異なるのでそれぞれ紹介していきます。

iPhoneの場合①アプリをアンインストールする

まずiPhoneの場合、アプリのキャッシュを削除するには、インスタグラムのアプリを一度削除し、もう一度アプリをインストールし直す作業が必要です。

インスタグラムインストール

再インストールするにはまず、iPhoneのホーム画面のインスタグラムのアプリを長押しして表示されるメニューから「Appを削除」を選択してアプリ自体を消去します。

削除したら「App Store」から「Instagram」と検索して、再びアプリをインストールすれば完了です。削除して入れ直すという単純な作業です。

iPhoneではアプリを削除すればキャッシュも一緒に削除されるので、これで動作が軽くなるでしょう。

注意点

インストール時にはアプリのダウンロードをするので、容量の大きい通信を行います。
速度制限が心配な方はWi-Fi環境下で行うことを推奨します。

iPhoneの場合②端末のキャッシュを削除する

iPhoneのアプリ以外に端末に溜まっているキャッシュも削除するとより、端末自体の動作が軽くなるのでインスタグラムの動作も安定するようになります。

キャッシュ削除 まずはiPhoneの設定画面を開き、真ん中ほどにある「Safari」をタップし、下の方にスクロールすると表示される「詳細」をタップします。

一番上に「Webサイトデータ」という項目があるのでこちらを選択します。

キャッシュ削除

今まで溜まったWebサイトデータの一覧が表示されるので、一番下までスクロールすると「全Webサイトデータを削除」が表示されるのでタップします。

削除しても良いかという確認のポップアップがでてくるので、「今すぐ削除」を選択すればキャッシュはクリアされます。

ポイント

Webサイトデータというのはキャッシュの事なので、ログイン情報などのデータを保存しているCookieは削除されないので安心してください。
それでも不安な方は一覧から容量が大きいデータのみ削除するという方法を取ると良いでしょう。

Androidの場合:端末のキャッシュを削除する

Androidのスマートフォンで、インスタグラムのアプリのキャッシュを削除する場合は、アプリを再インストールしなくてもキャッシュのみ削除することが可能です。

まずは設定画面を開き、「アプリ」⇨「Instagram」⇨「ストレージ」⇨「キャッシュを消去」とタップして行くとキャッシュの削除が完了します。

この他にもキャッシュが溜まっているアプリを確認することができるので、Androidではキャッシュが簡単に消去することができます。

キャッシュを削除する際の注意点は?

注意

キャッシュの削除をすることは良いことばかりのように思えますが、注意しておかなければならない点もあります。

そもそもキャッシュというのは、スムーズにアプリを利用できるために再読み込みをすぐに行えるように保存されたデータです。

削除することによって、再度読み込むデータがあるので、その量に応じて通信量が一時的に増加するので速度制限になりやすい点、読み込むための時間分だけ動作がかかってしまうという点は注意しておきましょう。

iOSの場合は再ログインが必要になる

iOS版のインスタグラムアプリを削除、再インストールしてキャッシュを削除した場合、改めてアプリを起動するとアカウントに再ログインする必要があります。

もしログイン情報を忘れてしまうと少し面倒になるので、iPhoneの方はログイン情報を事前に確認しておくように注意してください。

ちなみに、Android版はアプリを削除しないでもキャッシュクリア可能ですし、アプリを再インストールしても再ログインの必要はありません。

ポイント

ログイン情報とは、「ユーザーネーム」または「電話番号・メールアドレス」と「パスワード」の事です。
これらがわかっていない場合はログイン可能な段階でパスワードをリセットしてから再インストールすることをお勧めします。

まとめ

iPhoneを持っている写真

インスタグラムもそうですが、日欧的に利用するSNSは動画や画像を見たり送信することが当たり前になっているので、かなりのキャッシュが溜まりやすくなっています。

その為、定期的にキャッシュを削除をすることで、容量が軽くなり、でインスタグラムの動きを安定させる事ができます。ただし、アプリの再インストールをしすぎて通信制限にならないように注意しましょう。

容量が圧迫されてしまうと、スマートフォン本来のパフォーマンスが発揮できず、アプリが落ちてしまう等の不具合が頻繁に起きてしまうのでキャッシュを意識してみましょう。