世界が愛する和牛が登場するワールドワイドレストラン!

牛肉は肉類の中で最も好かれていると言っても過言ではありません。牛肉が入るレシピの料理はたくさんありますが、最も有名な料理はなんでしょうか?

国は文化によって思い浮かぶ料理は色々あると思いますが、世界的に愛され続けている料理と言えば、「ステーキ」という事に疑問を抱く方はいないと思います。

ステーキは少数の宗教団体を除くどの文化、どの人類も食べていると思われています。その中でも最も高い人気を誇るのが我が国の牛肉、和牛です。

仔牛の時から厳密に管理され、健康に育った美味しい和牛は、世界中のレストランでラブコールを受けています。日本が誇る和牛どんなメニューとして使われているかご紹介します。

Wagyu Tomahawk

Wagyu Tamahawkステーキは、カルフォルニアのChino市にあるRhode Islandレストランで提供される最高のメニューの1つです。お値段は109ドル。

このレストランは2年前から和牛を使ったステーキを提供し始めましたが、特に広告などを打たなかったらしいです。その理由として挙げられたのは、比較的高い値段のせいです。

お手頃な値段で美味しいステーキを味わう事が出来るアメリカで、簡単に挑戦するには少し高すぎる和牛。しかし、勇気を持って注文してみた人は最初の一口でその風味に一目惚れしてしまったそうです。

それから口コミでどんどん広まった和牛の人気は、今ではRhode Islandレストランでは無くてはならない珍味メニューとして称えられています。

生涯色んなステーキを食べるアメリカ人の味覚さえも満足させてしまった和牛の美味しさは、世界どこでも通用する気がします。

Wagyu No Sumibiyaki

イギリスの首都ロンドン。その華やかな都市のレストランの中でも高級レストランが勢揃いしているKnightsbridge。

その繁華街で名を挙げているZumaは、和風のパブ・居酒屋です。居酒屋と言っても和食を売っているだけであって、雰囲気は高級感溢れるホテルラウンジの様なレストラン。

そこでは日本人の職人がお寿司やうな重、マグロたたきなど海外では簡単に味わえないメニューをお披露目しています。

そんなZumaでも最も人気なメニューがこちら、「和牛の炭火焼き」。メニューの名前も英語でそのまま「Wagyu No Sumibiyaki」です。

もちろん、お肉は直接日本から取り寄せた正真正銘神戸産和牛。おかげで時期のタイミングによっては仕入れられない日が多いので、スペシャルメニューとして出している珍味らしいです。お値段は139ドル。

ロンドンのローカルはもちろん、日本からロンドン旅行へ行った日本人も訪れる事が多いくらいの人気レストランなのでロンドン旅行を計画されている方はチェックが必要です!

Japanese Wagyu Rib eye

家賃や不動産が高いアメリカでも高級団地の頂点に立つ「Beverly Hills」では、超が付くほどのラグジュアリーなお店やレストランがずらりと並んでいます。

そんなセレブの聖地Beverly Hillsでも更に高級なレストランの1つが、「焼肉矢澤」です。ここは名通り焼肉屋さんですが、値段もまた超が付くほどの価格。

このステーキは、1皿にお肉が226グラムしか乗っていませんが、お値段はなんと144ドル。円に換算すると役1万4千円です。

Forbesにて世界トップステーキハウスと選ばれた焼肉矢澤では、有名シェフが直接お客さんのテーブルで調理するらしいです。

144ドルという脅威な値段でも、毎日予約で埋まっていると言います。和牛の味はそれだけ払う価値があると思うのでしょう。

信頼出来る日本の業者と契約を結んでいる焼肉矢澤では、毎日新鮮な牛肉が仕入れられます。

おかげで足りない事なく、和牛の色んな部位が楽しめられる焼肉矢澤。お財布に余裕がある時に是非挑戦してみたいレストランです。

Wagyu Kobe Steak

ダラスにあるレストランNobu(信)で味わえる和牛ステーキも有名です。このステーキの名前は和牛神戸ステーキ。

和牛の中でもベストはやはり神戸牛ですよー!という説明が載っているメニューでは、しっかり和牛の素晴らしさをアピールしています。

和牛を使ったサラダや前菜盛り合わせなど色んなメニューがありますが、やはり定番は和牛ステーキ。

特徴的なのは、注文するとテーブルのとなりに付いている鉄板グリルで直接焼き始めるシェフの腕前。

食べる楽しみ、観る楽しみ、聞く楽しみ、嗅ぐ楽しみ全てが揃っているレストランNobuでは、毎日笑いが尽きません。

A5 Kobe Strip Steak

ニューヨークにあるOld Homesteadレストランは、1868年に開店した老舗のステーキハウスです。

Old Homesteadレストランが運営しているインスタグラムには、肉質に対する自慢が詰まった写真が頻繁に投稿されています。

このお店の定番メニュー、A5 Kobe Strip Steak。

写真を観ると、前にあるパゲットパンと比べてどれだけ大きなステーキなのか一目でわかります。ステーキのお値段は350ドル。

1868年以来一度も変わる事のなかったこのレストランでの定番メニューとして取り扱われている神戸産和牛は、変わらない美味しさを誇ります。

さいごに

世界中で愛されてい和牛。その中でも、神戸産和牛が良く見られます。やはりステーキをよく食べるだけあってその価値を知っているアメリカで注目を浴びている事がわかります。

今すぐにでも近くの焼肉屋さんに走って行きたくなる様な今回の記事、如何でしたか?皆さんも綺麗に霜の降った和牛でインスタ映えして見ませんか?