インスタグラムにログインできない解決法!!「見るだけ」の裏技も!?

普段はインスタグラムにログインしっぱなしの人も、友達の家やネットカフェのパソコンで「ちょっとインスタグラムをチェックしたいな」と思った場合、改めてユーザーネームとパスワードを入力する必要がありますよね。

でも、自分のパソコンじゃないと「ここでログインするのはちょっと…」と、抵抗感や面倒さを感じてしまう人も少なくないはず。

そこで今回は、ログインしなくてもインスタグラムの投稿を見ることができる裏ワザをピックアップしてみました。この方法なら、インスタグラムのアカウント自体を持っていない「見るだけ」利用の方でも大丈夫!ぜひ試してみてください。

 

ログインなしで「見るだけ」その方法は?

ログインなしでインスタグラムをチェックするには、アプリではなくブラウザを利用します。そもそもパソコンやスマホのブラウザでインスタグラムにアクセスすると、最初は次のような画面が表示されます。

インスタグラムアカウントを持っていなければここで登録、ログインしたい場合は画面をスクロールすると、「ログインする」というリンクが見つかります。でも今回はログインしないで見る方法をご紹介したいので、画面の内容は気にせずブラウザのアドレスバーに注目してください。

これです!今はインスタグラムの公式サイトにアクセスしているので、「https://www.instagram.com」と表示されています。

今回ご紹介する裏ワザは、このインスタグラムの公式サイトトップページのURLに、これからチェックしたいアカウントのユーザーネームを追記するというもの。

たとえばInstagram Japan(@instagramjapan)のアカウントをチェックしたいときには、「https://www.instagram.com/instagramjapan」と入力します。ユーザーネームの前には「/」(半角スラッシュ)が必要です。

要するに、「https://www.instagram.com/表示したいアカウント名」のURLにアクセスすれば、ログインしていなくても自由に投稿をチェックできるというわけです。わざわざログインするのは面倒くさいけど、ちょっと友達の投稿を見たくなったときに便利な裏ワザですよね。

非公開アカウントは表示されない

ユーザーがアカウントを非公開設定にしている場合は、この方法でチェックしようとしても投稿が表示されません。非公開のアカウントを見たい場合は観念してログインしましょう。

検索はログインしないとできない

インスタグラムではユーザーネームやハッシュタグで投稿を検索することができますが、2017年2月13日現在、ログインしていない状態ではこの検索機能が利用できません。

ただ、以前にはログインしていなくても検索できたことがあったので、今後のアップデートでまた検索できるようになることもあるかもです!

 

こんなシチュエーションで使える!

ログインなしでインスタグラムを楽しめると、次のようなシチュエーションでもとっても便利。ログインせずにインスタグラムを利用するメリットをご紹介します。

パスワードを盗まれる心配がない

ネットカフェなど公共の場所でパソコンを利用する際、気になるのが「このパソコンでパスワードとか入力しても大丈夫なの?」という問題。

もちろん、不正に利用されないよう対策がとられているパソコンもあるとは思うのですが、うっかりユーザーネームとパスワードを覚えておく設定にしてしまうと、次に利用した人がインスタグラムを開いたとき、あなたのアカウントにログインできてしまうんですよね。

ログインできるということは、あなたになりすましてインスタグラムの投稿を行ったり、コメントを残したりすることが可能ということ。SNSアカウントのなりすまし問題は、最近ますます深刻になってきています。

思わぬ問題を引き起こさないためにも、ちょっと見るだけならわざわざログインまではしたくない…そんなときでも安心してインスタグラムを楽しむことができます。

自分がブロックされているか確認できる

付き合いでフォローし合ったものの、この人には投稿を見られたくない・自分も相手の投稿を見たくないというとき、ブロック機能を使うとお互いに投稿を見ることができなくなり、フォローも解除されます。

ブロックした相手から見ると、あなたのプロフィール画面には「投稿がありません」と表示されるのですが、自分がブロックされた側だと、本当にブロックされているのか、それとも相手がこれまでの投稿をすべて削除したのか、これだけでは見分けがつきません。

インスタグラムを始めたばかりで、本当にまだ何も投稿していないときにも同じく「投稿がありません」になりますし、ブロックされても「あなたは〇〇さんからブロックされましたよ」なんていう親切な(?)通知は届きません。

しかし!今回ご紹介した方法を使えば、ブロックされているかどうかが一発で判明するのです。どういうことかというと、自分のアカウントにログインした状態で「投稿がありません」でも、ログインせずに見たときにサムネイルがズラッと並んでいれば、あなたは相手からブロックされているという意味になります。

ブロックはアカウント間の問題なので、それ以外のアカウントからやログインしていない状態で見れば、普通に表示されるというわけです。

 

覚えておくと便利な「見るだけ」利用

ブラウザでアドレスバーに直接プロフィール画面のURLを入力すれば、インスタグラムにログインしたりアプリを取ったりしなくても、友達の投稿をチェックすることができます。友達のパソコンや公共の場でちょっと見たくなったときなど、見るだけで利用したいときに便利です。

そのほか、自分が相手にブロックされているのかどうか、調べる方法としても使える「見るだけ」利用。普段は自分のパソコンやスマホから利用すると思うので、そんなに頻繁には使う機会がないかもしれませんが、頭の片隅に置いておくといざという時にも安心ですよね。

今回ご紹介した方法を参考に、インスタグラムがログインなしで利用できることもぜひ覚えておきましょう!