Colorful Instagram

究極のフォトジェフードといえばこれ!国内で食べれるレインボーグルメ7選

今、巷でブームを見せているレインボーグルメ。虹色にグラデーションされた品々は、まさに究極のフォトジェニックフードと言えるでしょう。

そこで今回はインスタグラムで話題のレインボーフードを7つご紹介します。すべて国内で食べることができますので、気になったらぜひ足を運んでみてください。

 

レインボー綿あめ

レインボーグルメをご紹介するならこれを外すわけにはいかないでしょう。原宿の「TOTTI CANDY FACTORY」で販売されているレインボー綿あめです。

インパクト抜群のサイズとカラーリングから各種メディアで連日取り上げられ、今や原宿の代名詞の1つといっても過言ではない存在となりました。近年のレインボーブームの先駆けでもあるのではないでしょうか。

インスタ映えするのは商品だけではありません。「ワクワクするハッピーな空間」をコンセプトにデザインされたお店そのものがすでにフォトジェニック。

また、目の前で巨大でカラフルな綿あめが出来上がっていく様子は、それだけで一種のエンターテインメントとなっています。

 

レインボーチーズトースト

こちらも原宿で楽しめるレインボーグルメです。メディアでも数度取り上げられているのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

レインボーフード専門店「LE SHINER(レ・シャイナー)」で買うことのできるチーズサンドは、真ん中に入っている切れ目からピンク、イエロー、グリーン、ブルー、パープルに彩られたチーズがびょーんと伸びていきます。

一目見ただけではチーズだとは思えないほど、そのカラーリングはインパクト抜群。インスタ映え間違いないしでしょう。

ちなみに味はしっかりとチーズ味です。着色料も天然のものを使用しているので、安心して食べることができますよ。ただ、見た目とのギャップに舌が混乱するかもしれませんね。

 

レインボーロールアイス

またまた、原宿からのご紹介です。やはり原宿はレインボーグルメのメッカですね。

レインボースイーツの専門店「レインボースイーツハラジュク」の人気メニューがレインボーロールアイスです。

名前の由来になっているロール状のアイスはそれぞれ風味が異なり、単体で食べた後はミックスして味わうという楽しみ方もできます。

ソフトクリームには北海道産の最高級バニラアイスを使用するなど味にもしっかりこだわっており、見た目だけではなく中身を求めるインスタグラマーに一押しのスイーツと言えるでしょう。

 

レインボーベーグル

中身がレインボーなパンの次は、記事そのものが虹色のパンのご紹介です。

麻布十番にお店を構えるベーグルとサンドイッチの専門店「NEW NEW YORK CLUB」では、オーソドックスなベーグルの他にレインボーカラーのベーグルを楽しむことがでるんです。

通常のベーグルと比べると、明らかに異彩を放っていることがわかります。ただ、見た目に反して味は通常のベーグルと同じです。安心してお店自慢の食感や風味を味わうことができます。

たくさんのトッピングやソースを選ぶことができますので、自分だけのオリジナルベーグルを見つける楽しみもあります。

なお、レインボーベーグルの店頭販売については週末のみとなりますので要注意です。お店に行くことが難しい場合は、オンラインショップで購入することもできますので、忙しい方は利用してみると良いでしょう。

 

レインボーショートケーキ

お台場のヴィーナスフォートに店舗を構えるカジュアルフレンチレストラン「 Cobara-Hetta(コバラ ヘッタ)」。

気軽に本格的なフレンチやステーキを楽しめるこのお店では、デザートにレインボーカラーのショートケーキを注文することができます。

均等に並んだ七色のクリーム層には美しささえ感じられますね。周囲にデコレーションされたカラフルなゼリーもキュートです。

味は正統派のショートケーキで、優しいバタークリームの味わいを堪能することができます。

ただでさえフォトジェニックなヴィーナスフォートという空間でフォトジェニックなデザートを楽しむ。こんな幸せを味わいに行ってみてはいかがでしょうか。

 

レインボーチーズケーキ

七色のケーキはショートケーキだけではありません。目黒の学芸大学駅前にあるカフェ「AWORKS(エーワークス)」では、虹色のチーズケーキを楽しむことができます。

古民家をリノベーションした店内は、南国の雰囲気を漂わせるリラックス空間。その中で味わえるのはエスニックフードやパスタ、そしてチーズケーキのプロフェッショナルである店主が開発した多彩なチーズケーキの数々です。

中でも最もフォトジェニックなのはやはりレインボーチーズケーキでしょう。鮮やかなグラデーションはインスタ映え間違えなしです。

味は七色ではありませんが、濃厚なレアチーズの風味が口いっぱいに広がります。付属のレモンを絞ることでさっぱりした味わいも楽しむことができます。

 

レインボー小籠包

虹色に彩られるグルメは、何もスイーツや洋食だけではありません。銀座の中華料理店「パラダイスダイナシティ」ではカラフルな小籠包のセットが目玉となっています。

バリエーションは虹の七色を超える8種類。色ごとに中身も異なり、

  • オリジナル
  • 高麗人参
  • フォアグラ
  • チーズ
  • 黒トリュフ
  • ガーリック
  • 蟹の玉子
  • 麻辣

と実に多種多様です。どの順番で食べようか迷ってしまいそうですが、味の薄いものから食べるのがおおすすめだそうです。

目で見て楽しい、味わって楽しい天心です。