Colorful Instagram

フォトジェニック!横浜ビー・コルセアーズのインスタグラマー6人

神奈川県横浜市を本拠地として活躍するプロバスケットボールチームの横浜ビー・コルセアーズ。ビーはベイの頭文字で、コルセアーズは海賊たちを意味しています。チームカラーは横浜の海と力強さをイメージした濃紺で、創設2シーズン目の2012-2013シーズンでプレイオフを制して優勝しています。そんな優勝経験のある実力派チーム横浜ビー・コルセアーズで、インスタグラムをしているメンバー6人を紹介します。

佐藤託矢

大阪府出身の佐藤託矢は、横浜ビー・コルセアーズでパワーフォワードとして活躍しています。2006年に三菱電機に入社し、世界選手権では日本代表候補にも選ばれていました。JBLスーパーリーグでは2006-2007シーズンのルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。その後は千葉ジェッツ、つくばロボッツ、和歌山トライアンズに移り歩き、2017年に横浜ビー・コルセアーズに移籍しています。過去に大怪我をしながらもそれを乗り越えてきた佐藤託矢は、ベテランの闘将として知られています。そんな彼のインスタグラムを見ると、チームメイトとの写真や大好きなペットとの写真がアップされていて癒されます。

細谷将司

細谷将司は神奈川県出身で、横浜ビー・コルセアーズのガードポジションです。身長173センチ、体重72キロながらもスピーディーに相手チームを翻弄し、電光石火のスピードスターとの異名も持っています。彼はもともとは無名の選手でしたが、憧れの田臥選手と試合することを目標として絶え間ない努力を続け、その夢を叶え、プロバスケットボールプレイヤーとしても地位を確立しました。そのポジティブな姿勢は、個性溢れる横浜ビー・コルセアーズの中でも際立っています。彼のインスタグラムを見てみると、オフではチームメイトと一緒にふざけていたりして、お茶目な姿を見ることができます。

ジェイソン・ウォッシュバーン

アメリカのオハイオ州出身で、身長208センチと2メートルを超える高身長のジェイソン・ウォッシュバーン。2016年に移籍した横浜ビー・コルセアーズでは、センターポジションを務めていました。横浜ビー・コルセアーズでは大活躍をして英雄とまで言われたジェイソン・ウォッシュバーンですが、怪我をしてしまいました。左足のアキレス腱のあたりに治療が必要になったために、アメリカに帰国して治療に専念することになりました。彼のインスタグラムでは、奥さんと生まれたばかりの赤ちゃんの写真がアップされていて、とても幸せそうです。

蒲谷正之

横浜ビー・コルセアーズでシューティングガードを務める蒲谷正之は、神奈川県出身で身長183センチ、体重80キロの選手です。10歳からバスケットボールを始め、名門横浜商大高に入学して高校1年生からレギュラーを取り、日大に入学後も活躍してインカレ優勝に導いています。卒業後はプロとして三菱電機メルコドルフィンズに所属、同チームを準優勝に導いています。2011年に横浜ビー・コルセアーズに移籍してキャプテンとなり、チーム1年目のプレイオフ進出を果たし、MVPも受賞しました。体を張ったいぶし銀のプレースタイルが評判です。ベテランプレイヤーの彼のインスタグラムでは、美容院での撮影やラジオ番組での撮影など、プライベートな姿が見られます。

高島一貴

1984年生まれの茨城県出身プロバスケットボール選手の高島一貴は、横浜ビー・コルセアーズでのポジションはガードとフォワードです。190センチの高身長を生かしたディフェンス力には定評があります。スラムダンクが流行っていた時期にバスケを始め、高校・大学を通してバスケ漬けの生活を送り、大学卒業後にプロになっています。その後は複数のクラブを渡り歩き、2016年に横浜ビー・コルセアーズに移籍しています。ディフェンスのみならず、磨き上げたジャンプシュートは一級品です。彼のインスタグラムからは、オフのリラックスした様子や、愛犬とのショットなど素の一面が見られます。

満田丈太郎

1994年生まれの満田丈太郎は、横浜ビー・コルセアーズの中でも若手期待株のルーキーです。身長188センチ、体重83キロと恵まれた体型で、横浜ビー・コルセアーズのシューティングガードとして活躍しています。子どもの頃からスポーツ少年で、サッカー・水泳・ソフトボールもこなしていながらも、一番好きなバスケを選び、高校・大学とバスケに専念しました。大学卒業後は他のクラブに在籍し、その後に移籍した横浜ビー・コルセアーズでは、エネルギッシュで泥臭いプレーが好評です。彼のインスタグラムでは、真剣なプレー写真と、お茶目なプライベート写真の両方が見られます。

さいごに

横浜を代表するプロバスケットボールチーム、横浜ビー・コルセアーズの6人のインスタグラマーを紹介しました。プロバスケットボール選手として真剣に戦っている格好良い姿や、プライベートで愛犬と散歩しているリラックスしている姿、チームメイトとの明るいオフショットなど貴重写真が満載でした。彼らのインスタグラムを見ると、横浜ビー・コルセアーズを身近に感じて、より親近感が湧いてきます。