ボラカイ島再開場!海外旅行を考えているならボラカイ島に行くべき!

一年の観光客が2百万人に至る全世界人の休養地、ボラカイ島。しかし、2百万人という観光客を誇るだけあって、非良心的な観光客も少なくありません。

おかげでボラカイ島は年中溢れる人の比例するゴミの量に頭を悩ませていました。

おかげでフィリピン政府はボラカイ島に臨時閉鎖勧を設け、徹底的な浄化作業に取り組みました。今回、そんなボラカイ島が再開場したのです!


 

何故ボラカイ島は臨時閉鎖されたのか

今年の春まで、ボラカイ島と言えば誰もが思い浮かべるエメラルド色のビーチは見当たりませんでした。

それどころか、ビーチには緑藻が立ち込んだ緑色の波がうえるばかり。あまりにも酷い環境汚染にがっかりする観光客も少ないありませんでした。

また、毎晩出てくるゴミの量は目を疑ってしまう程の量。おかげでビーチには野良犬や野生動物が蔓延し観光客の安全を脅かしました。

この様な深刻な自然汚染問題により、フィリピン政府は6ヶ月間ボラカイ島を閉鎖し、徹底的な環境浄化作業を始めたのです。

その間、世界どこからも観光客は受け入れなくなり、ボラカイ島は幻の観光地として記憶に残りました。

新しく誕生するボラカイ島

フィリピン観光庁によると、今年の4月観光浄化のために閉鎖したボラカイ島が10月26日再開場される予定だそうです。しかし、新しく設けた環境基準を満たす一部施設のみ開催を許されます。

ビーチや海水は既に結構浄化作業が完了していて、現在はビーチ周辺の非舗装道路を手がけているそうでう。新しく舗装された道路のおかげで前は歩いて向かったビーチに車を乗って向かう事も可能になりそうです。

また、島の住民が3万5千人という事を考え、滞在観光客数も1万9千人あまりに制限されます。このせいで、過去安く泊まれた民泊などは営業禁止処分が下されたと言います。

ボラカイ島の宿泊をサーチしてみると、今年の春を起点に何も出てこなかったホテルリストが再び挙がっている事がわかります。10月26日以降の日程で予約をする事も可能になりました!


 

ボラカイ島に行くベストなタイミングは?

ボラカイ島に旅行するベストシーズンは、12月から5月です。国内は冬~春なので寒く乾燥していますが、この時期のボラカイ島はまるでパラダイス。

乾燥期であるため雨も降らず、波も静まっているので色んなツアーを楽しむ事ができます。

しかし、ボラカイ島の再開場直後はダイビングなどのアトラクションは利用できない可能性が大きいです。色んなアトラクションを楽しみたい方は、再開場3ヶ月後である来年の1月を狙いましょう!

それでは、10月末からボラカイ島旅行を計画している方々のためにホテルをオススメします!

Shangri-La’s Boracay Resort & Spa リゾート

ボラカイ旅行は、シャングリラホテルに泊まるか泊まらないかでその感動が数倍も変わるという事で有名!

そんな噂に相応しいシャングリラホテルは、5つ星ホテルのオーラーを存分に吹き出しているラグジュアリー感溢れる高級ホテルです。

しかし、10月からの予約はまだまだ満たされていないので、予約をするなら今がチャンスです!レギュラーからファミリータイプまで色んな部屋があるので一番オススメしたいホテルです!

Henann Garden Resort

1万円代で最も優れた質と、最適な位置にあるHenann Gardenリゾートは、場所やルームコンディションにより値段さがあります。

何と言っても、このリゾートの最も優れたところは広い屋外プールと観光地へのショートカット。

屋外プールのビーチチェアに見を委ね紫色に染まる夕焼けを見上げる時間は人生の中でも別格な記憶として残るでしょう。

Mövenpick Resort & Spa Boracay

駅とダウンタウンのど真ん中にあるMövenpick Resort & Spa Boracayは、無料シャトルバスも完備されていて優れたアクセシビリティを自慢します。

宿泊の値段も1万円後半という比較的安い価格で予約する事ができるので、若いカップルにも大人気。まるで5つ星ホテルの様なサービスとアメニティが完備されています。


 

さいごに

夏は忙しくてどこも行けなかったけど、今年の冬は温かい南の国へ旅行したい!と思っていた方へ贈る今回のボラカイ特集記事、如何でしたか?

ひょっとしたら国内旅行よりも安く楽しめるフィリピンのボラカイ島。再開場した幻の観光地に歴史的な第一歩を残してみませんか?