まるでアートの宝庫!藤井祥子さんのインスタグラムが素敵!

今回は、「CMネスカフェバリスタ」の「アンバサダーになろう。」編で話題となった女優、藤井祥子さんの素敵なインスタグラムを紹介したいと思います。

藤井祥子さんてどんな人?

まずは、藤井祥子さんのプロフィールを見ていきましょう。
名前:藤井祥子(ふじい しょうこ)
生年月日:1986年11月12日
出身地:東京都
また、趣味は旅行とアートとあります。実は藤井祥子さん、武蔵野美術大学卒業しています。
所属事務所は貫地谷しほりさんや田中美保さんと同じ「ABP inc.」に所属しています。
テレビドラマでは、「ST 赤と白の操作ファイル」や「HERO」など話題となったドラマにも出演したことがあります。

インスタグラム開始は2016年12月の藤井祥子さん

藤井祥子さん、インスタグラムを始めたのは2016年12月18日。「Instagramはじめました、宜しくお願いします」のコメントと共に自身の写真をアップしています。
こちらの写真、モデルのような立居振舞で藤井祥子さん素敵ですね。後ろに写る建物もどこで撮影したものか詳細はわかりませんが、味のある素敵な建物です。
ファンからは続々と「フォローします」のコメントが寄せられ、藤井祥子さんがインスタグラムをするのを待ちわびていた人も多かったようです。

モデルの顔も見せる藤井祥子さん

モデルとしての顔を見せる藤井祥子さん。こちらは、ショッピングサイトのモデルの様子の写真ですが、ロングスカートのファッションコーデです。藤井祥子さん、とても顔が小さくかっこいいですね。

こちらは、黒のトップスとスカートのコーディネートの藤井祥子さん。黒は引き締まった感じがして似合いますね。黒髪ショートと真っ赤なリップも似合っていますね。

ワンピース姿の藤井祥子さんです。ワンピース姿、女性というより女の子っぽくとても可愛らしく着こなしていますね。
このように着る服によって印象が変わる藤井祥子さん。モデルとしてもとても素敵です。

プライベートのファッションもお洒落な藤井祥子さん

こちら、ウクライナの民族衣装とのこと。「えっ!民族衣装なの?」と思ってしまうほどとても模様が可愛らしいですね。藤井さんのコメントに「暖かくなってこれ1枚でお出かけするのが待ち遠しい」とあります。
残念ながら、藤井祥子さんがこれを着ている写真は見当たりませんでしたが、きっと似合うこと間違いなしだと思います。

母校を訪問した時の写真のようですが、強風が吹いていたそうです。風のせいで、ワンピースの裾がふわっとして、とても素敵な写真です。藤井祥子さんのプライベートのファッションもお洒落なことがわかりますね。

インスタ映え間違いなしの料理の数々!

藤井祥子さん、インスタ映えする料理もところどころにアップしています。上の写真は、喫茶店のモーニングを真上から撮った写真ですが、いい感じに写真に収まりとても美味しそうに撮影しています。

こちらは、ローストポークのサンドイッチ、全粒粉のくるみのパン。ローストポークがたくさん入ってすごくボリュームがあって食べごたえ充分ありそうです。ヘルシーな感じが写真によく表れています。

こちらは、スイーツの写真ですが、「ルコントの小ネズミシュークリーム」とのこと。ネズミの形をしていて、とてもユニークで可愛らしいシュークリームですね。食べるのが勿体ないような、ずっと見ていたい気がします。

大学時代の友人の結婚式でイタリアへ行った時の写真

大学時代の友人の結婚式に参加するためにイタリアへ向かったという藤井祥子さんの写真もありました。遠くに友人の結婚式の姿が写っています。結婚式場もとても素敵です。
藤井祥子さん、お友達をとても尊敬しているようで、「私の尊敬する大事な友人の良き日に立ち会えて、とても幸せでした」と藤井祥子さんの喜びのコメントがありました。

こちらは、イタリアでの藤井祥子さんの様子。ファッション雑誌のモデルさんのようで、とても素敵な写真です。ファンからは「待ち受けにしたい」といったコメントがありました。

藤井祥子さんの描くイラストも素敵!

武蔵野美術大学卒業しているだけあって、イラストがとても得意なようです。どんな絵を描いているのか少し見ていきましょう。
上の絵はアメリカワシミミズクのイラスト。藤井祥子さん曰く「酉年なので鳥れんしゅう」とミミズクの絵を描いたようですが、ただ単に練習したとは思えないクオリティのとても素敵なイラストです。

こちらは、ブチハイエナのイラスト。ハイエナが口に花輪を咥えているという、とてもユニークなイラストです。こちらも素敵なイラストですね。ハイエナといえば肉食系で怖いイメージがありますが、こちらのハイエナとても優しい顔をして可愛らしいです。

チベットの伝統装飾を施されたヤクのイラストです。ヤクの身に着けている装飾品がとても繊細で素敵ですね。
ヤクの特徴ともいえるもふもふした長い毛の質感も細かく描かれています。ヤクの顔もやさしげな穏やかな表情で藤井祥子さんの優しい気持ちが絵に現れているような感じがします。
藤井祥子さんの描くイラスト、動物が多いですが動物を描くのが得意なのでしょうか。どれもとても癒される絵です。

刺繍サッシェのイラストも手掛けた藤井祥子さん

藤井祥子さん、刺繍に特化した雑貨のブランドを展開する「Emby」の刺繍サッシェのイラストも手掛けています。
ちなみに、サッシェとは、フランス語で「sachet」と表記し、日本で例えると匂い袋のことを意味するようです。ハーブを袋に入れたりアロマミストをふりかけて使用するものです。
この時は、「ファミリー」をテーマにした5つのサッシェにそれぞれの動物を描いたとのこと。
上の写真は犬のカップルのようです、下には婚約しましたという意味を表す「JUST ENGAGED」といった英語が描かれています。

こちらは、片手に釣竿、もう片方の手には魚を持ったお父さん熊の後ろに小熊が顔を覗かせています。メッセージには「ついて来て!!」を意味する「Just follow me!!」と書いてあります。
藤井祥子さんのインスタグラムでは、上で紹介したイラスト以外の作品を見ることができます。また、刺繍を施され完成したサシェの写真もありますので、気になる人はぜひ確認してみてくださいね。

美術館めぐりの写真もアップしている藤井祥子さん

藤井祥子さん、美術館へもいろいろと足を運ぶようで、行った先の美術館の様子などをインスタに上げています。
上の写真は、ボルタンスキーの「アニミタス さざめく亡霊たち」展へ行った時の写真とのこと。インスタの藤井祥子さんのコメントには、「視覚や聴覚、触覚や嗅覚など身体で感じとれる展示で、素晴らしかったです。」と写真の説明やその時の感想などが詳細に書いてあります。

こちらは、藤井祥子さんのお友達が働いているということで旅行も兼ねて行った美術館の写真のようです。青森県立美術館の「あおもり犬」の写真。
犬が下にある餌を見ているのでしょうか?大きさもとても大きそうですね。藤井祥子さんのコメントには「雨が降っていて空気がぼやけてて、なんだか神様みたいだったな」とありました。確かに、白く大きくて神々しいです。

こちらは、箱根彫刻の森美術館を訪れたときの藤井祥子さんの写真。大きなステンドグラスとを背景に写る藤井祥子さん、とても幻想的で素敵です。ファンのコメントにも「素敵です」といったコメントがたくさんついていました。
藤井祥子さんの美術館めぐりの写真を見ていると、特に美術に興味がない人でも行ってみたいと思えるかもしれませんね。

まとめ

インスタグラムを通して、藤井祥子さんがどんな女性なのか見ていきましたがいかがでしたか?
女優の傍ら、とても素敵なイラストを描く藤井祥子さんに驚かされた人もいるのではないでしょうか。
藤井祥子さんのインスタ写真は自撮り写真や、お料理の写真などとても丁寧に撮影されていて、撮影にもこだわりがあるのだろうということが伝わります。
写真どれひとつとっても芸術的な印象です。女優としてもこれからもっと活躍することを期待したい女性でもあります。
芸術に触れてみたい人は、ぜひ藤井祥子さんのインスタグラムを見てみてはどうでしょうか。