息子と父さんの創造力が面白いインスタグラムをご紹介します

一目でなにを描いたのかわかる作品もあれば、いくら眺めてもなにを描いたのかわからない作品もたくさんありまる子供が描く絵って面白いです。そんな作品はどれもたくさんの夢や希望がぎっしりと詰まってキラキラしています。

へんてこな絵でも味があり、いつまでもとっておきたくなるのが我が子の絵です。しかし、そんな我が子の絵をとっておくのではなく、ひと工夫加えたお父さんがいます。

我が子が描いた絵をフォトショップによってリアルにブラッシュアップしインスタグラムで公開している親子のインスタグラムをご紹介します。

hingsihavedrawn

このアカウントは、イギリス在住の7歳のドム・カーティスくんと父親のトム・カーティスさんの共同作業です。

ドムくんはお絵かきが大好き。彼の絵は子供らしさが溢れた可愛らしくてちょっとへんてこな絵です。その絵をお父さんがPフォトショップを使ってブラッシュアップし、ドムくんが描いた絵をリアルに再現しています。

海外の大手コミュニティサイトでこのアカウントで公開している作品が取り上げられたところかなり反響があり、フォロワーが一気に増えました。では、早速どのような作品が公開されているのか見てみましょう。お父さんの愛の深さとドムくんの絵に感動すること間違いありません。

絵にそっくり!

「僕とお父さんの新しい絵です。(僕はスケッチブックの後ろに立っています。)今週のプロジェクト“イミテーション”のために。お父さんは僕が描いた絵のように顔をしかめました。」というコメントが添えられたこの作品。

ぞっとするくらい絵に似ています。ここまで再現できるとはびっくりです。

もしかして、赤鼻のトナカイ?

ドムくんが描いた絵には「トナカイのルドルフは赤い鼻を持っていました。歌ではその鼻が輝くとさえ言っています。」というコメントが添えられています。どうやらこの絵は赤鼻のトナカイを描いたもののようですね。

お父さんが実写化したものには「今、彼はどうしているのでしょうか。彼はとてもみじめに見ます。おそらく、彼はソリを引けず悲しかったのです。煙突を見て彼は悲しんでいます。サンタは煙突をのぼる途中で落ちてしまいました!」とのコメントが。

なんと、サンタが煙突をのぼっている途中で落っこちてしまったようです。それを見てトナカイは悲しんでいるのです。

作品もだけどその格好が気になる

ドムくんはトラクターの絵を描きました。タイヤの大きさが前後で違ったり、車体のバランスが不安定だったりとつっこみどころはたくさんあるのですが、描いた作品よりも絵を描いている格好にどうしても目が行ってしまします。

これはどうやらダース・ベイダーのようですね。ダース・ベイダーがこのような絵を描いていたらと想像すると面白いです。

これは一体なんだろう

緑色の体に黄色い足が4本。そして顔はこちらを向いて私たちに笑いかけています。一体、この生き物はなんでしょう。

お父さんが実写化したものを見てみると…カエルでしょうか?ドムくんはカエルだと言い張っているようですが、お父さんの方はカエルではないと思っています。

こんなクマなら怖くないかも

 

実写化したものを見てみると、どうやらドムくんはクマを描いていたようですね。

子供の目で見たクマはこんなものでしょうか。

破れても実写化する父がすごい

この写真を見て驚くのは、頭部分がないことですね。しかも、切り口が異様に生々しいです。

「描いた絵に満足できていなかったし、怒りの発作を起こしてドムは絵を破りました。これが偶然の一致であればいいのですが、本物のクロコダイルがこれ以来ずっと体の調子が悪そうなのです。」というコメントが気になります。

魂を込めて描いた絵はモデルにまで影響を及ぼすものなのでしょうか。早くクロコダイルの体調が良くなるといいですね。

どっしりしたフォルムのペンギン

ペンギンは重心が下にあることが一目でわかる生き物です。しかし、この写真のペンギンは安定感があると言うよりもどっしりとしたフォルムと言うほうがしっくりきます。

それにしてもこちらに向かって嬉しそうに手を振っている姿はなんともほほえましいです。見ているとこちらも自然に口元が緩んできそうです。

ロボット恐竜現る

ドムくんの絵では恐竜にしか見ませんが、実写化するとなんとロボット恐竜になっているのです。しかも、お尻あたりからは火が出ています。

このロボット恐竜は空を飛ぶことまでできるんですね。実際にいたら怖いけれどいちど見てみたくなるようなロボット恐竜です。

ドム君の創造力にお父さんの創造力が付け加わって誕生した生物は全て楽しいですね。

まとめ

いかがでしょうか。ドムくんが描いた絵が忠実に再現されていました。

父親のトムさんは、息子の絵が大好きでその絵を少しでも多くの人に楽しんでもらえたら嬉しいと思ったことからこの企画を始めたそうです。

インスタグラムを通じてドムくんが描いた世界を垣間見たフォロワーたちはトムさんと同じようにドムくんの絵に魅了されています。。

これを見て挑戦してみたいお父さんやお母さんも多いと思います!今後もどんな作品がアップされるのか目を離すことができない彼らのアカウントをフォローしてみませんか?