ヴァンフォーレ甲府の人気選手をインスタグラムでチェック!

サッカー人気が衰えること無く熱気を保ち続けている理由は、素晴らしいプレーを見せてくれる選手たちの魅力にあるでしょう。
地域密着型チームとしてJリーグで活躍するクラブ、ヴァンフォーレ甲府には注目すべきサッカー選手が多数所属しています。他地域に住んでいる人も思わず応援したくなってしまう、そんな選手達のインスタグラムをチェックしてみましょう。

小出悠太

小出悠太さんは、2017年にヴァンフォーレ甲府へ加入したサッカー選手です。高校二年生の時に全国高等学校サッカー選手権大会へ出場、チームの優勝に貢献した選手として大きな注目を集めました。高校卒業後は明治大学に進学し、一年の時からレギュラーとして活躍しています。優れたボール奪取能力と鋭い読み、高い対人能力を持つ選手であり、誰よりも早く危機を察知しチームを助けるディフェンダーです。高校生時代から熱い視線を集め続けた小出悠太さんは、ヴァンフォーレ甲府に加入した後も期待の大型ルーキーとして注目されています。

森晃太

森晃太さんは、ヴァンフォーレ甲府に所属している愛知県出身のサッカー選手です。小学校一年生の頃から名古屋グランパスの下部組織に所属し、第33回全日本少年サッカー大会ではクラブを優勝へと導きました。2013年にはU-17日本代表候補に選出、その後も注目の若手選手として活躍を続けます。2016年にヴァンフォーレ甲府へ加入し、同年の3月にはガンバ大阪戦でJ1へリーグ初出場を果たしました。子供時代から並々ならぬ才能を発揮してきた森晃太さんは、高い得点力を持つストライカーとして今後ますます注目を集めるでしょう。

 

堀米勇輝

堀米勇輝さんはミッドフィールダーをポジションとするサッカー選手であり、山梨県甲府市出身です。中学生の頃からヴァンフォーレ甲府のアカデミーメンバーとして活躍をしてきた堀米勇輝さんは「甲府の至宝」とも呼ばれるほど、地元に愛されています。2007年にU-15日本代表初選出、そして当時「プラチナ世代」と呼ばれた激戦区において世代別代表の座を獲得し続けました。正確なボールコントロールによってチームにチャンスをもたらし、攻撃陣を牽引していく存在です。ヴァンフォーレ甲府の攻撃を演出する中心的メンバーとして、大きな期待を集めています。

熊谷駿

熊谷駿さんは身長190cm・体重84kg、宮城県仙台市出身のサッカー選手です。2015年にヴァンフォーレ甲府へ所属し、ディフェンダー及びフォワードとして活躍しました。小学1年生の頃からスポーツ少年団に入団し、中学時代にはジュニアユースに参加、高校生時代には仙台育英学園高等学校サッカー部に加入しています。当時のサッカー部監督が、ヴァンフォーレ甲府監督の兄だったという縁があり、ヴァンフォーレ甲府へ加入することになりました。190cmという恵まれた体格を活かし、攻守ともに優れたパフォーマンスを見せてくれる選手です。

 

高野 遼

高野遼さんは神奈川県大和市出身のプロサッカー選手であり、ヴァンフォーレ甲府で左サイドバックをつとめています。小学生時代から高校卒業まで、地元クラブのマリノスで活躍をしてきました。小学六年生の時に全日本少年サッカー大会で優勝、高校三年生ではU-18日本クラブユース選手権準優勝という、華々しい経歴を持っています。2017年シーズンから横浜F・マリノスへ正式加入、同シーズンの3月には公式戦へ初出場しました。同年にヴァンフォーレ甲府への期限付き移籍が決定し、翌年1月には移籍期間の延長が発表されています。

さいごに

ヴァンフォーレ甲府のチーム名は、「風」と「林」をフランス語で表し組み合わせた造語です。地元の偉人である武田信玄の旗印「風林火山」をモチーフにしたものであり、地元とチームの深いつながりが伺えます。県民の夢と応援を背負って戦い続けるヴァンフォーレ甲府は、そのパワーとエネルギーによって、今後ますます活躍をしていくでしょう。