Colorful Instagram

日本大好きな超大物ラリーエリソンって誰?

大の日本好きという一面を持ち、世界的にも有名な企業家で知られているラリーエリソンですが、意外と日本では知らない方も多いはず!

ある世界的企業を作り出し、現在は世界長者番付(世界の金持ちランキング)で10位に君臨する数々の偉業と革命を起こしてきた企業家でもあります。また、プライベートは派手好きということもあり、様々な話題で世間を騒がせている人物としても有名。ですが、若者想い・日本想いな一面を持つ彼は一体どんな人なのか?今回の記事では、過去から現在まで、ラリーエリソンの人生を特集していきたいと思います!

ORACLEという世界的企業

ラリーエリソンといえば、海外ではまず頭に浮かぶのが「ORACLE(オラクル)」という企業なんです。ORACLEはアメリカ合衆国のコンピューター系のソフトウェア開発会社で、彼が創設した企業なんです。

アメリカ企業という括りではなく、世界企業としてソフトウェア開発会社というカテゴリで世界2位という世界TOP3の超大企業なんですね!そんな正解的企業へと育て上げた彼の過去は、順風満帆というわけではありませんでした。

30代までは想像がつかない平凡な人生

現在の彼では想像がつかない程に、20代の時は悲惨な人生だったというから驚き!なんと、20代で2度の離婚を経験し、2度も大学に入学したのにも関わらず、卒業できず仕事もおぼつかない日々が続いたといいます。

ここまでは、何もパッとしない彼の人生ですが、現在は4度の離婚を経験しているようですが、昔から女性にモテたのは変わらないようです!また、里子に出された過去を持つ、今は亡きAppleのスティーブ・ジョブズと親友的な関係だったということも有名です。さて、ここからが彼の人生逆転劇が始まります。

世界的な超お金持ちへ

そんな悲惨な人生を過ごした後に、彼は勤めていたコンピューター会社を退社し、現在のORACLEを自分の資金38万円だけで始めます。その後、年々と革命的な開発を行い、瞬く間に今のORACLEへと育て上げます。

現在の彼の総資産は574憶ドルと日本円で換算すると….なんと6兆4200億円という理解が出来ない数字に。元々派手好きな一面を持つ彼は、パーティーやイベントなどでド派手な演出など、インパクトだらけのアメリカらしいお金の使い方も見受けられます!

アイアンマンの公式スポンサー

アベンジャーズなどでも登場する日本でも有名な「アイアンマン」という映画の公式スポンサーもORACLEが努めていることで有名です。劇中では、メインの建物やなどを注目してみると「ORACLE」の建物だったりするんです。

特に彼らしい部分は、劇中に本人役として自分が出演しているというビッグで派手好きなところ(笑)ですが、何故アイアンマンのスポンサーをORACLEが行っているかという理由としては、MARVEL(マーベル)がORACLEのユーザーだからだそうです。

若者に向けて発信している

彼は、自分の人生を振り返り、若者に向けてメッセージを放つことでも有名です。以前カルフォルニア大学の卒業式で、卒業生へ向け演説の中で送った言葉が有名です。

「自分がどういった仕事をしたいのか分からないのであれば、自分が情熱を傾けられる仕事が見つかるまで探し続けることが最も重要なことだ。この世界では、何も行動を起こさないことが何よりもリスクなんだ。」と自分が遅咲きだったこともあり、まだ急ぐ必要はない!ただ、行動はするんだ!という自分の人生で味わってきた困難・思考など全てを伝えようとする若者想いな一面が1人の人間としても素敵です。

大の親日家な一面も!

派手好きな彼ですが、超日本大好きな親日家なんです!特に和風な雰囲気が好きらしく、京都にも家を所有して、日本庭園まで構えているから驚き!更に、自国アメリカにも日本伝統的な自宅を所有する豪快っぷり!

そんな親日家になったきっかけは京都旅行だったそうで、自分達西洋人からすると違う惑星に来たかと思う程に、建物・雰囲気が違うので一目惚れだったそう。更に、メディア出演時には「コンニチワ~」などと日本語を喋ってくれたりと、何かと可愛い一面も彼の魅力の1つ!

さいごに

今回は、意外と知られていないラリーエリソンのビジネスマン・親日家としての一面やORACLEといった企業などの海外向けの記事でしたが、如何でしたでしょうか?

映画アイアンマンを見る機会がある方は、是非劇中の建物や登場人物に注目してみると「あっ!あの人だ!」ってなるかもしれませんね!今後の活躍にも目を光らせたいと思います!