Colorful Instagram

Instagram Storiesは企業の集客に使える!企業の活用例プロモーションまとめ

2016年8月にリリースされたInstagramの新機能、「Instagram Stories」をご存知ですか?24時間経つと消えてしまうスライドショー形式の投稿ができる機能で、今この機能を商品のPRや集客プロモーションに活用している企業が続々と登場しているんです。

上手に使えば、宣伝プロモーションツールとして大きな効果を発揮してくれるInstagram Stories。今回は、その使いこなし方を探るべく、すでにInstagram Storiesを利用している企業アカウントから、活用方法を学んでいきましょう。

Instagram Storiesってなに?

そもそもInstagram Storiesがリリースされたのは、もっと気軽にInstagramを活用してほしいという思いから。通常のInstagramの場合、投稿した写真や動画はずっとプロフィール画面にサムネイルで表示されていますよね。

そのため、主に若者たちの間では、投稿してから思ったようなペースでいいね!がつかないものは削除し、たくさんいいね!がついたものだけを残す傾向があったようです。

これでは、あらかじめいいね!が集まりそうにないものは投稿できません。いいね!がもらえそうになくても、投稿したい写真や動画ってたまにあったりしますよね。そこで登場したのがInstagram Storiesなんです。

投稿は24時間限定

Instagram Stories最大の特徴は、24時間経つと消えてしまう投稿スタイル。複数の写真や動画をスライドショーのようにつないで投稿するのですが、24時間限定で後には残らないので、そのときの気分で気軽に投稿することができます。投稿には、ペンやスタンプで落書きすることもできて、情報をプラスできるメリットも。

フォロワーの目に留まりやすい

Instagam Storiesを投稿すると、フォロワーのタイムラインでは1番上に投稿者のプロフィール画像が表示され、「この人が今Storiesを投稿してるんだな」というのが一目で分かるようになっています。フォロワーに気付いてもらいやすいのもプロモーションをするうえでの魅力のひとつです。

企業の活用例、まとめてみました

Instagram Storiesの特徴をおさえたところで、いよいよ企業の活用例をチェックしていきましょう。

DHOLIC(@dholic_official

Instagram Storiesの24時間限定という機能を上手く利用しているのが、ファッション通販サイトのDHOLIC(@dholic_official)です。

DHOLICでは元々、新作商品がアップロードから24時間限定で10%OFF!というプロモーションキャンペーンを実施していたのですが、これをInstagram Storiesで展開することによって、お客さんからの注目度が大幅にアップ。

先ほどご紹介したように、Instagram Storiesを投稿すると、フォロワーのタイムラインでプロフィール画像が上部に固定されます。通常の投稿より目立ち、Instagram Storiesの中で商品の良さもアピールできる、まさに一石二鳥というわけです。

KURASHIRU(@food.kurasiru

続いてご紹介するのは、料理のレシピを動画で見ることができるKURASHIRU(@food.kurasiru)。女性を中心に大人気のサービスです。

Instagram Storiesでは、おすすめレシピ動画のショートバージョンがチェックできるのですが、注目は画面下の「もっと見る」という部分。

実はここ、外部リンクになっていて、Instagram Storiesから外部URLやアプリを開くことができるんです。KURASIRUの場合は、アプリのダウンロード画面が開くようになっています。

さらに、Instagram Storiesの動画自体に「アプリはこちら」というメッセージを入れることで、よりアプリに飛べることを分かりやすくしていますよね。

この外部リンクは、今のところ公式マークのあるアカウントからしか使えないのですが(2016年12月12日現在)、活用すればInstagramユーザーを自社の商品ページに誘導できる強力なプロモーション集客ツールになります。

Starbucks Coffee(@starbucks

今や日本でもお馴染みのシアトル系コーヒーチェーン、Starbucks Coffee(@starbucks)では、新作のお披露目などにInstagram Storiesを活用しています。

2016年のホリデーシーズンには、カップのデザインに世界各国のお客さんが描いたイラストが採用され、バリエーションも10種類と話題になりました。そのためカップのデザインをInstagramに投稿する人が増えたのですが、Starbucks Coffeeはそういったお客さんの投稿をInstagram Storiesにタグ付けしてまとめてアップ。

タグ付けというのは、その写真に写っている人や関係している人のアカウントを投稿に表示できる機能のことで、Instagram Storiesでも利用することができます。

Starbucks Coffeeのようなおしゃれな企業にタグ付けして取り上げてもらえれば、お客さんだって大喜びですよね。消費者のハートをつかんだ良い活用法です。

CHANEL(@chanelofficial

言わずと知れた高級ブランドのCHANEL(@chanelofficial)も、Instagram Storiesを活用している企業のひとつ。CHANELでは世界的に有名なモデルや俳優を使ったPRを行っていますが、そういったモデルたちの撮影風景をInstagram Storiesで配信することがあります。

CHANELともなると、ブランドイメージを守るためにInstagramなどのSNSでもひとつひとつの投稿に質が求められます。しかし、Instagram Storiesなら24時間経てば消えてしまうため、モデルたちのナチュラルなオフショットが掲載可能です。

一般人にはなかなか手が届かないセレブたちの素顔を、ほとんどリアルタイムで見られるということで人気を博しています。

このリアルタイム性もInstagram Storiesの大きな強みです。新作をいち早くお客さんにお披露目したいファッションブランドや、有名人とのコラボレーション企画で制作過程を細かく伝えたいときなどの生の情報を、すぐにユーザーへ伝えることができます。

Instagram StoriesはPRに最適

ご紹介してきたように、Instagram Storiesは企業の集客プロモーションツールとしてとても優秀。

通常のInstagramの投稿では、実際にどれくらいのユーザーがその投稿に目を留めてくれているのか具体的に数が分かるわけではありませんが、Instagram Storiesなら見てくれたユーザーの数に加えて、どのアカウントがInstagram Storiesをチェックしてくれたかが分かるので、どんなユーザーが関心を持ってくれているのかも分かります。

PRの手ごたえを具体的に感じることができるのは、Instagram Storiesのメリットのひとつ。「予想していたよりも若い世代にウケているなぁ」といった、今後のプロモーションをどのように行っていくかのひとつの基準にもなってくれます。

しかも、Instagramの利用は企業でも関係なく無料。無料でこれだけ優秀な集客ツールが使えると思うと、本当にお得です。

Instagram Storiesでは、これからも新機能が色々と追加されていくことでしょう。集客に頭を悩ませている方は、ぜひ1度Instagram Storiesを利用してみてはいかがでしょうか。今回ご紹介した企業の例を参考に、自社に合った活用法を考えてみてくださいね。