Colorful Instagram

見ているだけで電車に乗りたくなる。おすすめの撮り鉄アカウント5選

今や男性のみならず女性にも広がりを見せている鉄道ブーム。インスタグラムでも「#鉄道」で55万件以上も画像が投稿されています。

そこで今回は、魅力的な鉄道写真を公開しているおすすめの撮り鉄アカウントを5つご紹介します。

見ているだけで電車に乗りたくなってしまうかもしれませんよ。

 

kenji19720817

写真と阪神タイガースとビールが大好きなkenji19720817さんの撮る鉄道写真は、その色彩の豊かさが魅力的です。

空や海、山々や花々が見せる四季折々の表情とその土地の列車の共演が非常に鮮やか。とりわけ鉄道が好きでなくても見入ってしまう投稿の数々です。

旅客列車だけでなく、貨物列車や駅で働くスタッフの方々を捉えた写真も多く、その土地に息づく人々の生活をも垣間見ることができるでしょう。

 

桜並木のアーチをくぐり抜ける、大分県の「ゆふいんの森号」を撮影した1枚。

列車と自然の華やかさや構図の良さはもちろんのこと、上手にぼかしを活用することで春の風景が幻想的に演出されています。

どれだけ眺めていても飽きないですね。

 

nagipin

「1日1鉄」をモットーに、毎日の写真投稿に努めているnagipinさん。

様々な鉄道写真をシェアしてくださっていますが、印象に残るのはどこか懐かしさを感じる田舎の風景。

日本ならではの牧歌的な山間地帯や田園沿いを走る列車の写真を見ると、たとえ田舎に住んだことがない人でも郷愁に駆られてしまうでしょう。

安らかな気持ちになると同時に一抹の寂寥感を思い起こさせてくれます。

 

千葉県から長野県までを結ぶ「スーパーあずさ号」を捉えた1枚。

ご本人のコメントにもありますが、まるで絵画のような富士山と電車が素晴らしい共演を果たしています。

被写体もさることながら全体的な構図のバランスが素人目に見ても美しく、ポストカードなどにしたくなる写真ですね。

 

tokuchan_1113

演歌界のホープである徳永ゆうきさんのアカウントです。

最近では様々なメディアに出演していることから年齢・性別を問わず多くの人の注目を集めている徳永さんですが、大の鉄道好きでもあることをご存知でしたか?

インスタグラムでも撮影した鉄道写真をシェアしてくれており、いわゆる「編成写真」をメインに投稿されている印象です。

電車の顔を正面からガッツリとらえた迫力満点の写真の数々によって、鉄道ファンにはたまらないアカウントになっています。

 

夕暮れ時、人々を乗せて走る常磐線の風景を切り取った1枚です。

流し撮りによって切り取られた列車の運行風景からは、街の風を切って走る列車の疾走感が伝わってきます。

家路に帰る(あるいは出かける)人々の思いを受け取ったかのような電車の頑張りが見えてくる写真ですね。

徳永さんは一流の演歌歌手であるだけでなく、写真家としても素晴らしいことがわかります。

 

miki_murai_

女優・タレントとして活躍している村井美樹さん。

鉄道カレンダーのキャンペーンガールを務めたのがきっかけで、自分が鉄道好きであることに気付いたとのこと。

現在ではソフテツ(ソフトな鉄道好き)を公言しており、月に一度は鉄道旅行に出かけているそうです。

インスタグラムでは、女性ならではの視点で鉄道を写真と共に紹介してくれています。

華やかなデザインや装飾の鉄道写真が多く投稿されている印象です。

 

インスタグラムで紹介してくださっている鉄道の1つに、千葉県の銚子電鉄で運行が開始された「大正ロマン電車」があります。

50年前以上に製造された車両を改装した車内はとってもフォトジェニック。

床、ドア、窓枠は木目調になっており、手すりや棚は真ちゅう風に塗装と随所に大正ロマンを体現。

窓には和紙をイメージしたステンドグラス風の装飾が施されるなど、レトロでオシャレな旅を満喫できる作りになっています。

 

retro_train_japan

最後にご紹介するアカウントは、retro_train_japanです。

その名の通り、少し懐かしい列車や国鉄型の車両を紹介しています。エリアは東日本が中心とのこと。

投稿写真の中には、もう現役を引退した車両や、今では運行台数が少なく滅多にお目にかかれない車両などが多く登場しており、多くのフォロワーから支持を集めています。

過去の鉄道を知る人には懐かしく感じられ、最近になって鉄道に目覚めた人には新鮮に映るのではないでしょうか。

是非フォローして往年の名列車の数々を楽しんでください。

 

上記画像は投稿された写真の1つ、ホームライナーの運用に就く489系の姿を切り取っています。大きな顔が印象的なボンネット型車両です。

デビューは今から40年以上も前の1974年。最大66.7パーミルの急勾配区間が存在する碓氷峠を走る力持ち電車として人気を博しましたが、2010年を持って定期運用を引退しました。

この写真は引退間近の2009年に撮影したものだそうです。現在では撮影することが難しい1枚といえるでしょう。