【アメリカ】ロサンゼルスフォトジェニックカフェ

更新履歴
-2019-07-07-最新の情報を元に加筆修正

アメリカの西海岸にあるフォトジェニック映えするスポットを、インスタグラムから6カ所ご紹介します。アメリカのカフェはやはり、日本とは雰囲気が違います。

地元から愛されるカフェや独特なメニューのスイーツショップまで、行ってみたい、食べてみたい、と思うようなお店ばかりです。

あなたなら、どの店をインスタグラムに載せたいですか。

The Boy & The Bear – Coffee Roastery

アメリカのカリフォルニア州、レドンドビーチにThe Boy & The Bear – Coffee Roasteryはあります。 このカフェは、アメリカらしいフォトジェニックさに溢れたカフェです。

店舗はモノトーンや木を基調としたハイセンスな造りですが、綺麗過ぎず、ラフさやカジュアルさにも溢れています。外の席に座りゆっくりと過ごすこともできる、オープンなカフェなのです。

しかも、コーヒーの味は自家焙煎した本格的な味で、スタッフも最高の味を提供できるように心を込めて提供しているようです。

コーヒーはガラスの水差しで提供され量もたっぷり。カフェラテは、ミルクでハートや若葉の模様を描いてくれます。

机に乗ったカップ、店の片隅に置かれた小物など、何気ない片隅を撮影するだけで、絵葉書のような趣きある写真が撮れるカフェです。

【店名】 The Boy & The Bear – Coffee Roastery
【住所】 350 N Pacific Coast Hwyレドンドビーチ (カリフォルニア州)
【電話】 不明
【営業時間】 7:00~19:00
【定休日】 なし

coolhaus

アメリカのカリフォルニア州にあるcoolhausは、ボリュームたっぷりのフォトジェニック映えするアイスショップです。

ここのアイスは、大きなクッキーにたっぷりのアイスを挟んだものです。クッキーやアイスは数種類から選ぶことがでます。

チョコレートチップクッキーなどの定番は、間違いのない美味しさのようですが、中にはユニークなチキン味などもあるようです。

アメリカらしいアイスなので、旅行先の雰囲気が伝わるいい写真が撮れそうです。ひとくちだけかじった写真などもリアル感が出ていいですよ。

また、夜遅くまで営業しており、旧市街のレストランから歩いていける距離にあるので、レストランで夕食を食べてから、デザートとして食べに来るのにもぴったりのアイスショップです。

【場所名】coolhaus
【住所】 59 E Colorado Blvd, Pasadena, CA 91103 アメリカ合衆国
【電話】 +1 626-486-2700
【営業時間】 12:00~11:00
【定休日】 なし

Angelini Alimentari

アメリカのロサンジェルスにあるAngelini Alimentariは、イタリア料理とジェラートバーがあるお店です。ピンク色の壁に黒のアクセントがある洗練された店で、天気がいい時は店外のテーブルでも食べることができます。

朝は早くから営業しており、モーニングもやっています。店の前には大きなコーンカップのジェラート型オブジェがあり、店のシンボルになっています。

サンドイッチや、パスタ、ミートボール、サラダ、そしてジェラートやカプチーノまで、どれもすべてが美味しそうで、絵になるフォトジェニックカフェです。そしてフォトジェニックなだけでなく、味も素晴らしく美味しいと地元民に愛されています。

どのメニューも思わず写真に撮りたくなるような、独特の雰囲気があります。洗練とカジュアルさがミックスしているため、味のあるインスタ映えする写真が撮れますよ。

【店名】 Angelini Alimentari
【住所】 7317 Beverly Blvd, Los Angeles, CA 90036 アメリカ合衆国
【電話】 +1 323-297-0070
【営業時間】 8:00~20:00
【定休日】 なし

Wanderlust Creamery

アメリカのカリフォルニア州にあるWanderlust Creameryは、フォトジェニックな要素がたくさんあるアイスショップです。

紫色のコーンや紫色のアイスも、Wanderlust Creamery の特徴の一つです。チョコやマンゴー、ベリーなど定番の味はもちろん、常に新しいメニューが提供されるため、リンゴわさびのようなユニークな味も楽しめることがあります。

アイスの上にトッピングをすることもできます。変わったトッピングではオリーブオイルや塩、なんていうものもあるようです。

また、ここは小さなアイスで沢山の味を一度に試すこともできます。沢山一度に持てるように、透明なトレーが用意されています。トレーにセットしてくれるので、一人でチャレンジすることも可能です。

Wanderlust Creamery では、これこそアイスという感じの間違いない写真が撮れそうですね。

【店名】 Wanderlust Creamery
【住所】 18511 Ventura Blvd, Tarzana, CA 91356 アメリカ合衆国
【電話】 +1 818-774-9888
【営業時間】 12:00~23:00
【定休日】 なし

Gresescent Ice Cream

アメリカのロサンゼルスに、Gresescent Ice Creamはあります。Gresescent Ice Creamの特徴は、花束のようなアイスです。

アイスの種類は常に10種類あり、大きなコーンに小さなアイスを、いっぺんに沢山乗せることができるのです。黄色や白、ピンクやミント色などカラフルなアイスで、花束のようなアイスができあがります。

これは、とってもフォトジェニック!誰かに見せたくなるアイスです。しかもアイスもとてもクリーミーで美味しいと評判です。

こだわりの味は、バニラビーンズクッキーや、へーゼルナッツピスタチオ、塩チョコレートガナッシュ、やハチミツなど、美味しそうな味ばかりです。25種類のアイスからローテーションするので、その日のフレーバーはいつも変わります。

さらに嬉しいことに、コーンの味も5種類から選ぶことができるので、コーンも最後まで美味しく食べることができそうです。

【店名】 Gresescent Ice Cream
【住所】 850 S Olive St, Los Angeles, CA 90014 アメリカ合衆国
【電話】 +1 213-278-0111
【営業時間】 不明
【定休日】 不明

Honeymee

アメリカのロサンゼルスにあるHoneymeeは、名前のとおりハチミツをテーマにしたカフェです。

ハチミツの塊がミルクソフトクリームにゴロンと乗ったスイーツが一番人気です。ハチミツとミルクの相性は、抜群のようです。

ドリンクでは、ハチミツ味のドリンクもあり、まさにハチミツのカフェという感じです。カップや店のロゴにも蜂の絵が描かれており、まさにハチミツ一色。ハチミツカフェの雰囲気が溢れています。

これだけのハチミツの塊がのっているソフトクリームは、なかなか無いのではないでしょうか。ハチミツの塊をアップで撮影すると、迫力があります。

他にも、ベリー類をトッピングしたソフトクリームのパフェもあり、ベリーとハチミツの相性も確かめることができますよ。

【店名】 Honeymee
【住所】 3377 Wilshire Blvd Suite 116, Los Angeles, CA 90010 アメリカ合衆国
【電話】 +1 213-267-0020
【営業時間】 12:00~0:00
【定休日】 なし

さいごに

アメリカ西海岸のフォトジェニック映えカフェを、6店舗ご紹介いたしました。定休日がない記載でも不定休に休むことがあり、営業時間も変わることがありますので、お出かけ前には公式サイトで再度ご確認ください。

どこもアメリカを感じさせる、インスタ映えするカフェやアイスショップばかりです。日本とは違う雰囲気が満載なので、アメリカらしい素敵な写真が撮れそうですね。