Colorful Instagram

BIGBANGのメンバーはなぜあんなにカッコイイのか?インスタグラムから徹底解剖します!

 

 

 

 

 

 

更新履歴
– 2018-06-18 最新情報を元に加筆修正

 

今世界で人気のアイドルグループだと言っても過言ではないのが「BIG BANG」。
彼は韓国人の5人組のグループで韓国や日本はもちろんのこと、アメリカやカナダ、ヨーロッパなどでも今や人気なんです。そんな彼らは、なぜそこまで世界中から愛されるのかを徹底解剖していきたいと思います!

BigBangのリーダーG-DRAGON

まずはじめに紹介するのは、いまや世界的なアーティストグループとなった「BIGBANG」のリーダーである【G-DRAGON】さんです。

韓国出身のアイドルとして日本で大ブレイクしたのは数年前。いまでは国際的なアーティストとして、音楽活動だけではなくファッション界でも大注目のG-DRAGONさんですが、そのカッコ良さの秘密はどこにあるのでしょうか?

G-DRAGONさんは、韓国出身で、日本や中国などアジアを中心に活躍するスターアイドルです。

生年月日は1988年8月18日の獅子座で、血液型はA型。「BIGBANG」ではラップやボーカル、ダンス、作詞作曲、プロデュースなど、あらゆるパートを担当するリーダーであり、音楽業界のみならずファッション界も含めて世界中で大注目の存在です。

本名は權志龍(クォン・ジヨン)で、G-DRAGONという名前は、本名のジヨンを漢字表記にした「志龍」から引用したもので、ジヨンのアルファベット頭文字G、龍→DRAGONという表記を由来としているそうです。

 

ソロ活動でも圧倒的な存在感

2017年、最年長メンバーのT.O.Pさんが韓国の兵役制度の為に軍に入隊しました。また、来年以降もメンバーが入隊と除隊を繰り返す予定があるため、「BIGBANG」が完全体のグループとして活動を再開するのは、最年少のメンバーのV.Iさんが除隊するまで数年間はみられないと言われています。

そんな中、過去にも精力的に活動を行っていたG-DRAGONさんが、ソロカムバックを果たすことが発表されました!

今までもグループ活動を続けながら、ソロとして2009年に「Shine A Light」、2013年にはワールドツアー「ONE OF KIND」とコンサートを重ねてきましたが、今回は第3回目のソロコンサート「母胎」が開催されると、公式にアナウンスがありました。

グループとしての「BIGBANG」ファンはもとより、G-DRAGONさんのソロ活動を楽しみにして来たファンにとっては待望のコンサートとなること間違いありません!尚、コンサート「G-DRAGON 2017 CONCERT:母胎」は6月10日、ソウル上岩(サンアム)ワールドカップ競技場で開催される予定です。

シャネルなど世界中のファッション関係者も大注目

instagramでもひとつひとつの投稿が注目されるG-DRAGONさん。その唯一無二のファッションセンスは、韓国や日本のみならず世界中のファッション関係者が注目しています。2017年の1月には世界的ブランド・シャネルの「CHANEL 2017 春夏 オートクチュールコレクション」に出席されました

CHANEL公式HPでも、「2017春夏 プレタポルテ コレクションのツイード ジャケット」を着用しているG-DRAGONさんの写真が公開されています。

またフランスの雑誌「Vanity Fair」では、世界的アーティストのファレル・ウィリアムス、ウィル・スミスの娘ウィロー・スミスらと共にグラビア写真が掲載されました。G-DRAGONさんは、アームに金色のファーが装飾されたコート、黒のワイドパンツを合わせたファッションで注目を集めています。

シックな表情が超カッコイイ

美しくシックな表情がたまらなくカッコイイG-DRAGONさん。優しい雰囲気でファンを癒やしてくれるところも魅力ですが、他を圧倒する程の鋭いアーティストオーラが溢れていることで、彼が自身の写真を投稿するたびにファンからは黄色い悲鳴があがっています。

「JUST DO IT」と書き込まれたこの写真も、ファンにとってはたまらない1枚ではないでしょうか。

まさかの「ピンクファッション」でも着こなしてしまう

こちらはギャラリーを訪れた際の1枚です。普通の人は先ず着ないであろう、まさかのショッキングピンクのファーコートも、彼が着ると抜群におしゃれに見えてします。

ショッキングピンク以外は全身ブラックスタイルというところも、とてもカッコイイです。

趣味はスニーカー収集!

ファッション好きの方にはよくあることかもしれませんが、G-DRAGONさんの趣味のひとつはスニーカー集めです。

そのコレクションは韓国の番組でも公開される程に数多く、リミテッド版などの貴重なスニーカーも豊富に揃っているそうです。

世界的ブランドと交流のあるG-DRAGONさんの自宅には、自分で買わずともブランドから貰い受けた限定スニーカーなどが多数飾られているそうです。

ワイルド&タフな姿も最高

白黒写真に写るG-DRAGONさん。ニット帽にワイルドな髭をたくわえたスタイルが素敵です。普段のアーティスティックな姿もカッコイイですが、こんなタフな姿もファンにはたまりません!

キュートな一面に悶絶

特にコメントもなく投稿されたこの写真。バスタブに浸かっていてセクシーな姿ですが、それ以上に、ワイルドなヒゲのG-DRAGONさんと可愛いアヒルの人形とのギャップがたまらい1枚となっています。

G-DRAGONさんがたまに見せるキュートな一面に「可愛い!」とファンはメロメロです。

親孝行もスケール大

G-DRAGONさんの年収は、著作権料だけで約8千万円といわれています。それだけでも驚きですが、なんとその膨大なお金を両親に全て渡しているというエピソードがTV番組で取り上げられ、非常に話題になりました。

取り上げたのは韓国のTV番組「名簿公開2017」で、G-DRAGONさんを「親孝行物語の主人公」と称し、芸能界きっての親孝行スターとして褒め称えました。

13歳の時に練習生として生活を始めたG-DRAGONさん。両親の応援がなければ、6年間という長い下積み時代を乗り越えることはできなかったのかもしれません。
その感謝の気持ちが、一般人には到底真似できない“スケール大”の親孝行へと繋がったのでしょう。

ちなみに収入を全て渡しただけでなく、海外公演に連れて行ったり、超豪華なペンションをプレゼントしたりもしたそうですよ。

 

 

SOLとは?

SOLさんは、韓国出身で、世界をまたにかけて活躍するアーティストグループ「BIGBANG」のメインボーカルを担当しています。甘く優しい、抜群のリズム感のある歌声、黒人のようにキレキレで力強いダンスが見る人を魅了します。

また落ち着いた人柄に隠れがちですが、彼の投稿や言葉のふしぶしからは音楽活動や仲間・ファンに対する熱いハートを感じることが出来ます。

生年月日は1988年5月18日、本名はトン・ヨンベ。このヨンベという本名についてご本人は、かなり古い名前だそうなのであまり気に入ってはいないようです。またベビーフェイスのため「べべちゃん」などと呼ばれることもあるよう。

日本での活動名「SOL」は「Solar(太陽)」という言葉を由来としていて、韓国では同じく太陽を意味する「テヤン」という名前で活動しているようです。

夢はマイケル・ジャクソンのように世界中に感動を与える歌手になること

SNS上で「マイケル・ジャクソンの『this is it』をもう一度観ている、とても恋しいです!」と投稿したり、ソロアルバムをリリースした際のインタビューでは「歌手として音楽的に常に影響している人はマイケル・ジャクソンだ」と答えるなど、「キング・オブ・ポップ」と呼ばれた人物を尊敬してやまないことを告白しています。

実際、その高く美しい歌声や、キレのあるダンスは、故人を彷彿とさせるものがあるのではないでしょうか。

完成された肉体美

「BIGBANG」の中でも、その均整のとれた肉体が特に美しいSOLさん。その身体を維持する為には、かなり強度の高いウエイト・トレーニングをしているのかと思いきや、彼が取り組んでいるのは別のトレーニングだそうです。

2013年のインタビューでは、激しいトレーニングでムキムキになるのは、後々、大変になるとして、ヨガやピラティスに取り組んでいると話しています。見た目のみを追求したトレーニングよりも、ダンスなどのパフォーマンスに活かされる体作りを意識されているのではないでしょうか。

実際に、トレーニングはかなりハードなものらしく、ときには泣いてしまうこともあると告白しています。そして彼が重要としているのは、食事に関しても気を遣っているようで、体作りの基礎となる部分からしっかりと取り組んでいるようです。

目に見えない部分までしっかりと考えて取り組む姿勢が、彼の高いパフォーマンスを発揮する秘訣なのでしょうか。

奇抜なヘアスタイル、帽子も大好き

個性的なヘアスタイルが多い「BIGBANG」のメンバーなかでも、アーティスティックなヘアスタイルがカッコイイSOLさん。時には鏡をみて後悔することもあると語っていますが、そのヘアスタイルのひとつひとつは、彼にしか出来ない唯一無二なものです。

ヘアスタイルにこだわりをみせる一方、ご本人は帽子好きであることも公言しており、実際に彼のinstagramでは帽子スタイルの写真もたくさんみることができます。多彩なスタイルをみせてくれるSOLさんの投稿が、ファンの方にとって楽しみのひとつなのではないでしょうか。

日本語も上手!

現在、「BIGBANG」の中で日本語が上手いメンバーとしてはV.Iさんの名前があがりますが、じつは「BIGBANG」が日本進出した際に日本語トークを担当していたのがSOLだったということを覚えている方もいるのではないでしょうか。

もともと、中学の時に第2外国語として日本語を勉強していたというSOLさん、練習生時代にも継続して日本語を勉強されていたそうです。日本語で歌うときの発音も、かなり上手な印象がありますよね。

いまではV.Iさんに日本語トークをゆずっていますが、たまにはSOLさんがメインで話しているところも観てみたいです!

メンバー思いな内面も男前

普段からメンバーの写真を多く投稿するなど、その愛情の深さがハンパではない様子のSOLさん。デビュー10週年を迎えた際のインタビューでは、「僕たちは10年間も一緒に過ごして来ました。

メンバーそれぞれと過ごした時間は違うものですが、彼らとは10年以上の知り合いです。彼らとは人生の半分以上を共に過ごして来ました。私が家族と共に過ごす以上に、彼らと長い時間を一緒に過ごしてきたので、彼らは家族以上の存在です。

そして今、メンバーは親密な関係を持ち、お互いに信頼しあっていて、そして愛し合っています。私はメンバーのいない人生を想像する事が出来ません。彼らは本当にかけがえのない大切な親友で、彼らと生涯にわたる仲間です。彼らと永遠に一緒にいられるように、私は毎晩祈りを捧げます」と秘めた胸の内を告白しています。

韓国にある7年目のジンクスを突破し、10年以上にわたって活躍し続ける「BIGBANG」の秘訣を垣間見れる投稿だったのではないでしょうか。

特にG-DRAGONさんとは

メンバー思いのSOLさんですが、特に、練習生時代から共に過ごしてきたG-DRAGONさんとはまさに親友とも言うべき絆があるようです。G-DRAGONさんも、BIGBANGの自叙伝である「世の中に君の大声を張り上げて」の中で、「もし僕が死ぬ時、最後にそばで見守ってくれるただひとりの友人を挙げるとすれば、迷わずにSOLを選ぶ。いつも感謝している友だちだ」とその存在の大きさを述べています。

10年間支えてくれたファンへ向けてのメッセージ

2016年の年末、SOLさんは10週年を迎えるにあたって、支えてくれてきたファンへメッセージを贈りました。「この10年間で本当に多くのことが起こり、多くのことが変わりました。

けれども、決して変わらないものがあるならば、それは僕たちがどんな姿・状況になっても、最後までありのままの僕たち5人を愛し応援しくれた皆さんの心なのではないかと考えます。

皆さんの心ひとつひとつが今のBIGBANGという木を育て、想像しうるものから想像出来なかった多くのことの実を結んでくださったと思っています。本当にありがとうございます。“ありがとう”という言葉以外に、私の感謝の意を表すものが無いことが残念でなりません。

これから先の10年間、BIGBANGはあなたが疲れた時によりそうことが出来るよう、強く大きな樹となっていつでも心に立ち続けます。」という内容の文章が、ファンひとりひとりへ向けて発信されています。

T.O.Pとは?

T.O.Pさんは韓国出身で日本や中国などアジアを中心に活躍するスターアイドルユニット「BIGBANG」のビジュアル&ラップ担当。グループでは最年長で、メンバーの兄貴的存在である。

また俳優としても活動しており、主演した映画では数々の映画祭新人賞を受賞。アイドル歌手出身の俳優として初の快挙を成し遂げた実力派俳優としての一面を持っています。

そんなT.O.Pさんは2017年2月9日、韓国の兵役制度の為、軍へ入隊しており、現在は音楽活動を休止しています。ファン待望の活動復帰は、2018年11月頃の除隊後だと予測されています!

T.O.Pさんが所属する「BIGBANG」は韓国出身の超人気アイドルグループです。近年ではアイドルを超えたアーティストグループとして世界的な評価を得ています!

YG ENTERTAINMENTに所属し、2006年に韓国でデビュー。2007年には、韓国音楽界で最大級の賞「M.net KM Music Festival 2007」にて数々の賞を総ナメにしました。韓国で大成功した後、日本では2009年にメジャーデビュー。本格的な日本での成功を目指して、メンバーは東京で共同生活をしながら活動をしていました。2016年には、日本国内で最多の年間観客動員185万人を達成しています。

”彫刻のよう”と形容される圧倒的なカッコ良さ

「BIGBANG」ではビジュアル面を担当するT.O.Pさん。その圧倒的に格好良いビジュアルは、“彫刻のよう”と形容されています。足を組んで優雅に座っている写真の姿は、落ち着いたダンディズムも感じられます。

また端正な顔立ち・均整のとれた肉体美は、女性ファンならずとも男性ファンもホレボレするようなビジュアルを誇っています!しかしながら当の本人は自身の肉体をみせることについて消極的で、ライブでメンバーが上半身はだかになる場合でもT.O.Pさんだけは滅多に脱ぐことはないそうです。

理由については諸説あるようですが、ご本人ははぐらかすことが多いよう。自分で納得のいく肉体になるまでは、他人にはみせられないということでしょうか!?

奇抜な髪型がアーティスティック!

ピンクのヘアスタイルも超カッコイイ! とファンが絶賛するピンクのヘアスタイル。多くの人々が挑戦を躊躇してしまう派手なスタイルも、T.O.Pさんの場合は圧倒的にカッコ良いアーティストオーラが出てしまいます!

ファンからは奇抜なヘアスタイルも、好意的に受け入れられているようです。

 

アート系ファッションも目を引くカッコ良さ

ピンクのヘアスタイルの前にしていた、シルバーのヘアスタイルを引き立たせているのは、青・赤・緑といった原色系の色合いのシャツ。何気なく着こなしているスタイルですが、かなりオシャレ指数の高いスタイルなのではないでしょうか!?

ローアングルから撮った写真ならではの、シャープなフェイスラインやスッと通った鼻筋がよりいっそうカッコ良く見えます。

傷メイクでもワイルドなカッコ良さ

中国とドイツの合作映画「Out Of Control」を撮影中、顔に傷メイクを施した姿をインスタに投稿しました。

額や鼻についた傷メイクは、本物のような精巧さで若干痛そうですが、傷を負いながらも優しく微笑むT.O.Pさんのワイルドなカッコ良さが際立った写真です。

パスポート写真まで!

instagramでは常にカッコイイ姿をみせてくれているT.O.Pさんですが、国境を超える際に入出国審査員にもドキドキを提供していることが分かりました。

投稿されたパスポートにはT.O.Pさんの名前・国籍・生年月日・性別・発行日などと一緒に、顔写真が写っています。よく、気の抜けた顔で写ってしまい黒歴史になってしまうこともあるパスポート写真ですが、T.O.Pさんの写真には一部のスキもありません。

品良く整ったヘアスタイル、ブルーのチェックシャツに黒系のピシッとしたネクタイをあわせたスーツスタイルで、まっすぐレンズに向かう凛々しい眼差しが最高にクールです。

可愛らしい子供時代の写真も!

コップを持った子供時代のT.O.Pさん。あどけない表情と、ぷくっとした印象が子供らしくとっても可愛い1枚となっています。その中でも、凛々しい眉毛やスッと通った鼻筋などは現在のT.O.Pさんに通ずるような面影が残っています。

デビュー前に過酷なダイエット敢行し、「BIGBANG」のいち員となった経験を持つT.O.Pさん、デビュー前にもアンダーグラウンドのラッパーとして活動していた時代もあるそうです。そんなT.O.Pさんがダイエットを決意するきっかけとなったのは、現在所属するYG ENTERTAINMENTのヤン・ヒョンソク代表から「デビューしたかったら痩せなさい」という言葉で、そこから過酷なダイエットを成功させたそうです。

今でもその身体をキープ出来ているのは、ストイックな生活を実践されているからでしょうか!

芸術家として活動する一面も

「大建築の父 2016 ル・コルビュジエソウル特別展」という書き込みと一緒に投稿されたこの写真。

パンフレット内の人物と同じデザインのアイウェアを着用し、シンプルなシャツを合わせたこのスタイルは文化に親しむ紳士的な印象を受けます。元々、ご家族が絵を描く一家に育ったT.O.Pさん。子供時代の彼にとっては絵画に触れることは生活の一部で自然なことだったようです。

そんな子供時代には、絵を描くことを習っていたというT.O.Pさんですが、次第に音楽的な表現や演技することの愉しさに魅力を感じ、その道に進んでいったそうです。

しかし、音楽や俳優活動を続ける中でも芸術への関心を持ち続けていたT.O.Pさん、2015年にはアジアの才能あふれる芸術家を発掘し後援するイベント「プルデンシャル・アイ・アワード」で、ビジュアルカルチャーアワード部門を受賞し、現在では家具デザイナーとしても活動をされています。

芸術に親しむ文化的な生活

家具デザイナーとしてなど芸術家としての一面を持つT.O.Pさんですが、そのご自宅はさながら美術館のような空間になっているようです。

芸術的作品を集めるようになった理由を、ご本人は「仕事をするうえで辛抱し、こらえてきた感情が、絵を観ることで慰められる」と述べています。またBIGBANGメンバーのD-LITEさんは「以前には躁うつ症と言っても過言ではないぐらい感情の起伏が激しかったが、絵を観るようになったことで安定した」とも述べています。

その作品を収集することについて収入のほとんどを芸術作品の為に注ぎ込んでいるそうです。

メンバー想いの兄貴的一面も

2017年2月に韓国の兵役制度の為、軍へ入隊したT.O.Pさん。入隊の直前にはメンバーと写った写真を投稿し、愛するメンバーたちへの想いを明かしました。「会いたいよ弟たち。とても会いたいけど、会わずに入るよ」と自身の気持ちを吐露しています。

公開された写真は楽屋とおぼしき一室で撮影されたもので、楽しそうな雰囲気がメンバーとの絆の深さを物語っています。この投稿に対して、メンバーのG-DRAGONさんやSOLさんも「会おう、お願いだからFaceTimeでもいいから、兄さん」「お願いだから会おう、お願い」と応じており、メンバーの愛情にファンも心を打たれています。

日本のファンへのメッセージ「また戻ってきます」

2016年12月30日、日本公演を終えたT.O.Pさんが日本語で「とうぶんのお別れです。元気でいてください。すごく会いたくなると思います。その恋しい気持ちをもってさらに成長し、また戻ってきます。Good night V.I.P Japan」という投稿をされました。

投稿は動画になっており、動画を観ているファンへ向かってハートマークを届ける姿を見ることができます! T.O.Pさんが復帰する予定の2018年11月が待ち遠しいです!

D-LITEとは?

韓国出身で日本や中国などアジアを中心に活躍するスターアイドルユニット「BIGBANG」のボーカル担当。ハスキーで音域の広い歌声、大きなライブ会場でも響き渡る声量が魅力的です。またグループ内ではバラエティ担当のポジションにおり、その礼儀正しさと愛嬌のある性格が多くの人々に受け入れられています。

D-LITEさんの本名はカン・テソン。韓国では「テソン」という名前で活動しているようです。D-LITEという名前は、「Delight=楽しませる」という言葉が由来となっており、その言葉通り、多くの人々に笑顔を与えてくれる存在です!そんなD-LITEさんはソロ活動もしており、最近では2017年4月に日本で初のソロドームツアーが開催されました!

誰もが認める歌唱力と人柄の良さ

その愛らしい天使のようなキャラクターでTV番組でも大人気のD-LITEさん。そのキャラクターについてG-DRAGONさんは「D-LITEのバラエティへの才能のおかげでBIGBANGは成功することができた」と、BIGBANGにとって不可欠な要素であることを公に認めています。

そんな愛すべき人物であるD-LITEさんですが、歌手としての実力も誰もが認めるところであります。その実力はデビュー前から評価されており、BIGBANGとしてデビューする前に行われたメンバー選考において、既にメンバー入りが決定していたG-DRAGONさん・SOLさん以外のメンバーでは唯一、審査員からの満場一致を得て選考され、晴れてBIGBANGとしてメジャーデビューすることになったというエピソードがあります。

現在、歌唱力の高さは音楽業界でも有名で、高音域まで出るパワフルで独特な歌声、歌とハマったときの鳥肌が立つような気持ちの良い響きが人々を魅了しています!

また日本語がとても上手で、J-POPのカバーアルバム「D’scover」では日本語の歌詞を完璧に歌いこなしています!

日本語をコツコツ勉強するような真面目な姿勢が、みんなに好かれるひとつの要因なのでしょうか。

ファン待望!日本でのソロドームツアーが開催!

2017年4月15〜16日のメッツライフドーム公演から、初となるソロドームツアー「D-LITE JAPAN DOME TOUR 2017 ~D-Day~」をスタートさせました。

ドームツアーの開催を祈念して発売されたソロミニアルバム「D-Day」が発売初秋に38,016枚の売上を記録し、オリコン週間CDアルバムランキング初登場1位を獲得しました。この作品で、2作目・2作連続でのオリコン週間CDアルバムランキング首位獲得となり、海外男性ソロアーティストによる2作のアルバム首位獲得は、故マイケル・ジャクソンの3作に次ぐ記録達成となったのです!

2017年から韓国の兵役制度によって、メンバーが軍への入隊を余儀なくされている「BIGBANG」。全員が揃っての活動が制限されているなか、メンバーそれぞれのソロ活動での飛躍が見られるのではないでしょうか。D-LITEさんの次作での3作連続首位獲得も期待されます。

先輩からも愛される実力派の後輩

その人懐っこいキャラクターから誰からも愛されているD-LITEさん。この写真からは、事務所の先輩である大スターアイドル・SE7VENさんと親しい間柄がよく伝わってきます。

また、2人とも笑顔でピースサインをしている写真と、D-LITEさんの新作を合わせての投稿に、どれだけD-LITEさんが愛されているのかがよく分かります。D-LITEさんの誠実な人柄が現れた投稿ではないでしょうか。

普段からサービス精神旺盛!? おもしろショットも

またしてもG-DRAGONさんのinstagramに登場したD-LITEさん、今回は「テソン寿司屋」と書かれた店前でポーズをとっている姿が投稿されています。

「最高の味と真心でお応えします」というコメントがつけられた投稿からは、G-DRAGONさんのD-LITEさんへの愛情がうかがえます!

ファンからは「愛してる」「テソン兄さん!」といった、親しみをこめたコメントで溢れています

コスプレまで挑戦する心意気

韓国の人気企画「プロデュース101」の制服を来て女子高生コスプレを披露したD-LITEさんとV.I.さん!投稿したV.I.さんは「ピックミー・ピックミー・ピックミーアップ 私もセンターをやりたい」とコメントしており、ノリノリの笑顔でポーズをとっている2人の姿が印象的です。

ソロ活動もメンバー同士で応援

写真は日本で開催されたD-LITEさんのコンサートを応援しにきたG-DRAGONさんの投稿で、D-LITEさんの笑顔をモチーフにしたグッズを身に着けて仲良しな姿が印象的です! このときの武道館コンサートも1万3千人もの観客を動員し、大成功のうちに終えたそうです。

ぬいぐるみと一緒でかわいい!

「BIGBANG」単独コンサートが終了した直後の1枚です。YG ENTERTAINMENTの代表キャラクター「KRUNK」のぬいぐるみを抱えたD-LITEさんとV.I.さんの姿はとても愛らしく、モノクロのカッコイイ衣装とのギャップが素敵な1枚となっています。

可愛らしい子供の頃の写真を発見

こちらの写真は、D-LITEさんの誕生日にG-DRAGONさんが「誕生日おめでとうD-LITE」というコメントと共に投稿した1枚。現在のD-LITEさんの面影を感じる1枚に、ファンの方は感激の1枚ではないでしょうか!? また親しみやすそうな表情がいまと変わらず素敵です!

SNSをやらない理由とは!?

明るく親しみやすいキャラクターのD-LITEさん、SNSをやらない理由として「いま自分の性格とよく合わない」「もともと自分のことを話すのがあまり好きではない面がある」「写真を撮ること自体があまり好きではなく、セルフショットも恥ずかしくなるので好きではない。

ファンの方々もじれったく思うのではないか」といったことをあげており、謙虚でシャイな一面をうかがうことができます。しかし、絶対にやらないと決めているわけではなく、いつかやるかもしれないと話しています。ファンとしては少しでも早くSNSをやってほしいところではないでしょうか!?

まとめ

素敵な笑顔と、ハスキーで力強い歌唱力が魅力のD-LITEさん! バラエティ番組などでも人々を笑顔にするなど、周りの人達を大事にする姿は愛しくもあり、とてもカッコイイですね! ご自分でSNSをやられていませんでしたが、彼を愛する人達の投稿で、色々なD-LITEさんの姿をみることができました! これからも笑顔のD-LITEさんを見られることがとても楽しみです! いつかご本人がSNSを始めて情報発信してくれる日がくるのでしょうか。ファンとしては待ち遠しい限りです!

V.Iとは

V.Iさんは韓国出身で世界中をステージに活躍するアーティストグループ「BIGBANG」のボーカル担当。日本では特にバラエティ番組などで親しみやすいキャラクターが大人気なV.Iさんですが、ソロ活動では甘い歌声とキレのあるダンスを披露するなど、実力派アーティストとして活躍されています!

「BIGBANG」のデビューオーディションでは、歌唱力よりもダンスの実力が目立ってしまった為、「我々はダンサーではなく歌手を選びたい」という理由で脱落してしまいましたが、敗者復活戦において歌手としての実力も披露し、ヤン社長から「歌が上手だ」と太鼓判を押されてのデビューが決まりました!

本名はイ・スンヒョン。日本での活動名「V.I」は「VICTORY(勝利)」という言葉を由来としているそうです。韓国での活動名は「スンリ」で、これも韓国語で「勝利」という意味の言葉だそうです。

メンバーも認める努力家な一面も

メンバーの中で最年少であるV.Iさん。そのBIGBANGとしての歩みは、偉大な先輩に負けないよう常に努力することが求められていたと思われます。努力を欠かさないことは、どんな分野においてもプロとして当たり前のことなのかも知れませんが、実際に才能ある人達に囲まれて過ごす日々は、想像を絶するほどプレッシャーのかかる毎日なのではないでしょうか!?

彼が日本語をマスターするようになったきっかけも、作詞作曲プロデュース面を担当するG-DRAGONさん、俳優としても活躍しラップ担当のT.O.Pさん、メインボーカル・ダンス担当のSOLさん、ボーカルとバラエティ担当のD-LITEさんといった面々のなかで自分が生きていくにはどうしたら良いか考えた結果、まだ誰も到達していない外国語(日本語)をマスターして活躍の場を広げるという選択をするに至ったそうです。

そこから日本のバラエティ番組などで活躍されるようになり、当初はSOLさんが担当していた日本語でのライブ進行も、今ではV.Iさんがひとりで担当するまでなりました。日本のお茶の間では、「BIGBANG」のことをよく知らない世代の人々でも、V.Iさんなら知っているという人も多いのではないでしょうか。

実はSOLさんよりも上手いのではと言われるダンスの実力の持ち主!

もともと、「BIGBANG」のデビューオーディションのときから、ダンスの実力を認められていたV.Iさん。SOLさんは過去に「BIGBANGで一番ダンスが上手いのはスンリ(v.i)」という発言をしています。

誰もやらないことをやる積極性!

その人柄の良さが際立っているV.Iさん。「BIGBANG」のなかで一番社交的なのは間違いなく彼だと思われますが、彼は他のメンバーがやらないあることをやっているとインタビューで答えています。

それは、YG事務所において、企画チーム・会計チームなど、通常関わりあいのない社員たちともコミュニケーションをとること。

いつも会計作業だけやっているひとでも、「この人と一緒に仕事をしているんだ」と感じてもらえるのではないかと、「BIGBANG」と周りとの架け橋になる役割も果たしているそうです。

国境を超えた人脈の広さ

世界的なアクション・スター、ドニー・イェンさんと面会した写真が投稿された。投稿されたのはなんとドニー・イェンさんのアカウントからで、「V.Iとの素晴らしいランチ。中国語が話せ、テコンドーの黒帯を持っているとは!」と驚きのコメントと共に掲載されています!。

ドニー・イェンさんは「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」にも出演しているアジアを代表する名優であり、V.Iさんにはどのような人脈があるのか、ファンのみならずアジアのメディアは驚きだったのではないでしょうか!? ノリノリのドニー・イェンさんと、落ち着いた表情のV.Iさんが素敵な写真です!

国境を超えたイケメン同士の友情

台湾でメガヒットを記録し、日本でも公開された映画「私の少女時代(我的少女時代)」で主人公の徐太宇役を演じたワン・ダール―(王大陸)さんとV.Iさんの友情が分かる写真が投稿されました。

ともにラフな白Tシャツを着て撮られた笑顔の写真に、ファンの皆さんもほっこりな1枚ではないでしょうか!?

日本お笑い界の小さな怪獣・ナイナイ岡村さんも大ファン!

2016年の11月に開催された東京ドームコンサートに駆けつけた、ナインティナインの岡村さんとの動画が投稿されました! BIGBANGの大ファンを公言している岡村さん、度々コンサートでの目撃情報がうわさされますね。

動画でも「オカバン」をしたいとおっしゃってましたが、日本のファンにとっては是非やって頂きたい企画のひとつではないでしょうか!?

格闘技の才能も!?

ドニー・イェンさんの投稿では、テコンドーの黒帯をもっていることが判明したV.Iさん。以前放送されたTV番組では、ブラジリアン柔術にハマっていることが放送されていました! ブラジリアン柔術は創始者の名前からグレイシー柔術とも呼ばれる武術で、寝技の組み技を使って自分より体格の良い相手などにも対向できる武術です!

番組の放送では、V.Iさんが体育館に来ると20セット以上もスパーリングを行うと伝えられました。また抑え込まれた状態から、ひっくり返す姿が映されるなど、かなり本格的に取り組んでいる様子が伺えます!

人懐っこい笑顔とのギャップに萌える肉体美

韓国のアイドルといえばその肉体美が注目されることが多いですが、V.Iさんも格闘技で鍛えられた男らしい肉体を維持しています!

ライブ映像などでも、たくましい腕の筋肉や、筋の通った美しい腹筋をみること出来ます!

シンプルなおしゃれが好印象

「BIGBANG」のオシャレ番長といえば、G-DRAGONさんやT.O.Pさん、SOLさんを思い浮かべる方も多いと思いますが、V.Iさんもかなりのオシャレさんであることが写真からうかがえます。

G-DRAGONさんのようにバリバリのアーティスティックなスタイルというよりは、シンプルで好印象なスタイルが多いようです。人当たりの良いイメージを感じることができます。

日本でお花見している姿も

東京の中目黒の飲食店でお花見を楽しんでいるV.Iさんの写真が投稿されました。

「今会えるよ」というコメントとともに、窓外の桜を鑑賞する姿をみることができます。もしかすると、同じ桜を観ていた人もいるかもしれませんね!

初の自己制作バラエティが公開!

2017年4月27日、初の自己制作バラエティ「走れBIGBANG」が公開された。V.Iさんは自身のInstagramアカウントに「デビュー10週年記念、初のビックバン自己制作バラエティコンテンツ『走れビッグバン』。

BIGBANGの本当の姿をYouTubeRedで確認してください。4/27大公開。笑い過ぎてお腹が破れたらごめんなさい」とコメントし、予告編の動画あげました! 動画では、現在、軍へ入隊しているT.O.Pさんの姿も観ることができます。

これからも世界を股にかけるV.Iさんの活躍を楽しみにしていきたいと思います!

まとめ

いかがだったでしょうか?

なぜBIGBANGがこれほどまでに世界で大人気なのか少しは理解出来ます!

そんなこれからも活躍していくであろう彼らのこれからに期待ですね!