ちょっと変わったフランスの本屋さんがインスタグラムで話題!!

フランスの本屋さんで、ちょっと変わったインスタグラム写真を投稿しているのを発見しました!どんな写真を投稿しているかと言いますと、本の表紙を使って、おもしろ写真を撮っています。写真の撮影の仕方は簡単!表紙が写真になっている本を使って、表紙に写っていない部分を、リアルな人間が補足して、現実とフィクションを一体化させたものを写真にするのです。本と人間の共同作業です。では、どの様にして写真を撮っているのか、インスタグラム の写真と共に、見ていきましょう!

赤いルージュが印象的な写真


こちらのインスタグラムに投稿されたのは、顔から下半分が表紙カバーになった本を使って撮影がされています。表紙には写っていない部分を、女性が補って、その本の表紙の人を完成させています。どうでしょうか?まるで、本の部分だけフィルターがかけられている様に見えませんか?本の表紙を使ってこんな面白くて、素敵な写真が撮れちゃうんです!

似顔絵もリンクさせちゃうテクニック


インスタグラムの写真には、4枚それぞれ違うモデルが本とコラボした写真が投稿されていました。左上は、絵が描かれた表紙をリアルに現実と重ね合わせています。忠実に黒目の部分もリンクさせているこだわりようです!上右は、一瞬違和感が全くない程、現実のモデルと、本の表紙がリンクしています。本の下には、現実の世界が広がっているという不思議な写真です。左下の下の写真では、タバコを吸おうとしている男性の表紙写真と、上手にリンクしています。右下の写真は、現実のタバコがほんの中から出てきているようです。何故か、もうその人にしか見えなくなっている写真です。4枚の写真全てが、リアルに現実と本の世界をリンクさせています。

 

パーツを使った写真


こちらで投稿されたインスタグラムの写真は、顏以外のパーツも全身を使ってリンクさせてしまっています!左上の写真は、2人がかりで撮影しています。きちんと2人が本の表紙の写真とリンクしています。相手の顔に添えている腕の部分もそのままです。右上の写真は、表紙と同じ三つ編みのお下げにして、衣装もそれっぽい一瞬見分けのつかない写真になっています。おそらく現実のモデルの方はアジア人ではないと思うのですが、見事に1人の人間にリンクさせていますね!左下は、絵と現実の人がリンクしています。髪の毛を帽子に見立てているのでしょうか?なぜか右手まで何となくポーズを撮ってしまっているのでした。最後に、右下の写真はかなり高度に本の世界と現実をリンクさせています。顔上部と、下から覗く足が現実の世界に見えてしまっているかのように、リアルにリンクさせた1枚でした。顔部分だけでなく、身体のパーツもリンクさせるという高度なテクニックが使われています。

3人が協力して撮影された写真


見てください!このインスタグラム投稿写真は、3人が協力して撮影された写真です。首から下は、この3人のイマジネーションを働かせて、自由に撮影されています。皆さんそれぞれ自由にイメージされてポーズをキメています。あなただったら、どんなポーズを撮ったらいいと思いますか?あなたのイメージしたポーズ次第で、全く違う写真が撮れちゃいます!

面白い表紙シリーズ


それにしても、海外は本の表紙に人の写真がそのまま乗っていたり、人が描かれている本が多い事にビックリします。日本では週刊雑誌や、月刊雑誌などは人の写真が載っていますが、ハードカバーの本でも文庫本でもあまり見かけません。こちらのインスタグラムに投稿された写真は、どれも他の写真とテイストの違うものが集まっています。右下の写真は特に、何でこの表紙の人が手を出しているシーンを表紙に選んでいるのかというのが不明です。しかも、現実の人と、表紙の中の人が異様に一体化が自然過ぎると思いませんか?海外の表紙は、様々な面白い写真が採用された表紙があることが分かる写真投稿でした。

現実のパーツ応用編


現実の人間の髪の毛を上手く利用して撮影された、インスタグラムの写真です。まるで、目の前で現実の人がタバコを吸っているかのようにリアルな写真になっていませんか?フィクションがリアルだと錯覚させられる1枚です。身体のパーツを、この写真の様に混ぜ合わせるという手法を使えば、よりリアルにリンクするということが分かりました。

 

ナナメ表紙の写真を上手に使用した写真


まず、このインスタグラムの写真を見て、表紙の斬新さに驚かされたのではないでしょうか?ナナメで、しかも途中で切れている写真を表紙にするというのは、人と違った視点おを持っていないと作れない表紙です。さらに、もっと驚かされたのは、現実の人と、表紙の写真がピッタリ一体化していることです。こんなにきれいに輪郭や、目の色、眉毛の高さって合致するものかとビックリした1枚でした。

インパクトある表紙を利用した投稿


こちらのインスタグラムに投稿された写真も、個性的な表紙ばかりを使用しています。右上はイラストの顔と、現実の人間が、妙に合っていてしっくりきます。右下の写真も特徴的で、きれいなブレイズヘアを利用していて、まるで本の表紙の人の髪の毛が、現実の空間に出てきてしまった様に見えています。どの写真もクオリティの高さを感じる、投稿写真でした。

違和感無し!リアルすぎる写真


こちらのインスタグラム写真は、口だけの写真を表紙にしている本を使用しています。そこを切り取って表紙にするの?と驚かされるのはもちろんのこと、現実の人の顔と体と手などをほぼ利用しているという部分も注目したいポイントです。まるでこの現実の人が表紙の写真のモデルかというくらい、違和感を感じられません。歩いていたら、そのままスルーしてしまいそうなくらい自然な写真でした。

難しい横顔の表紙を利用した写真


横顔の表紙写真を利用したインスタグラム写真です。なかなか角度が難しかったと思うのですが、この方は、前髪を上手に利用しています。前髪を使用したことで、より違和感のないリンク写真が撮れています。こんなきれいな横顔、憧れますね!

 

表紙の人物と、現実の人は同一人物?


もう1枚、インスタグラムの投稿写真で、横顔の表紙写真を利用した写真を見つけました!あなたは、この写真にどんな印象を受けましたか?目の開き具合や、唇の開き具合までこだわって撮影されています。本で顔を隠しているのに、隠せていないと思ってしまうくらい、現実の人と、表紙の中の人が似ています。それにしても、きれいな横顔をされていますよね。

上手に自分の身体の一部に取り入れている写真


パーツの切り取り方が過ごすぎる、インスタグラム写真です。左上の表紙の写真は、本当に顔のパーツがある部分だけ切り取られている写真が使われています。一体どの様な本なのか気になりますが、きれいにそのまま、現実の人間と横顔を入れ替えている様に見えますよね。右上のイラストは、もはや完全に本の表紙に対して、逆さまに描かれています。下の2枚の写真とイラスとは、どちらもうつむき加減の様子が使用されています。角度が難しそうですが、見事に現実のモデルの人たちは、自分の一部にしていますよね!他の写真とは、一味違った種類のリンク写真でした。

人間以外にも、リンクした写真


絵本の世界でも、現実とフィクションがつながっているインスタグラム写真です。こちらの写真は1冊の絵本を使って撮影された写真です。表紙にはオオカミが、裏表紙には赤ずきんが描かれています。もの凄いインパクトのあるイラストが、現実とフィクションの境目をけしさっている写真です。日本の絵本でも、もしかしたらこのような顔が描かれた本があるかもしれません。ぜひ、見つけてみてください!

まとめ

フランスの本屋さんが本の表紙を使って、現実とフィクションを繋げることを目的に、インスタグラムに、その写真を投稿しています。どの写真もモデルになる現実の人のこだわりが伝わってくる写真ばかりです。見事、現実とフィクションを繋げることに成功しています。もし興味を持たれた方は、本の表紙を上手に使用した写真を撮ってインスタグラムに投稿してみてください。