Colorful Instagram

モデル顔負けのスノーボーダー平野歩夢選手のインスタグラムが必見です!

今回紹介するのはモデル顔負けのイケメンフェイスを持つスノーボーダーの平野歩夢選手です。
この平野歩夢選手、イケメンなだけではなく、スノーボーダーとしても類い稀な才能を持ち、ソチオリンピックで銀メダルを獲得している選手です。
そんなイケメンスノーボーダー・平野歩夢さんを紹介していきたいと思います!

平野歩夢選手のプロフィールは?

平野歩夢選手は、1998年11月29日生まれ、新潟県村上市出身の現在19歳です。
スケートパークを経営している家庭に生まれ、4歳の頃から3歳年上の兄の影響でスケートボードとスノーボードを始めました。
雪国に生まれたこともあるのか、メキメキと頭角を表し、小学4年生の頃にはスノーボードメーカーの「バートン」と契約を結びます。
中学生になると、2011年、2012年と全米オープンのジュニアジャムで連覇を果たしました。
2013年には世界トップクラスの大会でもある「X Games」では史上最年少で銀メダルを獲得。さらに同年にはニュージーランドで開催されたワールドカップで優勝を果たします。

 

ソチオリンピックでは日本最年少の銀メダル!

小学生の頃から世界的に活躍していた平野歩夢選手ですが、中学生にしてソチオリンピックに日本代表として出場を果たします。
そして、15際の若さにして銀メダルを獲得しました。
冬季オリンピックで15歳74日での獲得は日本人史上最年少という、日本のスポーツ史に残る偉業を成し遂げます。
また、同時にこの銀メダル獲得はスノーボードにおける最年少のオリンピックメダリストとして、ギネス登録もされました。
イケメンなだけでなく、スポーツ史に残るような偉業も成し遂げる平野歩夢選手。かっこよすぎます!


最大の武器は高さ!

ワールドカップ優勝、ソチオリンピックで銀メダル獲得など、若くして大活躍をしている平野歩夢選手の最大の武器は何と言ってもジャンプの高さにあります。
ハーフパイプで6メートル以上飛ぶジャンプは、他の選手からも一目置かれるほどです。
ハーフパイプ自体が6メートルありますので、その高さはなんとビル4階にも相当します。
そんな高いジャンプを武器に難易度の高い技を繰り出し、好成績を残しています。
生身でビル4階相当の高さまでジャンプするというのはかなり気持ちがいいでしょうね〜。
素人からするとただただ恐怖しかないですが、そこで技まで決めてしまうのを考えると本当にすごいです!

2016年には日本人初のX Games優勝!

2016年にはついにX Gamesで優勝することが出来ました!
改めてX Gamesについて説明しておきますと、様々なエクストリームスポーツを集めて開催される大会です。
その中でも、スノーボードは同時期に開催されるワールドカップを欠場してこちらに出場する選手がいるなど、世界トップクラスの大会であることがよく知られています。
そんなX Gamesでの優勝は日本人初の快挙です。
様々な最年少記録などを塗り替えてきた平野歩夢選手ですが、スノーボード界でも名誉のあるX Gamesでの優勝は念願だったことでしょう。
そんな快挙を周りの人への感謝とともに優勝をインスタグラムで報告しました。

X Gamesでの滑り!

X Gamesで優勝した際の滑りをGo Proで撮影した様子がアップされています。
ちなみに、平野歩夢選手は日本人で最初のGo Proがサポートするアスリートでもあります。
Go Proはアクションカメラとして世界的にも有名なカメラで、今はインスタグラムの流行とともに一般の方にも普及しています。
そんなGo Proで撮影した平野歩夢選手の滑りは躍動感があり迫力たっぷりです!

 

beatsのモデルも務める

アメリカ発のオーディオメーカー「beats」のモデルも務めています。
スノーボーダーは大会でもヘッドホンやイヤホンをつけてテンションを高めて挑む姿がよく見られます。
そこで世界的に活躍し、イケメンな平野歩夢選手がモデルに選ばれたのでしょう。
インスタグラムにアップした動画では、beatsのCMでハーフパイプを滑る様子が映し出されています。

エナジードリンク・モンスターのサポートも!

エナジードリンクとして日本でもよく知られているモンスターからもサポートを受けています。
エナジードリンクはエクストリームスポーツのサポートをよくしていますので、イメージ通りですね!
平野歩夢選手が着用しているニット帽にもモンスターのロゴが出てきます。
モンスターのサポートに感謝するコメントとともに、モンスターの自身のポスターをアップしています。

スケートボードの腕もすごい!

4歳の頃、スケートボードとスケートボードを始めた平野歩夢選手は、スノーボードだけでなくスケートボードの練習も両立していました。
過去にインタビューでも、高さを出す秘訣はスケートボードにあると本人も話しています。
スケートボードは、スノーボードと違って足が固定されていないため、ボディーバランスが数段難しいと言われています。
スケートボードは2020年の東京オリンピックから正式種目となりますが、東京オリンピックにスケートボードで出場を目指すとの噂も。
実際にどうなるのかはわかりませんが、もしスケートボードで出場することになったら、冬季オリンピックだけでなく、夏季オリンピックでもメダリストになるかもしれません!


地元新潟のイベント・長岡花火で1枚

ここまで、平野歩夢選手のスポーツ選手としての一面を紹介してきましたが、10代の男の子としての一面も紹介して行きたいと思います。
こちらは地元新潟県の有名な花火大会である長岡花火を見に行った様子です。
アスリートは日々トレーニングで忙しいと思いますが、こういった季節のイベントにも遊びに行っているようです。
10代らしい一面が見えて、なんだか安心します(笑)
ファンからも「私も長岡花火行った!」とのコメントがたくさんついていますね。

山梨県でサイクリング

仲間と一緒に山梨県にある金川の森でサイクリングを楽しんでいる様子です。
金川の森はかなり大きい森林公園なので、自転車をレンタルしてのんびりと園内をサイクリングしたのでしょう。
スポーティーな自転車ではなく、レンタルのママチャリなところに親近感を覚えますね(笑)
メンツの豪華さにファンがコメントで喜んでいます!


ラッパーとの交流も

平野歩夢選手はジャパレゲやHIPHOPが好きなそうですが、最初の1枚はラッパーで注目されている紅桜と撮影したものです。
ちなみにハッシュタグの「#天下御免」は紅桜のアルバムタイトルです。
次の写真は大阪を代表するラップグループ韻踏合組合のメンバーでもあるHIDADDYことHIDAです。
HIDADDYが経営するアパレルショップ一二三屋で撮影したようですね。
スケーターはラッパーとの交流も深いので、自然とこういった交流も出来たのでしょう。

母に感謝!母親の手作り弁当

学生らしい1枚もインスタグラムにアップしています。
「母に感謝」とのコメントとともに母親の手作り弁当の写真をアップしています。
英語で「この弁当を毎日学校に持って行っています」と紹介しています。
この写真をアップした頃は、高校生でしたが、大学生になった今はどうしているのでしょうか?
若い頃から海外遠征などをしている平野歩夢選手は両親からの愛をしっかり受け止めて育ってきたのでしょう。
母親への感謝を忘れない立派な青年へと成長しています!

 

桜が好きな平野歩夢選手

どうやら桜が好きなようで、シーズンになると桜が登場します。
1枚は地元新潟の高田公園夜桜祭りでの1枚です。
仲間も一緒に遊びに行ったようですね!
もう1枚は、ニュージーランドで撮影した桜のようです。
桜の短い季節だけ咲く様子は、日本人の心に訴えかける特別な美しさがありますが、どこか平野歩夢選手に訴えかけるものがあるのでしょうか。
桜はパッと散ってしまいますが、平野歩夢選手には長く活躍して欲しいものです!


制服姿はまだまだ幼くて可愛らしい!

最後に紹介するのは、高校生時代の制服の写真です。
どこか幼さく可愛らしさが残っていますね!
1枚目は植樹で緑の大切さを学ぶイベントにゲストとして呼ばれた際の1枚です。
偶然だとは思いますが、桜のソメイヨシノを植樹しています。
こうして見ると、普通の高校生にしか見えませんね。
2枚目は同じ学校の友達と撮影した1枚です。
平野歩夢選手は開志国際高等学校のアスリートコースを卒業しているので、一緒に写っている男の子もなんらかのアスリートなのでしょうか。
二人で変顔をしていて、いかにも高校生らしく、可愛らしさのある写真です。

世界的に活躍する平野歩夢選手の、スノーボーダーとしての凄さやイケメンな様子をご紹介してきました。
プライベートでは10代らしい顔も見せてくれ、かっこいいだけでなく可愛らしさもある様子がよくわかります!
これからもインスタグラムで平野歩夢選手のイケメンっぷりに注目しつつ、スノーボーダー選手としての活躍にも大いに期待です!
まだ10代なので、これからますます活躍していくことでしょう。
ぜひこれからも注目してみてください!