モデルのRyutoさんのインスタグラムが魅力的すぎる!!

爽やかで知的なこのイケメンの男性は、ryutoさん(@ryuto_sato_)。1990年生まれの27歳。ryutoさんのプロフィールを紹介していきます。

01.異色の経歴

ryutoさんは、管理部門特化した転職エージェント「株式会社MS-Japan」へ新卒で入社し、その仕事ぶりが評価され新人MVPなど数々の社内賞を受賞

2年目には、最年少で管理職に昇進するほどまでにその手腕を発揮します。

2015年には、株式会社MS-Japanを退職し、ITベンチャーのQrio株式会社へ参画し、セールスマネージャーとしてキャリアを積み重ねます。

現在は、東京都 港区に活動拠点を置いて、フリーでソーシャルメディアマーケティング、カメラマン、さらにはモデルとしての顔も持つ異色の経歴の持ち主です。

カメラマンの顔を持つ彼のインスタグラムのフォロワー数は9,000人に迫る勢い。人気の理由は、男性だけでなく女性から見てもオシャレであること。

魅力的なフォトがいっぱいで、スタイルブックを読んでいるような感覚になります。彼のモデルとしての活動とライフスタイルを紹介していきます。

 

02.A dapple of light and shadow

Ryutoさんのインスタグラムには「A dapple of light and shadow」のメッセージが添えられています。

意味は「光と影が織りなす斑」という意味です。

人生には光が差すときもあれば、影になるときもあります。光と影があるのが人生。光がなければ影もない、影がなければ光もありません。

日常にある何気ないことは、気づかないまま通り過ぎていきます。彼は、誰もがスルーしてしまうような一瞬を切り出して哲学と芸術に変えるのです。

03.How far will you go?

インスタグラムにはHow far will you go? というryutoさんのメッセージが添えられています。意味は、-あなたはどこまで行きますか-

人生や哲学を感じさせる写真とメッセージですよね。

彼の写真は、一瞬一瞬に意味を与え、見る人自身がそれぞれに自由に何かを感じ取ることができる作品が多いです。

あなたはこの作品を見てどのような感情が湧いてきましたか?

そして、あなたはどこまで行きますか?

04.人生の哀愁

地元の人がワンちゃんの散歩する姿、観光に訪れた人が歩く姿。

同じ場所にいても目的は全く違います。

それぞれの人にはそれぞれの人生があり、色んな思いを胸に抱きながらこの場所に立っています。

どんな思いでそこにいるのかは誰にもわかりません。でもそこで生きているということはまぎれもない事実。

彼が切り取る何気ない一瞬から、人生の哀愁を感じます

05.休日のカフェ

ryutoさんは大のCoffee好き。たくさんのカフェを訪れています。この1枚も訪れたカフェで撮影したもの。のんびりとした休日を思わせる1枚ですよね。

たまにはゆっくりとカフェでCoffeeを飲みながら、リフレッシュしてみてはいかがですか?

毎日の忙しさの中では考えられないことに思いを深めても良し。何にも考えず、ただ景色を眺めるも良し。

カフェで心を落ち着かせ、明日の活力をつくるのもたまにはいいものですよ。

06.境界線

ryutoさんのインスタグラムに添えられたメッセージは「A boundary (line) 」。境界線という意味です。

彼のどの瞬間を切り取っても絵になります。女性だけでなく、男性から見てもクールで憧れます。

彼の視線の先には境界線が見えているのでしょう。

その境界線を越えていこうという静かだけど強い決意をこの1枚から感じることができます。

07.Bring it on,Summer!‼︎

遠くを見つめる男性の横顔って素敵ですね。インスタグラムのryutoさんのメッセージは「Bring it on,Summer!」

訪れる夏に期待が充ち溢れています。彼の視線の先には未来があります。力強い眼差しで見つめる未来には、希望・夢・成功が必ず訪れるはずです。

08.春コート

どんなシーンもオシャレに変えてしまう力があるrytoさん。コート姿がめちゃめちゃカッコいい。

うつむいて視線を落とす仕草もとてもセクシーです。「薄手&防水でTECH感があって、Aラインが綺麗な春コートが欲しい」と思っていたそうです。

 

09.春が来た

とにかくスタイリッシュ過ぎて鼻血が出そうです。かっこいいんだけど、風景に溶け込んでいて、主張し過ぎない感じがとても素敵。

春コーデもジャケットやトップスはかっちりとした大人っぽいコーデでも、シューズで崩す感じがオシャレに長けてる感じでグッド。

10.have a good time

「have a good time」~良い時間を過ごしてください~

中目黒にあるスケーターブランドのパーカーをスッキリと着こなすryutoさん。

後ろに映る草やシャッターは、本来フォトジェニックな場所ではありませんが、彼は、構図とパーカーのメッセージでオシャレなシーンに変えてしまいます。

インスタ映えする場所を探して遠くまで出かけて撮影するのも楽しいですが、身近にある何気ないシーンをオシャレに変えてみるのも良いものです。

11.野菜たちが輝いてた

Ryuto Satoさん(@ryuto_sato_)がシェアした投稿

ryutoさんは、このシーンを見て「野菜たちが輝いていた」と言います。この感性はすごいですね。

多くの人たちは、料理を作る人たちに視線が向かうはずですが、その後ろにある野菜とその輝きをとらえる感性はまさにアーティスト。

Ryutoさんの芸術の感性を野菜が放つ輝きが刺激したのでしょう。

12.Coffeeをこよなく愛す

Coffeeが大好きryutoさん。彼のインスタグラムにはカフェの写真が多くアップされています。

こちらはカフェかと思いきや、カフェインをチャージするカフェインホリックというショップ。

さすがオシャレな男性が通う場所は一味違います。

東京虎の門にあるカフェインホリックは、コーヒーの他、紅茶や緑茶などで、カフェインを手軽に摂るショップです。眠気覚ましに一杯いかがですか?

13.ガッツリカフェ

ryutoさんが訪れたカフェは東京の白金にあるdayandnight。ボリューム満点のサンドイッチは、ガッツリと食べたい男子にもピッタリです。

カフェはボリュームが少ないからあまり行かないという男子も満足すること間違いなし。

店内もレトロで落ち着いた印象なので、彼女とのデートランチに利用してみてはいかがでしょう。

 

14.韓国カフェ

ほんとにryutoさんはカフェが大好き。韓国旅行でもカフェ巡りは欠かせません。韓国は実は日本よりもカフェ王国なんです。

ITの国なのでWi-Fi環境も整っているカフェが多く、韓国旅行の際はカフェを活用してみてください。

値段も安くてメニューも豊富なカフェが多い韓国はカフェ通ならぜひ一度は訪れてみたい国のひとつです。

15.To warm oneself

インスタグラムに添えられたryutoさんのメッセージはTo warm oneself

「自分をあたためる」という意味で、実に深いメッセージです。

Ryutoさんは自身が大好きなカフェでCoffeeを飲むことでカラダとココロをあたためます。

あなたは自分をあたためてくれる場所や時間を持っていますか?

本を読む時間、スポーツをする時間、友達と会う時間、どんな時間でもいいから自分をリラックスさせカラダとココロをあたためることができる時間をもってください。

16.炭酸珈琲

一昨年ごろからジワジワときている炭酸コーヒー。その味はいかほどなのでしょう。

Ryutoさんいわく「 最初苦手だったんですが、こん夏ですっかりハマっちゃいました。コーラのコーラな部分だけコーヒーに置き換えた感はあります」。

日常の切り取り方や写真の構図もとても参考になる、とってもオシャレな写真ですね。

17.Everyone has A story

インスタグラムに添えられたryutoさんからのメッセージは「Everyone has A story」

「みんなそれぞれに物語がある」という意味です。メッセージだけでもオシャレですよね。

カフェで働く人、カフェでCoffeeを買う人、カフェの前を通り過ぎる人、みんなそれぞれに人生の物語があり、それぞれに思いを抱いて生きています。

人生って何だろう?生きるってどういうことなんだろう?そんな思いに駆られる一枚です。

18.さらなる進化

フリーでソーシャルメディアマーケティング、カメラマン、モデルとして活躍するryutoさんは、現在ブランド立ち上げるための準備を進めているそうです。

入社二年目で管理職になり、さらにステップアップを続け、様々なことに挑戦するryutoさんの新ブランドがとても楽しみです。