Colorful Instagram

【厳選】矢部の注目インスタ映えスポット5選

神奈川県に属している市の一つである相模原市は、山、及び山間地域のため自然に恵まれた地域です。また市の中央区は横浜線が走り都心まで出やすく、駅前はショッピングモールが多数営業され生活に困ることがありません。その中で相模原市中央区の矢部、そしてその周辺は新しい文化と伝統が共存している町で、インスタ向けスポットがいくつもある場所です。今回は矢部周辺のおすすめスポットを紹介します。

県立相模原公園

矢部から車で30分ほど行くと「県立相模原公園」にたどり着けます。この公園の名物は118品種、約26万もの株のハナショウブが咲く「水無月園」を筆頭に、1年中色々な花の鑑賞が楽しめることです。また公園内には、亜熱帯を体験できる「サカタのタネグリーンハウス」や、フランス風庭園など多数の施設があり、矢部住民も多く訪れています。緑に囲まれた立地も含めて自然と花々を存分に楽しむことができるのが、この県立相模原公園なのです。

【名前】県立相模原公園
【住所】神奈川県相模原市南区下溝3277
【電話】042-778-1653
【営業時間】規定無し(サカタのタネグリーンハウスは9:30~16:30)
休園日:月・祝祭日の翌日(サカタのタネグリーンハウスは12/28〜1/4)

 

薬師池公園

矢部駅から9分かけて町田駅まで行き、駅を下車しバスで13分ほど行った場所にあるのが「薬師池公園」です。この公園は、1982年には「新東京百景」に、2007年には「日本の歴史公園100選」に選定され、1998年には「東京都指定名勝」にも指名された全国的に有名な公園です。その素晴らしい景色に加え、江戸時代の古民家が2棟、移築されており、昔の暮らしぶりに思いを馳せることができまます。矢部住民の自慢なのが、この美しい公園なのです。

【名前】薬師池公園
【住所】東京都町田市野津田町3270
【電話】042-724-4399
【営業時間】6:00〜18:00(6月〜8月は6:00〜19:00)
定休日:年中無休

小山田緑地

町田駅からバスに乗り「大泉寺」のバス停で下車、そこから徒歩8分ほどで「小山田緑地」が見えてきます。多摩ニュータウンに隣接する緑と自然に恵まれた、丘陵地にある公園がこの公園なのです。草地の広場、水辺などが豊富で、水辺にはトンボなどが発生し、つり橋や小規模な野球場、木道もあります。自然観察や遠足に最適な場所で、都会ではできない昆虫採集もできて矢部の子どもたちは大喜びです。矢部在住の大人たちにとっても自然に包まれた癒しスポットとして人気を博しています。

【名前】小山田緑地
【住所】東京都町田市下小山田町361-10
【電話】042-797-8968
【営業時間】規定無し
定休日:年末年始

 

ワイン食堂 cor.

淵野辺駅からすぐ近くにある「ワイン食堂 cor.」は、地元の相模原で採れた新鮮な野菜をふんだんに使用しています。数々の美味しい料理に地元の矢部住民の方々もリピーター続出です。温野菜、パスタ、リゾット、ドルチェ、厳選されたワインなどが用意され、こだわりの食材と丹念な調理法で、矢部住民も贅沢な時間を過ごせ大満足です。

【名前】ワイン食堂 cor.
【住所】神奈川県相模原市中央区淵野辺2-6-10
【電話】042-707-9245
【営業時間】
火~木:11:30~15:00(ランチ)/17:30~23:30(ディナー)
金~日、祝、祝前日:17:30~23:30

bookcafe sunnyday ring

矢部住民が気になっている謎のお店が「bookcafe sunnyday ring」です。このお店の特徴は、店名でもわかる通り古本屋とカフェが同居していることです。古本屋のみ、カフェのみ、二つを併用しても良し、というユニークなお店なのです。大きな看板が出ていないのでわかりにくいですが、地元の矢部住民の間では密かに話題となっているお店です。カフェではタコライスやホットサンドが注文できます。

【名前】bookcafe sunnyday ring
【住所】神奈川県相模原市中央区淵野辺1-13-12
【電話】050-5307-3132
【営業時間】
火~日:10:00〜22:00
定休日:月

さいごに

矢部とその周辺は、歴史、伝統を感じさせる名所、自然が堪能できる公園、そしてお洒落な空気に浸れる飲食店など、いろいろなスポットが存在します。都心まで出やすく交通環境が整っている矢部ですが、地元周辺だけでもこんなに楽しい場所があるのです。そんな楽しいスポットが多数ある矢部へ出向いてみてインスタ向きな素材を探してみるのも、おすすめの時間の過ごし方です。