楽しみは19時以降にあり。東京都内で“夏の夜”に行きたいスポット10選

1. ナイトプール/ホテルニューオータニ

ホテルニューオータニのナイトプールは女性からも人気を集めています。特に夏はプールに行きたいという人が多いです。しかし、日中となると、日に焼けるのが心配、という女性も。しかし、ナイトプールであれば、そういった心配もご無用です。ホテルニューオータニのナイトプールは、他のナイトプールに比べてもラグジュアリーで人気も高いです。

今年はDJのパフォーマンスや、フレアバーテンディングなどの多様なイベントも企画されています。ナイトプールだけではない楽しみがあります。

@saisyocoがシェアした投稿

information
住所:東京都 千代田区紀尾井町4-1
料金:平日8000円 (NOC会員は6000円)、週末と8/11~8/15は10000円(NOC会員は8000円)
ナイトプール期間:2017.7/15(土)〜9/18(月・祝)
ナイトプール営業時間:18:00~22:00 (最終入場 21:00)

2. 東京湾納涼船2017

東海汽船が運営している納涼船。東京湾をぐるっと廻ることができるイベントです。その歴史は古く、なんと1950年から65年以上愛されています。毎年、多くの人が乗船します。8月がピークです。この時期は、予約でチケットが完売します。今年からキャンセル待ちはなくなりましたが、以前はキャンセル待ちの人が長い列を作っていました。

老若男女、総勢1500人が集結します。綺麗な女性が多いために、ナンパ目的で訪れる人も多いイベントです。ただし、今年から公式ホームページでナンパ禁止の旨がアナウンスされましたから、ナンパ目的の男性は減るかもしれません。

@horensouがシェアした投稿

information
名称:東京湾納涼船2017
日程:2017年6月30日(金)~10月9日(月・祝)
時間:19:15~21:00 ※乗船開始は18:45頃
乗船場所:竹芝客船ターミナル
コース:竹芝客船ターミナル出航 → 東京湾内周遊 → 竹芝客船ターミナル帰着
アクセス:JR「浜松町駅」徒歩7分
     都営地下鉄大江戸線・浅草線「大門駅」徒歩7分
     ゆりかもめ「竹芝駅」徒歩1分

3. ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム2017

アートアクアリウムは、2007年に始まりました。開始当初は、六本木や日本橋など東京都のみで実施されていました。しかし、段々と人気が高まるにつれて、全国へと拡大していきます。ついに昨年は、イタリア・ミラノで「THE BEAUTIFUL WORLD OF ART AQUARIUM」が開催されました。その人気は、海外にまで広がっています。

累計入場者数は10年間で約730万人に達しています。アートのイベントとしては異例の成功を収めています。昨年の日本橋会場は74万人が訪れました。行列必至のイベントですが、一見の価値ありです。

information
名称:ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム2017 ~江戸・金魚の涼~&ナイトアクアリウム
日程:2017年7月7日(金)~9月24日(日)
時間:アートアクアリウム 11:00~19:00
   ナイトアクアリウム 19:00~23:30 
場所:日本橋三井ホール(コレド室町1・5階)
当日券:大人1,000円、子供(小学生以下) 600円 ※3歳以下無料
アクセス:東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅直結 A6出口
     JR「新日本橋」直結
     JR「神田駅」徒歩8分
     JR「東京駅」徒歩8分

4. 森のビアガーデン

youta.yさん(@yta_07)がシェアした投稿

外食事業で有名なアールアンドケーフードサービス株式会社が主催しているイベントです。2017年5月19日(金)から明治神宮外苑(東京都新宿区)で、『森のビアガーデン』が始まります。規模が大きく、都内でもトップクラスの1,000席が用意されています。緑を感じるロハスな雰囲気のなかで、上質なビールやバーベキューを堪能できます。

歴史は長いです。1984年から営業が始まりました。今年で34回目です。特に今年の目玉は、ニューヨークで人気を集めているブルックリン・ブルワリーのブルックリンラガーです。クラフトビールにベストマッチなアラカルトメニューも多く提供されます。

「BBQ飲み食べ放題」のコースがおすすめです。4種類のビールが飲み放題になっています。バーベキューメニューの素材もバラエティーに富んでいます。デザートには若い女性の間で人気の『pinkberry』のフローズンヨーグルトが出ます。

あおさん(@oyaaatsuuu3)がシェアした投稿

土日には、隣にある「にこにこパーク」の入園料がお子様は無料になります。ビール愛好家や大人の遊びだけではなくて、子どもも遊べるイベントになっています。

Jumi Wooさん(@wjumi)がシェアした投稿

information
名称:「森のビアガーデン」( https://mbg.rkfs.co.jp/ )
営業期間:2017年5月19日(金)~9月24日(日) 計129日間
住所:東京都新宿区霞ヶ丘町14-13 明治神宮外苑にこにこパーク内
アクセス:JR中央総武線「信濃町駅」、または都営大江戸線「国立競技場駅」から徒歩5分
      東京メトロ「青山一丁目駅」から徒歩10分
電話番号:03-5411-3715(予約専用ダイヤル)
営業時間:平日 17:00~22:00(L.O. 21:00)/土日祝日 12:00~22:00(L.O. 21:00)
     ※2017年7月18日(火)~8月31日(木)の期間
     平日 14:00~22:30(L.O. 21:30)/土日祝日 12:00~22:30(L.O. 21:30)
席数:最大1,000席(テント下300席…雨天時利用可能)
価格:BBQ飲み食べ放題(2時間制):男性4,200円、女性3,900円、中学生~19才3,600円
   小学生1,600円、4才~小学生未満600円、3才以下無料

5. yelo(イエロ)

Samar 汀さん(@gigicxx)がシェアした投稿

yeloは純水の氷を使用しています。温度管理に気を配っていて、常に0度に保っています。カキ氷は氷の質だけではなくて、温度管理も非常に重要です。基本的に、天然氷のほうが今流行りのふわふわカキ氷に適しています。しかし、天然氷でなければふわふわにならないか、というとそういうことでもありません。純水の氷でも、温度管理を徹底することによって、ふわふわした美味しいカキ氷に仕上がります。

akkichiさん(@akochi01)がシェアした投稿

店内にはテーブル席とカウンター席があります。お店の外観とと同じく、ポップなテイストになっています。お洒落なカフェ&バーという雰囲気なので、夏の夜のデートにも最適です。

ayamoさん(@ayamosan___)がシェアした投稿

information
所在地:〒106-0032 東京都港区 六本木5-2-11
時間:11時00分~5時00分
電話:03-3423-2121

6. アクアパーク品川

ちもさん(@chimo006)がシェアした投稿

アクアパーク品川は、品川駅からのアクセスが抜群です。仕事帰りにもさくっと寄ることができます。高輪口から徒歩約2分です。品川プリンスホテル内にあります。ホテルの中の水族館といっても、ホテルのおまけでは決してありません。

館内は1階の「GROUND FLOOR」、2階の「UPPER FLOOR」に区分されています。総じて11のエリアがあります。それぞれのエリアには、多種多様な海の生物が見られる水槽や、船に乗れるアトラクション、いろいろなグッズがある売店、ショップなどがあります。手の動きに反応して様々なギミックが見られるタッチパネルスクリーンなど、最先端の遊びが多く用意されているのも特徴です。

@bluesky._.blueがシェアした投稿

information
名称:アクアパーク品川
住所:東京都港区高輪4-10-30(品川プリンスホテル内)
アクセス:品川駅高輪口から徒歩約2分
営業時間:10:00~22:00(最終入場21:00)
定休日:無休
料金:大人2,200円 / 小中学生1,200円 / 幼児700円
【アクアナイトチケット】大人1,800円
公式サイト:http://www.aqua-park.jp/aqua/

7. 東京ドームシティ

東京ドームがある『東京ドームシティ』は、夏の夜のデートを成功させられるスポットが多くあります。女性の願望を叶えられる場所です。たとえば、「遊園地も行きたいし、ショッピングもしたいし、スパにも行きたいし、美味しいものが食べたいし、夜景も見たい!!」といった欲張りなニーズにも全て応えることができます。

@578_cocomがシェアした投稿

おすすめは、スパラクーアです。このスパは、男女一緒に入れる岩盤浴『ヒーリングバーデ』があります。仕事や学校帰りのしっぽりデートにはベストです。

information
所在地:〒112-0004 東京都文京区後楽1丁目3-61 東京ドームシティ
時間:11時00分~21時00分
電話:03-3817-6001

8. MiLKs(ミルクス)

a r i s aさん(@_____ebc)がシェアした投稿

MiLKs(ミルクス)は、3月1日にオープンしたばかりです。新感覚のソフトクリームハウスとして、メディアからも注目を集めています。新感覚のソフトクリームとはずばり、ソフトクリームにリキュールをかけて食べるものです。アダルトなソフトクリームになっています。営業時間も13時00分~23時30分と遅いので、夏の夜の大人な時間を過ごすにはもってこいです。

Ryokaさん(@ryoka0514)がシェアした投稿

リキュールは100種類もあります。自分の好みのものを選ぶことが可能です。ノンアルコールのリキュールもあるので、アルコールを控えたいという人にもおすすめです。店内はソフトクリームをイメージさせるミルクホワイトになっています。フォトジェニックなおっしゃれ空間を気に入る女性も多いです。

information
所在地:〒150-0021 東京都渋谷区 恵比寿西1丁目9-7 グランベル恵比寿西 5階
時間:13時00分~23時30分
電話:03-6277-5894

9. 浅草ホッピー通り

shinshinさん(@gssizawa)がシェアした投稿

お手頃価格でお酒を飲めるのが、ホッピー通りです。伝法院通り出口を右折した先にあります。通りには、軒を連ねています。入ったときに、どこかで見た景色だな、と感じる人も多いです。ここは、「千と千尋の神隠し」のモデルとなったことでも有名です。千尋のお父さんとお母さんが豚になってしまう屋台です。ファンタジー性と人情味を感じさせる不思議な通りです。

ホッピー通りは、別名・煮込み通りとも呼ばれています。煮込みを肴にホッピーを飲むのが、ここの楽しみ方です。

information
所在地:〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目3−19
電話:03-5246-1111

10. 森の図書室

森の図書室は、渋谷の道玄坂にあります。誰でも本を借りることができます。本の他にも、音楽を聴いたり、お酒を飲んだりできます。2014年5月に、話題のクラウドファンディングによって設立されました。当初は「渋谷に夜の図書室がほしい!」という声から生まれたので、夜のみの営業でした。今では、昼もやっています。

A.さん(@ak_r_0110)がシェアした投稿

雑居ビルの1室に、森の図書室はあります。扉を開けると、ぱっと飛び込んでくるのは本棚です。秘密基地のような雰囲気が漂っています。森の図書室は会員制です。しかし、会員にならなくても、席料を払えば利用可能です。

まとめ

いかがだったでしょうか? あなたのお気に入りのスポットは見つけることができましたでしょうか?この夏たくさん遊べるところがあるので是非みなさんも行って見てくださいね!