春の訪れを知らせる梅の花。都内近郊の名所をご紹介!

寒さが厳しい2月ですが、それでも自然は少しずつ春を迎える準備を始めています。そんな季節に花開くのが梅の花。澄んだ冬の空気の中で可憐に咲く梅の花は、どこか健気で私たちの気持ちを和ませてくれます。

お花見といえば桜を思い浮かべますが、一足早く春を感じに梅の花見にでかけしてみてはいかがでしょうか?手軽に楽しめる都内の神社や庭園から、少し郊外に行くと見れる梅林の絶景まで。今回は、関東近郊で見ることのできる美しい梅の花の名所をご案内します。

梅の名所を一挙公開!

東京の梅の見頃は、2月〜3月。桜よりも少し早い、まだ寒さの残る時期に見頃を迎えます。桜のお花見とは違い、季節は冬のど真ん中!屋外に長時間いることになるので、防寒対策はしっかりとしていきましょう。

3月の上旬には、早咲きのものはすでに散り始めてしまうので、満開を見たいなら2月中に訪れるのがおすすめです。

東京都内でおすすめの梅の名所、最初に紹介するのは湯島天神です。学問の神様として知られている菅原道真公を祀っている神社で、受験シーズンには多くの受験生が合格祈願に訪れます。

例年2月中旬~3月上旬に見頃を迎える梅園には、約300本もの梅の木がありその8割が白梅です。神社のお社を背景にした梅の美しさにうっとりしますね。

境内に咲く“湯島の白梅”が有名で、同名の歌(1942年)が戦時中に大ヒットしたと言われています。東京メトロ千代田線の湯島駅から歩いて2分と、駅から近いのも出かけやすいポイントです。

小石川後楽園

続いての東京都内の梅の名所は、文京区の小石川後楽園です。江戸時代初期に水戸黄門様こと徳川光圀公が完成させた日本庭園で、国の特別史跡、特別名勝に指定されています。

7万m²以上の広大な園内に、梅や桜を始めとする様々な種類の植物が植えられていて、1年を通して味わい深い風景が広がっています。

梅まつりでも、水戸の梅大使が参加したり、黄門様の衣装を着ての記念撮影ができるコーナーがあったりと、例年黄門様に関わる企画が催されています。
他にも、江戸太神楽や江戸糸あやつり人形など、江戸時代から続く伝統芸能も披露されるので、江戸の文化に触れるチャンスでもあります。

亀戸天神社

明治時代まで、本社である九州の大宰府天満宮に対して、東の宰府として「東宰府天満宮」と呼ばれていた亀戸天神社。菅原道真公の子孫、菅原大鳥居信祐公が1662年に建立した神社で、湯島天神と同様こちらも菅原道真公を祀っています。

毎年2、3月の梅の季節になると、梅を見に来る見物客で賑わいます。境内には300本を超す梅が植えられていて、年明けから咲き始めるものもあります。その中でも、菅原道真公像の近くにある、1本の木から紅と白の花が咲く“五賢の梅”は必見です!

梅の花を好んだという菅原道真公を祀っているということで、境内には白梅・紅梅合わせて300本もの梅の木が植えられています。
梅まつりの期間には、咲き誇る梅の花を愛でに多くの人が訪れ賑わいます。

芝公園

芝公園の梅林は江戸時代に銀世界と呼ばれていた現在の西新宿の地から明治41年(1908)頃に移植されたものです。毎年、2月には見事な梅の花が咲きます。かつては、この梅林を「銀世界」と呼んでいたそう。

その梅林で行われるウメまつりでは、野点や琴の演奏などを梅の香りに包まれながら風流に楽しむことができます。東京タワーの間近というロケーションの良さも圧巻!

隅田公園

最後にご紹介する梅の名所は、隅田公園の梅めぐり散歩道です。隅田公園は台東区と墨田区にまたがる隅田川沿いの公園で、春には桜が咲き、夏には隅田川花火大会が行われます。

台東区が2003~2004年度に梅めぐり散歩道(台東区側)を整備し、様々な種類の梅の木が植えられています。現在は梅園と散歩道合わせて150本程ですが、梅園が拡張整備されていて、さらに梅の木が増える予定です(2015年2月まで実施予定)。

さいごに

まだ少し肌寒い季節に、まるで春の訪れを知らせてくれるように咲き始める「梅の花」。まあるい花びらがチャームポイントの梅の花は、春の訪れと共に私たちほっこりとした優しさも運んで来てくれます。

今回は、そんな梅の花の名所をご紹介いたしました。可愛らしく可憐な梅の花を見て、少し早い春を感じにおでかけしてみはいかがでしょうか。