日中美容研究家!濱田文恵の美容の秘訣とは!?

女性にとって、美への追求はいつまでもこだわりたいものですよね。
若い女性でも、油断していると年齢を重ねた時に大きな影響を及ぼすものです。
スキンケアは非常に重要なんですよ!
そんな美容に関して、インスタグラムで積極的に紹介している濱田文恵さんという女性がいます。
日中を股にかけて活躍する濱田文恵さんとは、一体どのような女性なのでしょうか?
今回は、濱田文恵さんの秘密に迫っていきます。

濱田文恵とはどんな女性?

名前:濱田文恵(中国名:庞雅君)
生年月日:1990年
出身地: 中国江蘇省蘇州
身長:???
血液型:???

濱田文恵さんは、中国の江蘇省出身の女性です。
インナービューティーやコスメにまつわる美容系の資格を多数保有し、日の探求者と多くの方から称されている女性です。
主な資格としては、以下があります。

・JOCA協会認定オーガニックコスメアドバイザー
・LBM認定美浄化スキンアドバイザー
・女性ホルモンバランスプランナー
・日本化粧品検定協会認定コスメコンシェルジュ
・日本化粧品検定協会認定コスメコンシェルジュインストラクター
・日本化粧品協会認定コスメプランナー
・日本化粧品協会認定マーケティングプランナー

これはあくまでも一部であり、まだまだ美に関する資格を所有しているのです。
相当な勉強家であるという印象を持ちますね!

大学卒業後、一度EC関連会社のWEBデザイナーとして働きます。
その後、女性が働きながら綺麗でいることの両立の大変さを痛感し、その際にひどい肌荒れを経験してしまいます。
この際に、自ら美容に関しての知識を学ぼうと、美容業界へ足を入れます。

一度、化粧品の企画/開発/販促を行う広告代理店に転職し、その後2015年10月フリーライターとして独立することになります。
この行動力の高さは、彼女の魅力の一つになっています!
最初に広告代理店に転職した経験が大きく生き、企業向けのランディングページ、販促物、コンセプト及びコピー考案を担当するライターとして大活躍しています。
WEBデザイナーであった点も非常に大きいですよね。

この仕事を通じて、更に美への意識が高まっていきます。
常に探究心を忘れず、資格を次々と獲得していき、ついに14もの資格を所有することになります。
また、日本だけでなく出身地である中国でも東洋美容を中心とした研究を重ねて、日中美容研究家して大活躍しているのです。

個人向けのレッスンも大人気!

濱田文恵さんは、メディアでのライティング業務だけでなく、個人向けのスキンケアやメイクアップのレッスンも行なっています。
こちらは、ユニ・チャームの強力を得て、スキンケアレッスンを開催した時の投稿です。
有名な企業であるユニ・チャームが全面的に協力するとは、さすがの人脈であるという印象ですね!

テーマは「本格化する夏を前に!美白肌をつくる」で開催されました。
やはり、紫外線が夏の重要なテーマですよね。
紫外線をカットするだけでなく、負けない肌作りをすることを、このレッスンで熱弁されています。

肌に関しての知識だけでなく、紫外線の基本知識ももたらしてくれる辺りは、科学的なアプローチを意識して完璧さを求めているように見えますね!
レッスンの後半は、実践と一人一人に合わせたQ&Aタイムが設けられました。
参加されている方も、積極的に質問するなど、非常に有意義なレッスンが行われています。

この投稿は、シルコットとのコラボレーションで開催した、梅雨のベタつきに負けない肌作りレッスンの模様です。
濱田文恵さんの資格所有の中には、ヘアケア関係のものも数多くあります!
このレッスンでは、肌作りをメインとしているのですが、梅雨時期にどうしても気になるヘアスタイルに関してもご指導をされていました。

梅雨時期になると、湿気で肌が保湿されるようなイメージですが、実は肌が乾燥しやすい季節なのです。
また、紫外線ダメージも相当に高いものなのです。
更に、過剰な皮脂分泌が発生するので、にきびの発生リスクも非常に高まります。

この点を解消するため、パッティング技術や使用するコットンを、実践を交えたレッスンを展開しています。
濱田文恵さんが持つ知識と、シルコットの上質なコットンがうまくコラボされて、最高のレッスンが行われている印象です!
シルコットでは、毎月定期的なレッスンが行われていますし、ホームページやブログでもその模様が紹介されていますので、欠かさずチェックしたいですね。

スキンケアアイテムの紹介も欠かさない!

濱田文恵さんは、もちろんスキンケア技術に優れているだけでなくスキンケアアイテムの選定スキルも高いものがあります。
単純に効果が高いものだけでなく、安全性なども十分に考慮して、長く使用できるアイテム選びをしているのです。
また、単に高級なものだけでなく、コストパフォーマンスの高いアイテム選びの指南も事欠かしません。

この投稿では、コーチを象徴するオードトワレを紹介しています。
肌がきれいなだけでなく、スメルマネジメントも女性にとって重要なテーマですよね。
その意味で、コーチのこのオードトワレは、ナチュラルでありながら癒やしの効果もある香りを楽しめます。

決して安いアイテムではないのですが、相乗効果が高くハイセンスな女性をつよく印象付けます。
また、自立した女性というイメージも持たせる香りであることを解説しています。
実際に使う前でも、使用した後をイメージさせやすい解説をしてくれるのがとてもありがたいですね。

こちらは、ETVOSのコスメアイテムを紹介した投稿です。
ETVOSのコスメは、石鹸でも洗い流せるので、肌が疲れ気味であっり帰宅後に時間が取れない際には重宝するアイテムです。
今年のトレンドカラーとしてアビスブルーがありますが、そのトレンドカラーをしっかりと取り入れている辺りが流石の一言です!

このように、単にメイクアップで映えるアイテムの紹介だけでなく、実用性の高さであったり落としやすさも重視したアイテムの紹介が彼女の得意分野です。
また、トレンドカラーの紹介や、それを活かしたメイクアップの紹介にも力を入れています。
このテクニックは、もちろんインスタグラムだけでなくレッスン時にも余すところなく紹介してくれます。

若い女性なら、絶対に知っておきたい情報満載ですよ!

食から美を追求!

美容というのは非常に奥が深いジャンルであり、表面的な美だけでなく食生活の観点からもアプローチする必要があります。
濱田文恵さんも、もちろん食生活からの美を意識して、インスタグラムでも頻繁にメニュー紹介しています。
こちらは、お昼ごはんに食べた薬膳スープを紹介した際の投稿です。

中国での一コマですが、当帰生姜羊肉湯と呼ばれるスープです。
冬は汗をかきにくく余分な水分を出すために、腎がフル稼働状態になります。
そこで、腎をサポートする羊肉やクコの実、山芋などを存分に使用した当帰生姜羊肉湯が効果的なのです。

内臓系の機能が弱まると、肌荒れを発生させやすくなります。
それを予防しようと、このような効果的なスープが重要になるのです。

また、意外と重要なのが朝食です。
女性の場合、朝食は食べない方も多いのではないでしょうか?
ただ、朝食でバランスよく栄養を摂取すると、一日をアクティブに過ごすことができますし、肌にも高い効果をもたらします。

この投稿では、かの有名なケロッグのお仕事をされた際の投稿です。
アーモンドミルクを日本に普及させようと、今尽力している最中です!
牛乳の組み合せからグラノーラとアーモンドミルクに変えるだけで、ビタミンE約4.7倍、食物繊維が約3.8倍にもアップすることを熱弁されています。
カロリー的にも高くありませんので、ダイエットを意識されている女性でも安心して摂取できそうですね!

このように、彼女は食品業界からも高い注目を集めている存在になっています。

自身のスキンケアやファッションも紹介!

いくら美容に関する知識が豊富でも、張本人が魅力ある女性でないと説得力がないと言わざるを得ません。
その意味では、濱田文恵さんは美人でスタイルが良く、ファッションセンスも抜群な女性です。
普段のインスタグラムの投稿では、あまり全身写真を載せる機会がないのですが、この投稿では激レアな全身ショットを披露しています。

Peachjohnのセットアップをきれいに着こなし、ナチュラルな美人をつよく印象付けています。
全身が細身で、スラッとしている印象ですね!
また、腕も長くて惚れ惚れします。

ナチュラルなセットアップに、ピンクのパンプスでうまくアクセントを付けている辺りもさすがの一言です。

濱田文恵さんは、芸能人のようにプライベートを隠すこと無く、インスタグラムでもありのままをさらけ出している印象です。
この投稿では、とってもセクシーなファッションを披露しています。
実は、この日は彼氏とのデート時に撮影した一コマです。
彼氏がいることをさらっと表明している点からも、彼女のありのままをさらけ出す感じが垣間見れます。

とてもスタイルが良いですし、自身のスタイルにも絶対の自信を持っている印象です。
確かに、このスタイルならみんなに見せつけたくなっちゃいますよね!
もちろん、この体型をキープするために日々努力されている事は見逃せない事実です。

自分磨きを常に忘れないということは、非常に重要なのです。

こんな女性になりたい!

いかがでしたでしょうか?
濱田文恵さんは、本当に数多くのメディアでその名を見かけます。
また、レッスン会では実際に濱田文恵さんから直接指導を受ける事もできます。
是非、彼女のテクニックを習得して、毎日をアクティブに楽しく過ごせる女性になりたいものですね。