インスタグラムで話題!!お揃いが可愛いパジャマディズニー!?

女性の方であれば、この「パジャマディズニー」の存在は知っているのではないでしょうか?
今若い女性を中心に、ディズニーランドやディズニーシーへ “パジャマ姿で来園する“という「パジャマディズニー」が大流行しています。
もしかすると、読者様の中でもディズニーランドなどへ行った際に、そのような方たちを見た方もいらっしゃるのではないでしょうか?
もちろんインターネット上などでは、批判的な意見も出ているのですが、そもそもなぜ人気が出たのか?ディズニーの運営側は「パジャマディズニー」についてどのように考えているのか?などについて調べてみました。

なぜパジャマディズニーが流行したのか!?

そもそもパジャマディズニーという言葉が流行り出したキッカケは何だったのかを調べてみました。
Twitterやインスタグラムで「パジャマディズニー」と検索すると、お揃いのパジャマでディズニーランドなどを訪れている女性たちの写真がいくつもヒットします。
詳しいブームのキッカケは今のところ不明なのですが、学校の制服でディズニーランドなどを訪れる「制服ディズニー」や、友人とお揃いのファッションを身にまとう「双子コーデ」の延長にあるのではないかと思われます。

SNS上では2013年頃からこのような傾向が目立つようになり、「楽しそう!」「私もやってみたい!」といった声も多く上がっていました。
そういう声も上がっている中で、パジャマディズニーを楽しんだTwitterユーザーやインスタグラムユーザーの投稿がネット上で波紋を広げることとなったようです。

2016年10月20日のツイートによると、このユーザーはゲートでパジャマでの入園を断られた為、急いで近くで服を購入し、ディズニー施設内に入ってからパジャマに着替えたというのです。
いたちごっこのような気もしますが、実際に起きた出来事です。
そして、そのユーザーは以下のようにコメントをしていました。
「なんか夢の国なのに入れませんって言われた…」というコメントからは、入園NG対応に納得していない様子が伺えます。
ツイートは瞬く間に注目を集め、「モラル無いのか!?」「TPOを考えてください!」「夢の国って何してもいい場所じゃないんですよ!?」といった批判的なコメントが続々と寄せられてしまったというのです。
しかし、批判的なコメントと同じくらい「可愛い!」「私も真似してみたい!」などのコメントも寄せられていました。

同じ頃には、パジャマ姿の女性が「ミニーの家」のキッチンに足(土足)を乗せた写真もネット上で拡散されており、この女性が前述させて頂いたツイッターユーザーと同一人物かは不明なのですが、合わせて注目を集めることとなってしまい物議を醸しました。
実際にパジャマディズニーをインスタグラムで見ていると、何だか楽しそうでこれはこれで良いのでは?などと思ってもしまいます。
しかし、公序良俗に反していたり、TPOをわきまえない行動は慎むべきかと思われます。

 

ディズニー側のパジャマディズニーに対しての見解!!

では、実際にディズニー側としては、パジャマディズニーで来園されるお客様のことをどのように思われているのでしょうか?
ディズニー側がOKを出しているのであれば何も問題はないかとは思います。
以前ディズニーサイドへインタビューをしたものがありましたので、そちらをご紹介させて頂きたいと思います。

ディズニー側はこの件に関して、「入園にふさわしくない服装」で入ることを禁止としています。
少し抽象的な感じもする為、誤解を招いてしまう気もします。
裏を返すとパジャマで来ても良いとは言っておりません。
続いてこのようにも話しています。
「パジャマと一言で言ってもさまざまなものがありますので、徹底しづらいのが現状ですが、“外出するときに着るものではない”、“裾が長いものなどは安全面問題がある”という点から、キャスト(従業員)からお声がけするケースがあります」と担当者が答えているそうです。
確かにパジャマと一言で言っても、寝る時に着るようないわゆるパジャマから、少し寝るときに使うようなスウェットタイプまでさまざまです。
ちなみに、ディズニーはハロウィンの時期であれば、仮装での入園が認められているのは有名な話ですよね。

2日目🐭 #disneyland #ディズニーランド #パジャマディズニー #くぅもも

kurumi.さん(@_kuuac)がシェアした投稿 –

しかし、この仮装についても条件があるのです。
それは、「ディズニーキャラクターのみ」というのが仮装して入園することのできる条件になります。
上記のように、入園できる条件にパジャマでも良いと受け取れる文言は一切ありません。
となるとやはりパジャマでディズニーへ行くことは、キャストからはあまり良く思われないことが分かりますね。

あの「とくダネ」でも放送されたパジャマディズニー!!

実はこのパジャマディズニーに関する投稿がTwitterやインスタグラムにてアップされ注目を集めている時期に、小倉智昭さんが司会をされている、あの「とくダネ」でも取り上げられていたのです。
その際の内容を少しだけご紹介させて頂きます。
小倉智昭さんが、「パジャマディズニーがひそかなブームになっている」と言ってVTRが始まりました。

確かに写真を見る感じでは、みなさんとても楽しんでいるように見えます。
しかし、前述させて頂いた例の写真が放送されると、さらにネット上では炎上することになるのです。
それがこちらの画像になります。

どう見ても“キッチンの部分に靴を履いたまま足を乗せて“しまっています。
やはりこういったところは、多くの人の手に触れるところであり、マナー違反と言われてしまっても仕方がないのではと思います。
とくダネでは、さらに以下のように言及をしていました。
・「ハロウィン時期に仮装はOKでも、パジャマは認めていない」
・「このグループは注意をされた後も、そのままパジャマ姿で遊び続けた」
大半の人たちがマナーを守って、そしてキャストの方たちはディズニーランドを守っている訳ですから、ルール違反はNGですよね。

 

そして、とくダネはさらに、過去にパジャマディズニーを経験された20代女性の方に電話をします。
電話先の女性は、パジャマディズニーをした理由についてこのように語っていました。
「過去に何人かパジャマディズニーをやっている人たちのを見て、私たちもやりたいよねって話はしていた」「ディズニーだから何でもどんな格好でも恥ずかしくないよね」という何とも身勝手な発言が飛び出していました。
ディズニーという特別な世界が、何か人々に何でもやって良いなどという勘違いを生んでいるとは思ってもみなかったのではないでしょうか。
それに対してのディズニーファンのコメントもあります。
「夢と魔法の国をキープするために沢山のルールがある、それを守っての夢と魔法の国」と、まさに正論だと思います。
今回のとくダネの放送では、さらにパジャマディズニーをやってしまう人たちの心理についても言及していましたので、少しご紹介させて頂きます。

人と違うことをして注目を浴びたい
この考えを持っている方は非常に多いように思います。
各SNS通して言えることなのですが、子供にタバコを吸わせてしまっていたり、飲食店のアルバイトスタッフが勝手にお店の物を食べていたり、車の運転中にスマホで自撮りをしたり、など挙げだしたらキリがありませんが、とにかく人から注目を浴びたいという考えを持っている人は多いでしょう。
これらは注目の浴び方を間違えていますので、決して真似はしないようにして下さい。
写真をSNS上にアップして驚かせたい
これも上記心理状況と似たところはありますね。
人違うことをして、常識外れなことをして各SNS上にアップをすることにより、アクセス数やコメントがたくさん欲しいという心理もそこにはあるかと思います。
しかし、このような形でアクセスが増えてコメントをもらったところで、何の意味もないことに早く気付いて欲しいものですね。
せっかくパジャマを用意したので注意されても着たい
気持ちは分かりますが、やはり世の中にはルールがあります。
これに関しては、ディズニー側がきちんとした形で「ダメ」と言っている訳ですから、それはダメなことなのです。
したいことはしたいと言い出したら、小さな子供と同じです。

 

パジャマディズニーまとめ!!

最近でも人気が続いているパジャマディズニーですが、やはりニュースで報道されていて、インスタグラムやTwitterなどでも炎上していることから、特別な事情がない限りは自重したほうが良いのではと思ってしまいます。
双子コーデや制服ディズニーであれば何も問題はありません。
みんなのディズニーはみんなで守っていきましょう。