Colorful Instagram

10代から絶大な人気!古着を着こなす青文字系モデルの柴田紗季のインスタグラムが気になる!


更新履歴
– 2019-01-13 最新情報を元に加筆修正

「しばさき」という愛称で今ティーン世代を中心に人気の柴田紗季さん。

友人でモデルの三戸なつめさんに憧れて、前髪を切りすぎたその日にスカウトマンにスナップ写真を撮られてモデルへとデビューします。まさにシンデレラストーリーですね。

そんな柴田紗季さんのインスタグラムでは、ナチュラルで明るく飾らない写真を数多く見ることができます。早速チェックしていきましょう!

柴田紗季のプロフィールは?

生年月日:1991年12月4日
出身地:愛知県
身長:154cm
趣味:韓国ドラマ鑑賞
特技:運動・鼻うた
憧れの人:ユン・ウネ

現在柴田紗季さんは、女性向けファッション雑誌「mer」「SEDA」「soup」などでモデル活動をしています。

また並行して地方局のネットTV・MCを担当しつつ、地方イベントにも数多く出演しています。またアパレルブランドともコラボし、彼女がプロデュースした洋服やバック、iPhoneケースなども販売されています。

柴田紗季のガーリー&ボーイッシュな私服に注目!インスタグラムで見てみよう!

インスタグラムのこちらのコーデ、アウターは「HAg-Le」。ニットは原宿にあるヴィンテージな古着を扱っているお店「ベルベルジン」です。ベルベルジンはアメリカの古着なら一通り揃っている、老舗の古着屋です。

都内には複数の系列店もある人気ショップでメンズのアイテム中心でヴィンテージ古着からレギュラー古着まで多くの商品があります。マフラーは高円寺にあるレディース・メンズのヴィンテージショップ「souvenir」の物です。

レギンスは「H&M」柴田さんはレギンスのコーデにはまっていて、サイズはキッズサイズの140cmを着用しているそうです。そしてマーチンの靴は仲良しの三戸なつめさんからのおさがりだとか。

巾着のバックは名古屋にある古着屋「lala」の商品です。このコーデについて、上はビックアウターにビックニットで重めな分、下はレギンスに巾着のバックなどで軽めなスタイルにしています。バランスコーデが大切なようですね。

また雰囲気が変わるガーリーなこちらの私服は、ワンピースは原宿にあるオリジナルアイテムや、セレクトアイテムを取り扱っている「MARTE」の服です。

MARTEとはイタリア語で火星。新たなる大地、未知なる感覚というコンセプトで展開されています。靴は下北沢にある「HAIGHT&ASHBURY」の物です。

HAIGHT&ASHBURYは店の入り口にある赤くて大きなハイヒールが目印のお店。1890年代のヴィンテージ衣類や小物などを取り揃えています。アメリカやヨーロッパを中心にプロバイヤーが世界各国のアンティークを集めたショップです。

柴田紗季さんのインスタグラムを見ていると、古着屋さんについて詳しくなれちゃいますね!

インスタグラムのこちらの投稿は、カッコイイファッションですね。このトップスは柴田さんが大好きなお店、東京の高円寺にある「那由多」でひとめぼれした洋服です。

「那由多」はパル商店街から一本路地に入った場所にある、横顔の女性の看板が目印のお店です。素材・シルエット・トレンドを意識したアイテムで年齢やジャンルを問わずに着られるものばかりです。

ボトムスは「flower」、可愛らしいヘアバンドは「カオリノモリ」の商品です。

「カオリノモリ」は個性豊かなオリジナル帽子やアクセサリーなど服飾雑貨が数多く取り揃えられているセレクトショップです。

柴田紗季は旅行好き?インスタグラムで見てみよう!

インスタグラムのこちらの投稿は、矢部ユウナさん、柴田ひかりさんと一緒に函館へ旅行に行った際のものです。この日はマイナス4度の気温だったそうですが、白銀の世界を3人は楽しんだそうです。

3人がいるこの場所は、函館の観光名所の「金森赤レンガ倉庫」です。そして柴田紗季さん達の今回の旅行のメインは、「クリスマスファンタジー」。ベイエリアで毎年12月1日から25日まで行われているイベントです。

ツリーはカナダから運ばれてきた巨大なモミの木が海の目の前に建てられ、約12万個のイルミネーションが飾られます。この期間中は毎日点灯式があり、花火も打ち上げられます。

またもうひとつの名物はスープバーです。期間中は特設ブースもつくられ、地元の素材をつかった暖かいスープが人気です。

こちらのインスタグラムの投稿は、島根県の鏡港から「フェリーくにが」で2時間半「隠岐諸島」へ行った際のものです。隠岐半島は島根県の北側にある諸島で、島後水道を境に島前、島後の二つに分かれています。

平成25年には「世界ジオパーク」に認定されました。人気の絶景は、島後の沖合にそびえたつ海から高さ約20メートルある「ローソク島」です。ローソク島の先端に夕日が重なる瞬間、まるで大きなローソクに火を灯したような輝きになります。

柴田紗季さんが訪れたのは西ノ島町で、この島の歴史は古く後醍醐天皇が遠流された島としても有名です。

インスタグラムのこちらの投稿は、台湾の台北へ行った際のものです。柴田紗季さんが訪れた場所は、台湾にいったら訪れるべき観光名所のパワースポット「龍山寺」です。

ここは台北で一番古く約270年もの歴史あるお寺です。華やかで凝った装飾が見どころで、願い事を願えばご利益があると言われています。また地元の方からも強い信頼があり、毎日のように足を運ぶ地元の方もいらっしゃいます。

建築物のポイントは本殿の前方に配された龍「「銅雕龍柱」が、台湾では石製のものが一般的な仲銅製でつくられている龍柱はとても珍しいものです。

本殿の天井を見上げると龍が天へ昇っていく様子が描かれています。「人生輪廻」を意味しているそうで、とても美しく煌びやかで圧倒されるスポットです。

 

柴田紗季の食べているスイーツが美味しそう!インスタグラムで見てみよう!

こちらは香港の人が大好きな飲み物「檸檬茶(レモンティー)」です。大衆食堂の定番のメニューで日本のレモンティーとは違います。注文すると約レモン半分をスライスし、4.5枚ほど入ったレモンティーが出されます。

そのまま飲むととても甘いのですが、香港人は皆そのレモンをスプーンで潰し、レモンティーが濁ってしまうぐらい押しつぶして飲むそうです。

そうすると、甘みも酸味によって緩和され、レモンの風味を存分に味わって飲めるそうです。価格は10香港ドル、約138円でお手頃な価格。暑い夏にはキンキンに冷えているアイスレモンティーも人気です。

柴田紗季さんが訪れているのは、代官山にオープンしたSNSでも話題の奇跡のパンケーキ「FLIPPER’S」です。こちらのお店はスフレパンケーキ専門店です。

最高の一皿がコンセプト、ふわっとした新感覚食感の舌触りが良い生地は、やみつきになってしまうものとなっています。

一番人気の商品は「奇跡のパンケーキ」。こちらは、定番のプレーンの生地にオリジナルのメープルバターをかけ、季節のフルーツをふんだんに盛り付けた豪華な一皿です。

こちらのインスタグラムの投稿は、いま京都で新土産として人気になっている「京ばあむ」。

柴田紗季さんが食べているのは、京ばあむのカフェ「京カフェ」の商品、「京ばあむコルネ」です。こちらは京カフェ限定の商品で、食べ歩きが出来るように考えられました。

ふわふわで、しっとりとした食感の京ばあむに生クリームがたっぷりとかかっています。他にも京ばあむを一緒にシェイクした京スムージーや抹茶ラテなどが人気です。

 

柴田紗季のキレイの秘訣は?インスタグラムで見てみよう!

インスタグラムに上がっているこちらは、アミノ酸シャンプー「アミノレスキュー」です。96パーセントが植物由来成分でできており、アミノ酸で洗うことで健康的な地肌を保てます。

シャンプーは潤い不足のパサつく髪に合ったものと、くせ毛で硬い髪の方用への2種類があり、カラーやパーマ後のケア商品として、ヘアパックとトリートメントがあります。柴田紗季さんの綺麗な髪は、こちらのシャンプーで維持されているのですね。

インスタグラムのこちらの投稿は、今人気がでてきている「溶岩盤ヨガ」です。最近ではホットヨガが浸透し、全国的にふえてきていますね。

ですが溶岩盤ヨガは、ホットヨガ室内をエアコンなどの暖房器具であたためて行うホットヨガとはまた違うヨガです。床に岩盤浴素材の石を敷き、その上でヨガを行います。遠赤外線の効果で体の芯から暖められ、岩盤浴よりも高い効果が得られます。

また溶岩には天然のミネラル分も多く含まれ、肌が乾燥することがなく沢山の汗を発汗できるそうです。柴田紗季さんもしっかりデトックスをして、日々リフレッシュをしているようですね。

こちらのインスタグラムの投稿は、イギリス・マンチェスターで生まれたボディケア用品「グレースコールブティック」です。柴田紗季さん愛用で、保湿力も高く優しい香りで、お風呂後やおやすみ前にまといたくなるようです。

香りは果実をベースにした優雅で優しい香り。老舗香料メーカーと試行錯誤を重ねて誕生した特別な香りです。

クレースコールは2つの人気アイテムがあり、果実をベースとした「グレースコールブティック」と、花々の香りをセレクトした「グレース フローラルコレクション」があります。それぞれボディケア商品を多く取り揃えています。

またブランドに合わせてデザインにも違いがあり、それぞれ英国の気品あるデザインのボトルになっています。

 

まとめ

ここまで柴田紗季さんのインスタグラムを見てきて、彼女のプライベートが沢山わかりましたね。とても柔らかい雰囲気で可愛らしく、柴田紗季さんの私服はとてもお洒落です。

ファッションのポイントやコーディネートの仕方についても詳しく書かれていて、彼女に憧れる10代の若者が増えているのかもしれません。

テレビでの出演はまだないものの、雑誌やインスタグラムなどSNS上で絶大な人気が出てきている柴田紗季さんは、今後の活躍も注目です。