Colorful Instagram

素顔とのギャップにあぜん!16歳の美少女がはまる映画メイクのクオリティーが高い!!

一体何があったんだ?この子は大丈夫なのか?驚かれた方も安心してください、これは映画を真似た特殊メイクです。

写真の女性の名前は、ケイト・ヴェルナー(@beautygonebad)さん。アメリカのテキサス州に住む16歳の女のコ。

実はこのメイク、彼女が自分でメイクアップしたもの。クオリティー高いですよね。ケイトさんは、メイクアップ好きがこうじて、映画の特殊メイクにはまってしまったんだそうです。

その映画メイクをインスタグラムに投稿したところ、またたく間に人気上昇。フォロワーが5万1千人 を超える人気のインスタグラマーです。

ケイトさんは素顔はとてもステキなんですが、その素顔を覆う映画メイクは10時間を超えるものもあるんだとか。

もはや「メイク好きなんです。テヘ」というレベルではありません。彼女の投稿順に映画メイクを見ていきましょう。映画メイクに挑戦する度にクオリティーがどんどん上がっていくのにも気が付くはずです。

ヤケドメイク

ケイトさんは、インスタグラムに投稿する前からYouTubeなどで映画メイクを投稿していました。この1枚はケイトさんが初めてインスタグラムに投稿した写真です。

このヤケドは、ゼラチン、液体グリセリン、水の混合物を使ってメイクアップしていくんだそうです。

ゼラチンを混ぜ合わせたものを乾かし、それを薬剤で溶かしながら肌の感じを出し、塗料、アイシャドウなどで着色をします。

フェイクの血液もDIY をして作るのですから大したものです。最後にヤケドのリアルさを出すために、ワセリンで最後に仕上げているのだそう。

ゾンビメイク

ケイトさんはゾンビメイクがお気に入り。アイシャドウや口紅などの通常のメイクだけでなく、クリーム状の塗料もたくさん使ってゾンビにメイクアップしていきます。

メイクもさることながら、撮影当時15歳とは思えない大人っぽい表情のケイトさんもステキですよね。

ドットメイク

ゼラチン、液体グリセリン、水の混合物を使ってドットメイクアップ。それらを接着剤で自分の顔に接着しています。 小さなドットはアイライナーで描いたんですって。

フェスやハロウィンでライトなコスプレを楽しむときに試してみたいですよね。

Green Faceメイク

ケイトさんのメイクアップレベルが加速し始めます。ケイトさんの顔にメイクされたグリーンメイクは、パラダイスパレットを利用して明るい緑と深い緑のドラゴングリーンで立体感を出しています。

眉毛は、パウダーを糊付けし、アイライナーで整えます。唇にもアイライナーを使っているんだそうです。アイライナーが映画メイクには重宝しそうですね。

エイリアンメイク

一瞬レディ・ガガのデカ目メイクかと思ってしまいますが、エイリアンのメイクです。一般的なメイクは顔だけなのですが、ケイトさんは違います。首元の見えるところまでメイクアップすることで、メイクアップのクオリティーがぐっとあがります。

こちらもしっかりアイライナーで細かな陰影を入れることで、エイリアンの持つ立体感が演出されていて不気味ですよね。

老け顔メイク

もともとが若く美しい顔立ちなので、老け顔メイクは大変だったのではないでしょうか。目元、口元、唇のラインがリアルです。首元や胸元までメイクアップすれば、さらに老け感が出るんでしょうね。

ゾンビメイクに試行錯誤

思考錯誤してますというケイトさん。いやいや、「これどうなってんの?」と何度も見直してしまいます。

まず目に飛び込んでくるのが、大きく避けた口。ゼラチンで作った特殊メイク用の肌を付けて、唇を黒く隠しています。

歯はつけ爪を使ってますよね。おでこや耳の裂けた部分から苔が生えてきているのもゾンビの腐敗感のリアルさを際立たせています。

ハロウィンでウケる特殊メイクなのではないでしょうか?

痛い痛いメイク

見るものを「痛たたたた」と思わせるメイクですよね。背中のあたりがゾワゾワッとします。

鋭利なもので引き裂かれたような皮膚。そして皮膚の組織のシワシワのダメージ感。さらにはジュワジュワと染み出してくる血液の感じ。こういうケガは絶対にしたくないですが、自分がケガするよりも周りで見ているほうが痛がるケガですよね。

ロボットメイク

ケイトロボットが開発されています。IDは235番。AIを搭載した未来のロボットの姿がここにあります。唇と瞳のクオリティーの高さが、ロボット感を際立たせます。

スモーキーアイ

たまにはこんなメイクもみてみたいですよね。セクシーでかっこいい大人の雰囲気を演出するスモーキーアイメイク

ノーメイクのままでも大きな瞳のケイトさんですが、さらに目を大きな印象にして、目力も強くなっています。

スモーキーメイクは外国人の女性がやっている印象が強いですが、日本人の顔によく似合うメイクなんだとか。

大人っぽさを演出したいときに挑戦してみてはいかがでしょう。

氷の国の女王

今度は氷の国の女王に変身。おでこの樹氷、氷のイヤリング、そして首の装飾は全てケイトさんがつくったもので、接着剤を熱で溶かしてつくったんだそうです。

装飾と透明感のあるメイクによって、クールで美しい氷の国の女王様のできあがり。

グリンチ

グリンチというキャラクターを知っていますか?あまり日本ではメジャーなキャラクターではないんですが、アメリカでは人気の絵本のキャラクターなんですよ。

グリンチはジムキャリー主演で映画にもなっているんです。そのときの特殊メイクがアカデミー賞のメイクアップ賞を受賞しているんです。

そういえば、ジムキャリーはマスクという映画でも緑色の特殊メイクで出演していましたよね。緑色のキャラクターにしやすい顔なのでしょうか?

ひび割れた骸骨

ひび割れた骸骨メイクに挑戦。目の周りのくぼみに立体感が強いですよね。髪の毛は金属のカツラだそうです。

まだケイトさんはやってませんが、日本の人気漫画「進撃の巨人」メイクも近い将来ありそうですね。

トカゲ半分ヒト半分

トカゲとヤモリなどの爬虫類が大好きというケイトさん。顔の半分をトカゲにして大満足です。このメイクも、ものすごく時間がかかったそうですよ。

ジョーズ

美しいビーチで次々とヒトを襲う人食いザメが世界を震撼させたスティーヴン・スピルバーグ監督の映画「ジョーズ」。そのジョーズに影響を受けたケイトさんは、ジョーズメイクに挑戦。

ケイトさんが人食いザメに食べられているかのようなメイクは、少しかわいい感じもします。

TWO FACE MAKEUP

ケイトさんの顔の右半分がメイクを施されているのかと思いきや、よく見ると顔の左半分もメイクがされています。どちらの顔も怒ってます。

 

マスクメイク

マスクを剥して向こう側を見てみたくなります。見てるんですけどね。

ジョーカー

あたかもマスクを着けているようなメイク。ケイトさんの面影は、もうありません。髪にはボディーペイント用の塗料を塗っているそうです。

X-Men

ケイトさんの映画メイクはどんどんグレードアップしていきます。X-Men のメイクに挑戦。

Robin

イラストかと思うほどのメイクアップ

CATWOMAN

バットマンに出てくるキャラクター、キャットウーマンのオトナっぽいメイクアップに挑戦。

ケイトさんは様々な映画やコミックからインスピレーションを受けてメイクアップに挑戦中。

POP ART ZOMBIE!

ケイトさんオリジナルのゾンビメイク。明るいグリーンにピンクを差してポップな雰囲気のある完全オリジナルゾンビのメイク。

素顔とメイクのギャップに唖然

大人っぽさの中に残るあどけない笑顔がステキですよね。映画メイクをしていないケイトさんは、本当にビューティフル。映画メイクとのギャップに唖然としてしましいます。