Colorful Instagram

アメリカらしさが集約された街!サンディエゴのインスタ映えスポット

アメリカ・カリフォルニア州の南端にあるサンディエゴは、温暖な気候のウォーターフロントの街で、多くの人を魅了しています。美しい海岸線、童心に戻り遊べるテーマパーク、自然と触れ合える公園など、人気の観光地が揃っています。

そんなサンディエゴの魅力を体感できる、おすすめのインスタ映えスポットを集めてみました。

ミッドウェイ博物館

ミッドウェイ博物館は、実際にアメリカ海軍で活躍していた軍艦「ミッドウェイ」が博物館として公開されています。

全長1,001フィート・横幅258フィートのド迫力で、2004年にオープンして以来サンディエゴの観光名所となりました。

館内には60点以上の展示物があり、展示の飛行機は操縦席に座り写真を撮ることも可能です。
アメリカ映画にでてくるトムキャットなど、有名な戦闘機の展示もあります。

【名前】ミッドウェイ博物館
【住所】910 N Harbor Dr, San Diego, CA
【電話】619-544-9600
【営業時間】月~日:10:00~17:00

サンディエゴ動物園

サンディエゴ動物園は、アメリカの数あるテーマパークの中でもナンバー1の人気を誇る動物園です。

広大な敷地の中に3,600頭もの動物が飼育されており、パンダやコアラ・ホッキョクグマなど、アメリカでは珍しい動物も見られます。

園内には動物の形にトリミングされた植木や、本物と見間違えるほど精巧な動物の銅像があちこちにあり、楽しく撮影ができます。

ロープウェイからの眺めも圧巻で、空からの眺めはインスタ映えすること間違いなしです。

【名前】サンディエゴ動物園
【住所】2920 Zoo Dr, San Diego, CA
【電話】619-231-1515
【営業時間】月~日:9:00~18:00

シーポートビレッジ

シーポートビレッジは、サンディエゴのウォーターフロントに広がる食・買物・エンターテイメントの複合施設。

ウエスト・プラザにはアンティークの回転木馬があり、撮影スポットとして人気です。

お散歩がてら訪れる地元サンディエゴの人々の姿も見られ、ゆったりとリラックスできるスポットとなっています。

アメリカ国内からの観光客も多く訪れ、いつも賑わっています。

【名前】シーポートビレッジ
【住所】849 W Harbor Dr, San Diego, CA
【電話】619-235-4014
【営業時間】月~日:10:00~21:00,

トーリーパインズ州立保護区

アメリカ中でもこの地にしかないとされる「トーリー・パイン」の木が名前の由来となっている、サンディエゴの州立保護区。

7つのハイキングコースがあり、それぞれ異なる景色が楽しめます。サンディエゴの人々も季節を問わず訪れています。

青い海と白い波のコントラスト、断崖や岸壁の粗削りな風景は、アメリカの大自然を感じられ、写真撮影にぴったりのスポットです。

USオープンの開催地として有名なトリー・パインズゴルフコースもあります。

【名前】トーリーパインズ州立保護区
【住所】12600 N Torrey Pines Rd, La Jolla, CA
【電話】858-755-2063
【営業時間】月~日:7:15~19:00

ラホヤ

サンディエゴには野生のアザラシが見られるスポットがいくつかありますが、その一つがラホヤです。

岩場には日光浴を楽しむアザラシやアシカの姿が見られ、楽しい写真が撮れるでしょう。アメリカ各地から、観光客がアザラシウォッチングに訪れています。

目の前には美しい海が広がり、海水浴にも最適のスポットです。

周辺には美味しいジェラートのお店やカフェがあるので、サンディエゴのスイーツも堪能できますよ。

【名前】ラホヤ
【住所】1100 Coast Blvd, La Jolla, San Diego, CA
【電話】なし
【営業時間】24時間開放

seaworld sandiego(シーワールド・サンディエゴ)

シーワールド・サンディエゴは、イルカやアシカのショー・体験型のアトラクション・絶叫マシンなど、エンターテイメント大国アメリカの楽しさが集約されたテーマパークです。

動物と触れ合ったり、海底トンネルで迫力のあるサメの泳ぎを眺めたり、ユニークな写真が撮れるスポットも豊富です。

アメリカらしい、楽しい旅のスナップが撮れるに違いありません。

【名前】シーワールド・サンディエゴ
【住所】500 Sea World Dr, San Diego, CA
【電話】619-222-4732
【営業時間】月~日:10:00~17:00 ※年中無休

さいごに

サンディエゴには大人も子供も楽しめる楽しいスポットがたくさんあります。

日本ではなかなかお目にかかることができない物ばかりなので、「いいね!」がたくさんつくインスタ映え写真が撮れそうですね。

長期休暇に海外旅行に行きたいと考えている人は、サンディエゴ旅行の計画を立ててみてはいかがでしょう。