インスタグラムを参考に!!奈良のおすすめ絶景観光スポット10選!!

奈良県と言えば、まずみなさんお寺をイメージされるのではないでしょうか?
学生時代に勉強したお寺や寺院など、歴史的建物が盛り沢山です。
しかし、お寺だけではありません。
奈良県には、お寺以外にも魅力的な観光スポットがたくさんあるのです。
今回は奈良県に行くなら必ず押さえて頂きたい、おすすめ観光スポットを10選でお届けしたいと思います。

東大寺

若草山の麓に広大な寺域を占める「東大寺」をご紹介します。
奈良の大仏で親しまれる盧舎那仏始め国宝・重文級の文化財が多く、世界遺産「古都奈良の文化財」の8資産群のうちの1つなのです。
世界最大級といわれる木造建築である「大仏殿」にはじまり、天平文化のきらびやかさを思わせる彫像群が並ぶ「法華堂」、伝統行事の「お水取り」の舞台である「二月堂」など、見どころがたくさんあります。
歴史に思いを馳せながら見学してみて下さい。

奈良公園

良い景色⭐️ #NARA#narapark #東大寺#奈良#奈良公園

セツオさん(@setsuo5736)がシェアした投稿 –

「奈良公園」は、奈良県奈良市にある総面積約502.38ヘクタール、東西約4km、南北2kmという都市公園です。
公園内には春日山や若草山をはじめ、興福寺、東大寺、春日大社なども含まれ、多くの国宝指定・世界遺産登録物件が点在し、日本を代表する観光地としても有名で、年間を通じて日本のみならず海外からの観光客も多く訪れます。

法隆寺

#法隆寺#南大門

tt11さん(@pp.tt1105)がシェアした投稿 –

法隆学問寺とも、斑鳩寺とも称する南都七大寺の1つです。
木造建築物では世界最古であり、ユネスコの世界文化遺産に姫路城とともに、日本ではじめて登録されました。
推古天皇の時代に聖徳太子により建立され、飛鳥時代を始めとする各時代の貴重な建造物や宝物類が広大な境内に存在しています。

興福寺国宝館

昭和34年に天平様式に建築されたものになります。
各堂にあった奈良時代から江戸時代に至る各時代の仏像・絵画が集められ、1250年にわたる興福寺の歴史と伝統を伝えています。
そのほとんどが国宝・重文に指定されています。

大神神社

【Ema、三輪さまへ】大神神社にも行きました⛩ ・ 奈良と行っても、中心部から少し離れていて電車を三本乗り継ぎして行くので、やや行きにくいかな?最後のJRは一時間に二本しかないし😅 ・ それでも、電車乗り継ぎが全てスムーズに行ったので、好印象✨ ・ 小さな三輪駅を降りると、そこから街が良い意味で、不思議なフンワリした雰囲気でした💓 ・ またいつか行きたい🤗 神社によく行くイメージがあるかもしれませんが、明治神宮、伊勢神宮、代々木八幡宮、愛宕神社、そしてこの大神神社しか行ったことないです。(あ、下鴨神社も行ったか💦)御朱印も興味ない(笑)穏やかで気持ちの良い場所に行くのが好きなだけなんです。 #ema鍼灸マッサージ治療院 #美容アロマ鍼灸師えまめぐ#えま#Ema#冷えとり#お灸女子 #奈良 #奈良旅行 #大神神社

美容アロマ鍼灸師 えまさん(@ema_harikyu_massage)がシェアした投稿 –

「大神神社」は日本最古の神社の1つです。
大和の国一の宮、三輪明神として親しまれています。
祭神は大物主大神で、これは蛇神であり、国造り・医療・酒造・方除等、人間の生活全般の守護神であると言われています。
三輪山を御神体とするため、本殿はなく拝殿の奥にある三ツ鳥居を通して三輪山を拝む、古代の信仰形態を現在に伝えています。
拝殿・三ツ鳥居は重要文化財であり、三つ鳥居は明神鳥居3つを1つに組み合わせた特異な形式のものなのです。

若草山


一面が芝に覆われたなだらかな山で、丸い丘が3つ重なった形から三笠山とも呼ばれる。
山頂からは大仏殿や五重塔、さらに奈良市街が一望でき、素晴らしい眺めが楽しめます。
江戸時代に南都八景の一つとして「三笠山雪」が挙げられていたが、これは若草山の芝の上に積もる雪が、真っ白に美しく見えることによるものなのです。
山頂から見る奈良の夜景は、新日本三大夜景の1つとして認定されています。

谷瀬の吊り橋

熊野川に架る、長さ297m、川面からの高さ54mの日本屈指の長さの鉄線橋で、昭和29年に地元(谷瀬)地区の住民が出資して建設された、生活用吊り橋としては日本一の長い吊り橋です。
周囲の山々が織りなす眺望や、渡る時に味わえるスリル感が話題を呼び、村の観光名所の1つとなっています。
ゴールデンウィークとお盆期間中は、一方通行規制が行われます。
また、平成20年8月4日に日本記念日協会より、8月4日が「吊り橋の日」として登録を受けました。

東大寺南大門

ライトアップ中の #東大寺南大門 の #金剛力士像 The guardian of Todaiji temple. About 8M height.

Yoshi 🇯🇵さん(@tag_wang)がシェアした投稿 –

豪壮な東大寺の総門です。
鎌倉時代に再建された天竺様の建物で、重層入母屋造り高さ25mを誇ります。
門を守る金剛力士像は運慶・快慶が弟子20人と、たった3カ月で彫ったという阿吽の像です。
これは一般的な仁王像の安置方法とは左右逆なのです。
屋根裏まで達する貫と呼ばれる大円柱は18本あり、21mにも及ぶもので、門の高さは基壇上25.46mもあります。
この歴史的建造物を是非、間近でご覧下さい。

猿沢池

奈良の魅力🌟 #ゼミ#遠足#奈良#猿沢池 #猿沢池から見る興福寺の五重塔

野々垣 輝さん(@1997_akira_nono)がシェアした投稿 –

「猿沢池」は、すべり坂南側の小さな池です。
興福寺の塔を映し非常に景色が良く絶景です。
中秋の名月の日には、雅楽が演奏されるなか、秋の七草で飾られた2mあまりの花扇をはじめ、花扇使、ミスうねめ、ミス奈良を乗せた2隻の管絃船が猿沢池をめぐり、最後には花扇を池中に投じる華やかな行事、「采女祭」が行われます。
夜の雰囲気は素晴らしく、カップルには絶好のデートスポットです。

みたらい渓谷

「みたらい渓谷」は、エメラルドグリーン色に輝く神秘的な淵です。
大小様々な滝と、巨岩を縫い底まで透けて見える清流が流れるみたらい渓谷には、川沿いに遊歩道が整備され、つり橋からは滝を上から眺めることもでき、まさに絶景と言えるでしょう。
新緑がきらきら輝く春、水しぶきに川サツキが美しい夏、まさに天から降ってくるように山頂から色付く全山紅葉の錦秋、山水画の冬と、四季折々の景観は、近畿地方随一の美しさとたたえられています。
春夏秋冬問わず、観光客が訪れる絶景観光スポットです。