またもや世界クラスの選手が日本に!スペインNo.1ストライカー、ビジャとは?

元ドイツ代表のポドルスキや、元スペイン代表でバルセロナで活躍したイニエスタなど世界クラスの選手を獲得し話題を呼んでいるJリーグチームのヴィッセル神戸。

そんな神戸がまたもや世界クラスの選手の獲得を発表しました。その名はダビド・ビジャ。かつてバルセロナやバレンシア、アトレティコ・マドリーなど名だたるビッククラブで活躍し一世を風靡した元スペイン代表のストライカーです。

今日はそんな世界的な名選手であるビジャは一体どのような選手なのか、経歴やプレースタイルなどをご紹介いたします。

プロフィール

本名は「ダビド・ビジャ・サンチェス」。生年月日は1981年の12月3日で36歳となります。身長は175センチで体重は68キロ。国籍はスペインで、基本ポジションはフォワードとなります。

ビジャはこれまでスポルティング・ヒホン、サラゴサ、バレンシア、バルセロナ、アトレティコ・マドリード、メルボルン・シティ、ニューヨーク・シティに所属し、ゴールの山を築いてきました。

今まで多くのビッグなクラブチームで活躍してきたダビド・ビジャ選手ですが、元々はスペイン・リーガ・エスパニョーラ二部のスポルティング・ヒホンの下部組織に所属しており、そのままプロとしてデビューしました。

2003年には、スペイン1部に昇格したばかりのレアル・サラゴサへ移籍。移籍初年度でいきなり、出場した46試合で計20得点を挙げる活躍をし、チームとしてもスペイン国王杯決勝でレアル・マドリードを3-2で破り、3年ぶりの優勝を成し遂げました。

その後、サラゴサでの活躍が認められ、2005年にはスペイン国内でも有数の名門チームであるバレンシアFCへ移籍を果たしました。デビュー戦で初ゴールを決めて以降、新天地にもかかわらずゴールを量産し、シーズンを通して計25ゴールを挙げリーグ得点ランキング2位となりました。

2010年には、遂に移籍約44億4000万で世界最高峰のクラブチームFCバルセロナへ移籍。アルゼンチン代表のリオネル・メッシ選手やアンドレス・イニエスタ選手などの世界を代表するスーパースターと共にプレーしました。

バルセロナ移籍初年度からスタメンとして活躍し、リーグ戦3連覇、UEFAチャンピオンズリーグ優勝にも貢献。2014年からはメジャーリーグサッカーに参入した、ニューヨーク・シティFCへの移籍。

シーズン開始までは、同じオーナーを持つAリーグのメルボルン・シティFCでプレーした。2015年のシーズン開始から試合に参加し、2016年にはリーグMVPに選出されるなど全く衰えを感じさせないプレーを披露しました。

スペイン代表では神がかった活躍!

ビジャは2005年からスペイン代表として選出されています。そこで彼は、現在Jリーグで活躍しているMFアンドレス・イニエスタ選手やFWフェルナンド・トーレス選手と共にプレーしていまいました。

他にも多くのレジェンド選手たちと共に戦い、2006年FIFAドイツW杯 ベスト16、2008年UEFA欧州選手権では優勝、2009年FIFAコンフェデレーションズカップ ベスト3、2010年FIFA南アフリカW杯 優勝などの素晴らしい功績を残しました。

さらには選手個人としても、2008年 UEFA欧州選手権得点王、ゴールデンブーツベストイレブン。2010年 FIFA南アフリカW杯の得点王などに選出されており、ビジャ選手の通算59ゴールは歴代スペイン代表の最多記録として記録を更新し、過去最高のスペイン人ストライカーとして歴史に名を残しました。

プレースタイル

ビジャのプレースタイルは、自らドリブルでペナルティエリアに侵入し、シュートまで持っていく生粋のストライカー! 相手のマークを外すのがうまく、ボールを叩くインパクトに優れ、PKはほとんど外したことがないほど沈着冷静。プロデビュー以来、コンスタントにシーズン20得点以上を記録してきました。

今までも世界最高峰の舞台で何度も得点王に選ばれているだけあって、最もFW(フォワード)に求められる「ゴールを奪う」というプレーを誰よりも確実にこなす選手ですね。

そのために必要な、スピードに乗ってもブレない体幹と繊細なタッチのドリブル、どんな体勢でも的確に操るボールさばき、右足でも左足でも高精度かつ圧倒的なスピードのシュートという全てにおいて超一流のプレーをすることができる選手です。

特に、ビジャは右足が利き足ですが、両足とも利き足のように巧み扱うことでき、もちろんゴールも左右両足で精度の落ちないシュート決めることができます。それは4歳の時に、右足の骨に重傷を負い、リハビリ中に父と共に左足での練習を続けたけたことで両足を巧みに扱えるようになったそうです。

さいごに

スペイン史上最高のストライカーとの呼び声も高いビジャ。こんな凄い選手がJリーグに来るなんて今でも考えられません。来シーズンには素晴らしいプレーを日本で披露してくれると思います。また彼のような世界的な選手と対峙することによって、Jリーガーのレベルアップにもつながると思います。

しかも、ヴィッセル神戸にはバルセロナFCやスペイン代表で共に戦ったアンドレス・イニエスタ選手もいます。もしかしたら今まで見たことがないような連携プレーを見せてくれるかもしれませんね。今から本当に楽しみで仕方がありません!