Colorful Instagram

本当に36歳?美しすぎる童顔・安達祐実のインスタグラムをチェック!

更新履歴
– 2018-07-11 最新情報を元に加筆修正

2歳で雑誌のモデルとしてデビューし、後に誰もが知る子役として一世風靡をした安達祐実さんは、芸歴34年にもかかわらず、未だ第一線で活躍されています。子役のイメージが強い安達祐実さんですが、最近ではファッション界やビューティ界で注目を集めていることをご存じでしたか?

36歳と思えぬその幼い顔立ちの裏に見え隠れする、36歳らしい妖艶さと色気がとにかく絶妙で、その魅力は男性だけではなく、女性をも虜にしているんです。そんな安達祐実さんのインスタグラムは、ファッションとビューティが盛りだくさん。年齢を感じさせない「美テクニック」をインスタグラムでチェックしていきましょう。

安達祐実さんのプロフィールは?

生年月日:1981年9月14日
出身地: 東京都台東区
身長:153 cm
血液型:A型

ご存じ、子役として幼い頃から芸能界の第一線で活躍してきた安達祐実さん。子役時代は、東京児童劇団、スペースクラフトジュニアに所属していました。

1994年テレビドラマ「家なき子」の相沢すず役で子供とは思えない迫力ある演技力で、安達祐実さんの名前は広く世間に知れ渡りました。最高視聴率37.2%を記録する大ヒットドラマとなり、すずのセリフである「同情するならカネをくれ」は新語・流行語大賞にも選ばれ、社会現象となりました。

プライベートでは、2014年11月13日にカメラマンの桑島智輝さんと再婚。旦那である桑島智輝さんの溺愛ぶりは話題になりました。2016年7月29日に安達祐実さんにとっての第2子を出産。現在、2児の母親でもあります。

 

ファッショニスタさえうならせるモードな私服!インスタグラムでチェック!

インスタグラムで見る、まるでモード誌のスタイリングのようなファッショニスタスタイルの安達祐実さん。モードファッションの時は、オールブラックコーデがお気に入りのようで、幼い顔立ちと大人びたブラックセンスで、ギャップを作り出しています。

モード系のファッションは、モデルのような身長やスタイルの人と相性が良い印象がありますが、153cmである安達祐実さんが着こなすモードは低身長の女性たちの参考になると話題でもあるんです!

こちらのインスタグラムのコーデでは、服のカッティングデザインを意識していることが分かります。身長や体型と相談し、トータルコーディネートの仲で、メリハリをつけることで計算しつくされたファッションを実現しています!本当にオシャレな人だからこそ出来る技ですよね。

雑誌「GINZA」は日本を代表するモード誌ですが、安達祐実さんは「GINZA」でも日常を披露したりしています。モデルやインタビュアー、ファッションに厳しいモード誌にも注目され出演を果たす安達祐実さんは、業界の注目の的といっても過言ではなさそうです。

実に様々なファッションを着こなす安達祐実さん。柄ものや古着風なレトロなデザインのサブカル風なファッションも着こなしていることがインスタグラムで確認できます。安達祐実さんの幼い顔立ちにとてもマッチしており、サブカルファッションを着用しているときは、全く36歳には見えないですよね!ましてや、2児の母親だなんて誰も想像つかないことでしょう。

インスタグラムには、サブカル風のコーデも数多く上がっています。サブカル風ファッションを着用しているときの安達祐実さんのセンスで目立つことは、ボーイズアイテムを取り入れることと、レトロ(古着感)のあるデザインを取り入れることでしょう。本人もインスタグラムで、「古着を着るようになった」と公言。「おばちゃんっぽいデザインが好き」とのことです。

ボーイズアイテムでの鉄則は、まるで「彼に借りた服」と思わせるようなダボっとしたオーバーサイズのものです。メンズライクなファッションを着こなすことが出来るのはオシャレ感度が高い証拠でもありますが、安達祐実さんの幼い顔立ちに合わせることで、どこか「プチセクシー」を感じさせることが出来るんでしょう。

また、思いっきりレトロだったり古着テイストの柄ものを取り入れることもマスト条件。水玉だったり、レトロな花柄だったりと「お母さんのお下がり」感を取り入れることでセンスアップ。周りと差別化されたファッションが成立します。

安達祐実さんの綺麗目なファッションは、「ホワイトカラー」がキーになっています。印象が良く、表情をすっきり賢く見せてくれるホワイトカラーを使用することで安達祐実さんの幼い顔立ちが、急激にキリっと変化。また、小物使いで、普通の綺麗目とは一線を画した印象を与えています。

安達祐実さんの得意でもあるモード系の小物を取り入れていますよね。少々奇抜にも見えるアイテムを小技として利かせており、安達祐実さんらしいセンスをどこかにポイント見せしています。

 

こだわりのヘアースタイル?安達祐実の黒髪ボブの秘密をインスタグラムで見てみよう!

黒髪ボブの印象が強い安達祐実さん。実はこのヘアースタイルは、安達祐実さんのファッションに比例する大切なヘアースタイルなんです。

時に、安達祐実さんはモードなファッションを楽しんでいますが、モードでちょっぴり大人な安達祐実さんでありたいときは、ビシッとワックスをひいて、結んだ髪型にセット。ボブですが、カットはひとつに縛れる長さにしています。最近では、前髪を伸ばしているのでセンターパーツできちっと分けているセットが目立ちます。クールで大人な印象が素敵ですよね。

またサブカル系のファッションをしているときは、ナチュラルでラフ感を追求し、そのまま髪の毛をおろしています。安達祐実さんの幼い顔立ちを際立たせるためにも、ヘアスタイルも幼くナチュラルに見せているんでしょう。

また綺麗にセットされておろした髪型は、綺麗目なファッションにぴったり。耳にかけてすっきりさせるところがセンス良いですよね。誰からも違和感を感じさせない、馴染みが良いスタイリングです。

36歳とは思えない!安達祐実の美肌の秘訣をインスタグラムでチェック!

インスタグラムで見るような「本当に36歳なの?」と思ってしまう、安達祐実さんの透明感と弾力のある美しすぎる肌が美容業界でも注目されています。どんなスキンケアをやればエイジングケアにつながるのか。コンプレックスを隠すために厚化粧しないで、ナチュラルでいられるのか。

安達祐実さんから学ぶことは多くありそうです。インスタグラムでも確認できますが、しみ・しわがなく、弾力があり、艶もあります。

安達祐実さんが普段行っているスキンケアは、インスタグラムでも解説しているとおりとてもシンプルです。クレンジングや洗顔はこだわりがなく、コンビニで購入することもあるそうです。

また化粧水と美容液は無印良品のエイジングケアラインを使用しているそう。プチプラを賢く使用しているんですね!またメリハリを大切にしているようで、クリームだけはハイブランドでもあるドゥ・ラメールを使用しているそうです。

安達祐実さんのナチュラルな魅力や肌感は薄いファンデーション使いもあるそうです。

基本的にはメイクは薄目にしているそうで、マスカラはほぼしないそうです。ビューラーでくるっとあげて終わりです。ファンデーションはRMK、フェイスパウダーはローラメルシエをはたいて完成。ファンデーションが濃いと、肌の凹み部分に粉がたまってしまったり、時間が経つとよれてしまうことが分かったからこそナチュラルメイクにしているそうですよ。

文藝春秋から発売された「クレンジングをやめたら肌がきれいになった」という本で、安達祐実さんはイメージモデルを務めました。本書の著書はナチュラルコスメブランドの「MiMC」の創立者の北島寿さん。

自身の肌の美しさはナチュラルブランドで作り上げたことをより多くの人に伝えたいがため、当ブランドを設立したそうです。

ナチュラルメイク推進派の安達祐実さんは、なるべくクレンジングを使用しないメイクを心掛けてきたことで肌が本当に生まれ変わったと言っています。安達祐実さんのような肌になりたければ、肌に負担をかけないスキンケアやコスメの使用からスタートすることがいいかもしれません。

 

安達祐実への再注目が止まらない!インスタグラムでチェック!

2017年11月28日に発売されたパーソナルマガジン「home」は、そのまんまリアルな安達祐実さんが知れる作品となっていることで話題になっています。ここ最近の安達祐実さんの美しさへの加速はとにかく注目されるものがあり、旦那である桑島智輝さんの影響だともいわれています。

そんな桑島智輝さんもカメラマンとして参加した70ページのポートレイトが話題。安達祐実さん自身、全てをさらけ出したということで要チェックです。

そもそも企画の趣旨は、「何故、今ここまで美しくいられるのか。安達祐実さんの人生観を聞きたい」というところからスタートしたそうです。この一冊でインスタグラムで掲載されているような、等身大の安達祐実さんのファッションや美の秘訣がまるまるわかってしまうのです。

まとめ

ますますかわいく、美しく変化していく安達祐実さんからしばらく目が離せなそうですね。一説によると、安達祐実さんがこうして美しく進化していった背景には桑島智輝さんとの再婚が理由と思われています。
桑島智輝さんが安達祐実さんの日常を撮影し続けて、世の中に公開したことで安達祐実さんの魅力を世の中が再認識したことにもなりますし、何より桑島智輝さんに愛され、また恋する乙女の「美しくなる力」ってすごいものがありますよね!

もっとたくさんのフォトギャラリーが見たいからこそ、インスタグラムは要チェックですね。